兄ふたり妹ひとりの3人兄妹。「末っ子」だって苦労するんです。

私には7つ上と3つ上の兄がいます。子どもの頃は、お兄ちゃんが2人もいる末っ子長女(しかもB型)だから、「ワガママそう」とか「甘やかされて育ったんじゃない?」とよく言われていたっけ。

まぁ、確かにな部分もありますよ。でも、妹だって、異性の兄弟がいると気をつかうし、それなりに大変なんです。私が過去数年間もっとも苦労したのは意外にもあの日。

「くるな、くるな、バレンタインデー」
(あの頃の私の心の声)

4869626202685440

世の中の“兄妹事情”はよくわからない。けれど、妹である私はバレンタインデーが一番兄たちに気をつかい苦労したことを、今でもハッキリと記憶に残っているのです。毎年、この日が憂鬱でした。

なぜかというと、極端にモテる長男とモテない次男の妹だったから。それでは、詳しく話していきましょう。

“いけない恋”の予感がした。
クールな男のバレンタインデー。
(長男の場合)

4792297195569152

妹の私がいうのもなんだけど、ちょっと自信家な一番上の兄は、とにかくモテました。特に中学に入ったあたりから。

目がキリっとしていてクールで、小さい頃から“イイ男”と周囲から言われていたんです。年の離れた私は、兄と同じ学校に通うことなんて決してないのだけど、私が中学生になったとき。まさかの兄のモテっぷりが伝説として語り継がれていたのでした(まぁ、田舎にある小さな学校だったからというのもありますが)。

そんな男のバレンタインデー。ちょっと想像してみてください。同じクラスや部活に先輩や後輩、バイト先の女子。なかには、家にまでおしかけてくる人も。本当に一度だけなんですが、兄が高校生のとき、元担任の先生から手紙付きのチョコをもらってきたことも。そのとき、“いけない恋”の予感がした小学生の私。今でもあのドキドキが忘れられません。

漫画の主人公のような兄のおかげで、
妹にとっては、「胸焼け」する日。

なんで私が、かつての女子たちのことや先生のことを知っているのかというと、一番上の兄が甘いものが大嫌いだったことがきっかけ。毎年贈られるたくさんのチョコを兄は、一つを除いて食べていないのです。でも、思いの詰まったチョコを捨てるような冷たい男じゃありません。妹の私が「チョコレート係」に任命されたのでした。そのため、チョコレートに書かれた文字も、紙袋の中の手紙の存在もぜんぶ知ってたんです。いけないと思いつつも、好奇心に負けて、封をあけてしまったことは、ここで白状します。

それにしても、なぜ手作りのチョコはあんなに甘いのでしょうか?それに、焦げたチョコはほろ苦いどころか、苦い。チョコレート係になってから、驚きの連続でした。もちろん、ほとんどが美味しかったのですが、謎の胸焼けと腹痛に襲われる時も。でも、子どもと言っても同じ女である限り、彼女たちの気持ちは無駄にしたくなかったんです。ちなみに、兄が唯一食べるのは、好きな女子からのチョコ。

この話を以前、友達にしたら、まるで「少女漫画の主人公のようなお兄ちゃんだね」と言われたことがあります。

チョコレート獲得数「0」な男。
(次男の場合)

4919078858784768

モテまくりな長男と違って、次男は私が知る限りモテませんでした。これも妹の私がいうのもなんですが、性格はとても良いと思います。コチラの記事にある通り、真ん中っ子であるので、コミュニケーション能力も高く、心のバランスだっていい兄。私にとって、いつもやさしいお兄ちゃんでした。「イイ男」だねと言われ続けて育った長男とは違い、「おもしろいね」と言われて育った次男。

一番上の兄の“バレンタインの歴史”を見ているため、どうしてこんなにも違うのだろうか。と、いらぬ心配ですが、なんだか真剣に考えてしまった子ども時代の“お節介な妹心”。

兄のためにチョコをつくり、甘いものが大好きな次男に毎年のように渡していました。今思うと、本当にいらぬお節介だったと思いますが。それでも、「ありがとう」と言って食べてくれたのは嬉しかったのです。

チョコレート獲得数が「1」になった年。

6007936685965312

あれは二番目の兄が高校2年となったとき。なんと、チョコレートを持って帰ってきたのです。しかも、彼女と一緒に。初の彼女です。

中学生の私は衝撃を受けました。別に高校生なんだから、彼女がいてもおかしくないのですが、「あの、チョコレート0のお兄ちゃんが!?」と、兄妹と言えど、ちょっと失礼なことを心では思っていました。

ただ、別にブラコンというわけではないのですが、長男の彼女と初めて会った日には思わなかった感情が。兄もそうなんですが、思春期の“複雑な年頃”だった私。お兄ちゃんに「女」ができたというのが、なんだか不潔に思えてしまったのです。その年は、長男の時とは違った感じで、バレンタインが憂鬱な日に。

ちょっと“しょっぱい思い出”。
でも、今は甘くて「幸せ」な日。

これが、かつての私にとってのバレンタイン。良い思い出にもなったけれど、ちょっと“しょっぱい思い出”でもあります。ただ、過去に紹介した『男兄弟がいる女性に共通する「14のこと」』の記事にもある通り、子どものうちに「男」という生き物を知ることで、大人になってから役立つことが多かった気がします。特に恋愛面で。

だから、今ではバレンタインが好きってハッキリ言えます。友人だったり、家族だったり。恋人だったり、夫婦だったり。大好きな人との思い出を振り返りながら、今年のバレンタインを過ごしてみてはいかが?

ある兄妹のストーリーが話題となっています。兄の名はモハメッド、妹の名はノール。二人は、仲良く暮らしていました。しかし、ある土曜日の夜、モハメッドは妹のノー...
兄弟の多い家庭では、年齢差や性によって多少の差がありますが、一人っ子には想像できないことが起こっているのです。「甘やかされて育った」とのイメージが強い末っ...
自身も兄を持つライターが、独自の目線で、恋愛関係でおすすめな男性を紹介する。家族で、「兄」をいう役割をこなす男性だからこそできることがある、と彼女は主張し...
アンソニーくん(13歳)が、妹アナベルちゃんの5歳の誕生日にプレゼントしたのは、白雪姫にしてあげるという魔法。自分は王子様になり、アナベルちゃんを迎えにい...
血液型B型は、日本の人口の約20%だとか。全体では3番目に多い層になります。一般的に「マイペース」「気分屋」「好き嫌いがはっきりしている」といったイメージ...
小さい頃はケンカばかりしていた「男兄弟」。怖い時期があったり、嫌いな時期があったり、仲良しな時期があったりと、いろいろあったかもしれないけど、それでもやっ...
例えば姉しかいない男性の場合は、一番下なのに「長男」となります。ここで話題にしたいのは、いわゆる「末っ子長男」の性格。もちろん、一般論をまとめているので、...
O型で末っ子の人は、チャレンジ精神が旺盛で、その天真爛漫な性格ゆえ、周囲の人とのコミュニケーション能力にも長けている…。O型ならではの自信あふれる性格と、...
「お父さんは、家族のために一生懸命働いてくれるけど、人に言えない悩みや、ダメなところを一番に理解したうえで隣にいてくれるのは、兄弟。つまり私にとっては弟だ...
AB型の末っ子は、AB型の特徴である「冷静沈着さ」と末っ子ならではの「人なつっこさ」を兼ね備えていると言えるでしょう。自分の気持ちを上手に表現することが苦...
子どもの頃の環境が、大人になってからも、少なからず行動や考え方にあらわれてくるものです。それは、恋愛においても一緒。たとえば、末っ子で次男の男性。彼らの恋...
血液型がA型の人は、日本では全体の約40%で最も多くの割合を占めるタイプです。家族や身近な友人にA型の男性、女性がいる方も多いかと思います。一般に「几帳面...
一番上、真ん中、一番下。生まれた順によって、確かに性格は違うと述べるのは、心理療法士のRubin先生。そこから見える親との関係も書かれているので、兄弟がい...
姉の失敗を見ながら育つ妹は、言ってしまえばお得なポジション。そんなの不公平!と思うことも多いかもしれませんが「妹なしで、今のあなたはいない」と、ライターの...
ライフストーリーは姉妹それぞれだけれど、どんな姉妹でも共感できちゃうのが「Elite Daily」のRachel Chapmanさんの9つの点。お姉ちゃん...
しっかり者のイメージが強い長女。では、次女は?一口に次女と言っても、二人姉妹だったり、上に兄がいたりすれば末っ子、弟や妹がいれば真ん中っ子になります。今回...
誰かと関係を育む上で「一度も悩むことなくうまくいく」なんてことはまずありません。どれだけ心を許している相手でも、ふと「この人でいいのかな」と不安がよぎるこ...
Tinderで知り合った、22歳の男性Josh Avsecさんと21歳の女性Michelle Arendasさん。3年かけてマイペースにメッセージを送りあ...
無自覚のうちに、心の病にかかっていたKelly Nelsonさんは、家族の死をきっかけに自分の心に疑問を持つようになったと言います。ひとりになることを過度...