「美しい」って、なんだろう。

 

23歳の日本人アーティスト渡邉 彩友(ayuwatanabe)さん。彼女の代表作「ピンク・フェミニスト」の被写体になっている女の子たちは、みんな、自身の陰毛やニキビ、セルライト、一般的にはネガティブに見られることが多いからだのパーツを、ありのままにさらけだしています。

海外アーティストの作品ではこういうスタイルのものを見たことがあったのですが、日本人のそれでははじめてみて。しかも、同い年だと知って、より興味を持ったので、このシリーズをはじめたきっかけなど、ご本人におはなしを聞いてみました。

 

渡邉 彩友(ayuwatanabe)

94年生まれのフィルム・フォトグラファー/アーティスト。


モデルというファンタジーよりも、その中にあるグロテスクなリアルこそ美しい。

「このシリーズでは、美の可能性や多様性を表現しています。ニキビや陰毛も、わたしには美しいもので。

もともと生々しいリアルに興味があるんですよね。不完全のなかにある美しさみたいな。たとえば、すごく美しいモデルさんも、毛が生えていたり、血を流したり、排便もしますよね。モデルっていうファンタジーよりも、そのなかにあるグロテスクなリアルこそ、美しいと思っているんです。

だけど、一時期、自分もモデルをやってみて、そういう考え方は世の中でまったく賞賛されていないってことを痛感しました。まだまだ、白い肌や細い体型が正義とされていて、美の常識がとても閉鎖的だった。それも美しいのひとつだと思うんですけど、わたしは窮屈に感じてしまったんです。それで、『じゃあ、自分で作ってみよう!』って思いました」

 

フェミニストは、女性権威のためじゃなくて、平等な世の中をつくるために存在する。

「毛や傷があっても、わざわざドリーミーな感じに撮影しています。そのコントラストにフェミニスト的な意味を込めているんです。

日本では、フェミニストと聞くと、西洋人の強い女性とか、男性嫌悪者みたいなイメージが強いでしょう?フェムっていう女性を指す言葉が含まれているから、どうしても女性権威のためってなりがちなんですけど、もともとは平等な世の中をつくるためにあるものだと思っています。

みんながみんな、フェミニストと名乗る必要はないと思うんですけどね。ただ、男女平等人種差別をしてはいけない、とかそういう本質的な考え方を持ってくれたらいいなと思います

 

 

美と醜は紙一重。ayuさんのニキビや陰毛が美しいという意見、ほんとにそうだとわたしは考えています。

とはいえ、当然ではあるのですが、否定派も大勢いて。その大勢の中には、食わず嫌い的な感じで「美しくない!」って言っている人たちも多いと思うんです。そういう人たちが、「美しいっていう人もいるよね」って言えるようになることが、美の多様化につながるんでしょうね。

最後に、Ayuさんは美の多様化が進んだ未来についてこうはなしてくれました。

「みんなが『理想の女性』って言われる世の中になればいいなって思います」

 

Licensed material used with permission by ayuwatanabe
メディアなどでよく使われるようになった「フェミニスト」という言葉。私たちも普段から何気なく使っているかもしれませんが、説明してみて、と言われたらどうでしょ...
「NUDE/ヌード」と聞いて、いちばん最初に連想する言葉はなんですか?
ピンク色で連想するのは女性?それとも男性?1900年代初頭まで、「ピンク」は赤の一種とされていて、火やエネルギーを表し、男性と繋がりが強い色だったそうです...
自らをフェミニストソングライターと呼ぶRachel Larkさん。トランプ大統領にも聞いて欲しいと言うフェミニズムの歌をYouTubeで公開した。どストレ...
編集部の女性にも人気が高かった「SKANDINAVISK(スカンジナビスク)」のハンドクリームの紹介です。
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
8〜11歳の娘をもつ22人の父親が、娘と一緒に參加した「Dear Daughters」というプロジェクトがある。フェミニズムを主題にした会話をしていくとい...
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
「4尻フェチ」な私が、このヌード写真集を見つけたとき、思わず震えてしまったのです。だって、ムニュっとカタチが変わって、それでも“プリっと感”は保っている。...
砂漠とヌード女性。かっこいいコラージュ作品なんだけれど。よく見ていると、ほのかな「違和感」に包まれる。でもそれすらも結局は「かっこいい」と思ってしまいます。
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
言うまでもなく、ピンクとストライプが特徴的なデザイン。たくさんの人が写真を撮っている姿が目に浮かびますね。
ヌードの女性がいきいきと躍動する、ちょっぴりセクシーな動画をご紹介。最初に断っておくと、コンテで描かれたデッサン画でのお話…ですけどね。 10人のデッサン...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
2007年に米ルイジアナ州のカルカシュー川で、世にも珍しいピンク色のイルカが発見され話題になりました。そんなピンクイルカが、およそ8年ぶりに姿を現したと米...
世界各地に点在する「ピンク・レイク」。なぜこうなっているのか?バクテリアや塩分などの影響で色づいていると言われており、そこに太陽が当たるとこうやって見える...
0歳から100歳まで、101人の女性たちが一糸纏わぬ姿で次々と登場する。彼女たちは、女優でもモデルでもない。全員が素人の女性たちだ。しかし、堂々としたスタ...
ルネッサンス時代や19世紀〜20世紀末頃のサロンに強く惹かれたウクライナ出身のAlexey Kondakov。彼は、自らの手で現代を憧れの時代へと変える作...
ボクサーやクレイン選手など18人のアスリートたちのヌードを撮影した『Sports Calendar』という手帳タイプのチャリティーカレンダー。若いスポーツ...
ニューヨークの観光名所として、賑わっている「ハイライン」には、たくさんのアート作品が並んでいます。ただ、今回紹介するヌードは、その中でも多くの人の記憶に残...
この「ピンクラグーン」があるのは、メキシコのラス・コロラドスという漁村。有名になったのはつい最近の話で、「The most Instagram-worth...
写真集『脱いでみた。』を、先日発売したばかりのフォトグラファー・花盛友里さん。そこに写っているのは、ヌードなのにおしゃれでかわいい、自然体の女子たち。そん...