「美しい」って、なんだろう。

 

23歳の日本人アーティスト渡邉 彩友(ayuwatanabe)さん。彼女の代表作「ピンク・フェミニスト」の被写体になっている女の子たちは、みんな、自身の陰毛やニキビ、セルライト、一般的にはネガティブに見られることが多いからだのパーツを、ありのままにさらけだしています。

海外アーティストの作品ではこういうスタイルのものを見たことがあったのですが、日本人のそれでははじめてみて。しかも、同い年だと知って、より興味を持ったので、このシリーズをはじめたきっかけなど、ご本人におはなしを聞いてみました。

 

渡邉 彩友(ayuwatanabe)

94年生まれのフィルム・フォトグラファー/アーティスト。


モデルというファンタジーよりも、その中にあるグロテスクなリアルこそ美しい。

「このシリーズでは、美の可能性や多様性を表現しています。ニキビや陰毛も、わたしには美しいもので。

もともと生々しいリアルに興味があるんですよね。不完全のなかにある美しさみたいな。たとえば、すごく美しいモデルさんも、毛が生えていたり、血を流したり、排便もしますよね。モデルっていうファンタジーよりも、そのなかにあるグロテスクなリアルこそ、美しいと思っているんです。

だけど、一時期、自分もモデルをやってみて、そういう考え方は世の中でまったく賞賛されていないってことを痛感しました。まだまだ、白い肌や細い体型が正義とされていて、美の常識がとても閉鎖的だった。それも美しいのひとつだと思うんですけど、わたしは窮屈に感じてしまったんです。それで、『じゃあ、自分で作ってみよう!』って思いました」

 

フェミニストは、女性権威のためじゃなくて、平等な世の中をつくるために存在する。

「毛や傷があっても、わざわざドリーミーな感じに撮影しています。そのコントラストにフェミニスト的な意味を込めているんです。

日本では、フェミニストと聞くと、西洋人の強い女性とか、男性嫌悪者みたいなイメージが強いでしょう?フェムっていう女性を指す言葉が含まれているから、どうしても女性権威のためってなりがちなんですけど、もともとは平等な世の中をつくるためにあるものだと思っています。

みんながみんな、フェミニストと名乗る必要はないと思うんですけどね。ただ、男女平等人種差別をしてはいけない、とかそういう本質的な考え方を持ってくれたらいいなと思います

 

 

美と醜は紙一重。ayuさんのニキビや陰毛が美しいという意見、ほんとにそうだとわたしは考えています。

とはいえ、当然ではあるのですが、否定派も大勢いて。その大勢の中には、食わず嫌い的な感じで「美しくない!」って言っている人たちも多いと思うんです。そういう人たちが、「美しいっていう人もいるよね」って言えるようになることが、美の多様化につながるんでしょうね。

最後に、Ayuさんは美の多様化が進んだ未来についてこうはなしてくれました。

「みんなが『理想の女性』って言われる世の中になればいいなって思います」

 

Licensed material used with permission by ayuwatanabe
フェミニズムを、フェミニストとして、歌やコメディを通してわかりやすく社会に提起している女性がたくさんいます。そんな女性達から「フェミニズム」を学べるエピソ...
最近では女性の活躍を応援しようとさまざまな企業で取り組みが行われている。その根本にある考え方が「フェミニズム」。この記事ではフェミニズムの意味やどのような...
メディアなどでよく使われるようになった「フェミニスト」という言葉。私たちも普段から何気なく使っているかもしれませんが、説明してみて、と言われたらどうでしょ...
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
英国のシェフ専門エプロンブランドと国内ブランドによる「エプロンウェア」のポップアップストアがHIBIYA CENTRAL MARKETで開催。
「NUDE/ヌード」と聞いて、いちばん最初に連想する言葉はなんですか?
自らをフェミニストソングライターと呼ぶRachel Larkさん。トランプ大統領にも聞いて欲しいと言うフェミニズムの歌をYouTubeで公開した。どストレ...
ピンク色で連想するのは女性?それとも男性?1900年代初頭まで、「ピンク」は赤の一種とされていて、火やエネルギーを表し、男性と繋がりが強い色だったそうです...
8〜11歳の娘をもつ22人の父親が、娘と一緒に參加した「Dear Daughters」というプロジェクトがある。フェミニズムを主題にした会話をしていくとい...
光の線やドットをヌードモデルのカラダに投影し、それを作品として動画や写真に撮るフランス人フォトグラファー、Dani Olivierさん。彼が手掛ける作品は...
電気自動車メーカー「Tesla」と民間宇宙開発企業「SpaceX」のCEOを務めるイーロン・マスクが、米・総合情報サービス企業「Bloomberg」の世界...
本日、2月の最終水曜日は“ピンクシャツ”を着用して“いじめ反対運動”を行う『ピンクシャツデー』。2007年に1つの学校からカナダ人学生2人によって始まった...
男女問わず身につけられる「REING Underwear」に、新色のピンクがお目見え。
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
砂漠とヌード女性。かっこいいコラージュ作品なんだけれど。よく見ていると、ほのかな「違和感」に包まれる。でもそれすらも結局は「かっこいい」と思ってしまいます。
「4尻フェチ」な私が、このヌード写真集を見つけたとき、思わず震えてしまったのです。だって、ムニュっとカタチが変わって、それでも“プリっと感”は保っている。...
「Goldwin(ゴールドウイン)」の「GORE-TEX Hooded Down Coat」の紹介。
「星のや軽井沢」で、冬真っ盛りの12月1日〜2021年2月28日に「森のほとりcafe&bar ~氷上の星空特等席~」が開催される。
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
言うまでもなく、ピンクとストライプが特徴的なデザイン。たくさんの人が写真を撮っている姿が目に浮かびますね。
ヌードの女性がいきいきと躍動する、ちょっぴりセクシーな動画をご紹介。最初に断っておくと、コンテで描かれたデッサン画でのお話…ですけどね。 10人のデッサン...
Netflix(ネットフリックス)のおすすめStand-Up Comedy作品を日本のスタンドアップコメディ界の重鎮「おコメディ焼き」代表BJ Foxさん...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
2007年に米ルイジアナ州のカルカシュー川で、世にも珍しいピンク色のイルカが発見され話題になりました。そんなピンクイルカが、およそ8年ぶりに姿を現したと米...