31歳ではじめてお見合いした話。vol.2

なんだか、ここ数日、会う人会う人に「お見合いの続きが気になる!」というお言葉を頂き。思いのほか、『31歳ではじめてお見合いした話。vol.1』が好評だったので、調子に乗って続編イっちゃいます。

31歳のオトナの対応とはいかなるものか

年齢も住んでいる所も、顔すら知らない男性・Fさんとお見合いをすることになった31歳のお見合いヴァージンな私。 

そこで、はたと思った。 

「えっと、まずはどうすればいいんですか?自分からガバッといけばいいんですか?それとも、正座して三つ指ついて“よろしくお願いします”って言えばいいんですか?」 

と。だって、ヴァージンなんだもの。わからないわ。と、いつもは缶ビール片手に「“ヤル?”と“スル?”だったら、どっちがエロイ?」なんて作家さんと打ち合わせをしている私が考えたわけです。あ、言い忘れていましたが、私はこの時、小説の編集者をしていました。なのでこの会話は仕事ですよ、仕事。

しかし、これはお見合い。普通の頭で考えて、“真っ当な女性”が正解のはずだと判断。まずは、男性を立てて、あちらのご意向に添ってみようと思い至りました。 

大叔母さんからご紹介いただきました。お忙しいそうですが、お昼に少しご一緒できるお時間をいただければと思います。

というお相手からのメールに、思いつく限りの丁寧な言葉で、なおかつこちらの本性を悟られないように返信メールを作成します。

はじめまして。この度は、うちの大叔母がFさんのご迷惑も考えず、大変失礼な申し出をいたしまして、申し訳ございませんでした。
あの通り世話好きな大叔母ですので、多少強引なところもございますが、もしFさんさえよろしければ、お目にかかれる機会があればと思います。

Fさんからのメールがきて、10分以内に返信しました。だってオトナですから。連絡はお待たせしてはいけません。

 

しかし。このメールが放置されること3日…。 

な、なんで?もしや、本当に迷惑だった?と、告白すらしてない、ってか会ってすらいないのにフラれた感を存分に味わったところで、やっと返信が。 

では、来週の日曜日にお目にかかりましょう。場所は大手町でよろしいですか?

と、まさかの配慮をスルー。そして、なぜに日曜日に大手町?おそらく、私の職場がそのあたりなのを知ってのことなのだろうが、日曜日の大手町でランチって…。

仕事休みだから大手町行かねーよ!
店、開いてねーよ!オフィス街だっつーの!
せめて丸の内にしろよ!

と某芸人さんバリのツッコミをぐっと飲み込み、本当にぐっと飲み込んで返信。 

大手町もいいですが、オフィス街なので日曜日はあまりお店が開いてませんよ。それよりも、Fさんは多摩のほうにお住まいなのですよね?私はどこでも参りますので、新宿や渋谷などのほうが楽なのではないですか?

我ながらオトナの対応だ。ツッコミを見事にオブラートに包み、軌道修正するあたり、さすが!と自画自賛。

 

しかし、その返事はまた3日空いてきたのでした…。 しかも、衝撃的な内容でね。

31歳のアレルギーチェック

“目を見開く”という表現、よく使います。でも、実際に目を見開いたのは、おそらくこのメールを見た時がはじめてだったのではないかと思います。

そうですか。それでは、山手線沿線で考えます。CHIEさんは何かご希望はありますか?和食がいいとか、イタリアンは嫌いとか、蟹アレルギーがあるとか。

ちょっと待て。最後の一言、もう1回見直してみよう。

“蟹アレルギーがあるとか”って、書いてあるよね。

えっ!?まさかのアレルギーチェック!?

いや、イタリアンはこってりしてて苦手です…とか、あると思うんだよ。でもさ、蟹しかない店なんてないじゃん。もしや、まさかのお見合い=初デートで蟹道楽!?ってか、ランチだぜ?と、頭の中は道頓堀の蟹の足がワサワサしている状態で悩む。この人、お見合い相手への初めての質問が、アレルギーなんだ、と。

だって、もしこれがリアルなヴァージンだったらですよ。

「シティホテルがいいとか、ラブホは嫌いとか、騎乗位アレルギーがあるとか」

って、最初からいきなり体位限定?みたいな質問ですよ?それってなんだかとても無粋な気がします。私のアレルギーを心配してくれたのね!とオトナな思考回路にはどうしてもならず、少々の嫌味を入れて返信。 

私は女性情報誌の編集者をしていたこともあるので、好き嫌いもアレルギーもありませんよ。なんでもおいしくいただきますので、お任せします。

でたー。あざといマスコミアピール。でもさ、私の仕事も知らないで来るより、「あ、へたな店選ぶとヤバイな」ぐらい思ってほしいじゃないですか。

この嫌味には敏感に反応し、すぐに返信がきました。

CHIEさんは情報誌の編集者なんですか。それは盲点でした。『おとなの週末』買ってるようじゃダメですね。もう少し考えます。

お、お、おとなの週末~!B級グルメ?築地で寿司?やっぱり鰻?お見合いでそっち系なの?

いや、いい雑誌ですよ。おとなの週末。ひかれるコピーも目にします。でもさ、お見合いする店は載ってないだろー。ってか、百歩譲っておとなの週末ベースなお店でも、蟹道楽はないだろー。ってかてか、私の仕事が盲点って。見えてないんじゃなくて、聞いてないんだから知らないんだろ、と。 

もうこうなると、ツッコミ祭りです。 

かくして、若干めんどくさくなってきた私。それでも、こういう礼儀を重んじる出会いでぶっちぎりなんて許されない…と、全力で来週の日曜日の予定を空けようと諦め…いや、再確認しました。

が。 

まさかのダブルブッキング発覚!なんとその日は、わが愛しのアイドルグループのライブだったのです。しかも、泊まりで長野まで。 

 

考えること1分。 

ごめんなさい。日曜日なのですが、急な仕事が入ってしまいました。申し訳ないのですが、再度日程の調整をご検討いただけませんか?

とメール。 

アイドル > お見合い です。 

だって。ライブのほうが先に予定入ってたし。ま、忘れてた私がいけないのだが。そして、若干、若干ですが『このままフェードアウトしちゃおっかなー』という、オトナとしてあるまじき淡い期待を抱きつつ、メールの返信を待つ日々を過ごしていたのでした。 

が。 

 

が。 

 

が。

 

これで終わったら、私はお見合いヴァージンのまま。神様ったらイジワルね。どうしても、私をオトナにしたかったみたい。 ついにあの方からの制裁がくだることに…。

vol.3へつづく

関連する記事

31歳ではじめてお見合いした話のvol.4はついに最終回。お見合い当日、現れたお相手の胸にはポシェットがかかっていた。お見合いヴァージン喪失、衝撃の結末とは…。
31歳にしてヴァージン失いました。いい年して今さら。だって結婚するまでしちゃいけないって思ってたし。イタイって聞いてたし。 でも一度シテみたかったの。とい...
31歳にしてヴァージンを失いました。いい年して今さら…。だってなんだか怖くって…。結婚するまでしちゃいけないって思ってたし。イタイって聞いてたし。 でも一...
この「Arranged」という名のゲーム。いわば、すごろくです。遊びながら南アジアの女性問題、結婚問題を実感させるボードゲーム。いったい、どんなものなので...
発酵食品仕込み教室「神楽坂発酵美⼈堂」が、天然のヒト型セラミド配合した「オーガニック セラミド甘酒」をリニューアル発売。
お見合いによる結婚から7年の月日が過ぎたという、ライターSurabhi Surendra氏。「あまりポジティブなイメージはないかもしれないけれど、信じられ...
“100人の100歳越えによる100歳になるアドバイス”をまとめたWEBサイトの紹介です。
今あなたが一緒にいるパートナーは「運命の人」ですか?もし確信がないなら、辛い恋愛の末に運命の人と出会えたというAnjali Sareen Nowakows...
ひとりの相手と半世紀ほど共に過ごすことになる結婚生活。そんなに長い期間一緒にいるのならば、「運命の人」と人生を歩んでいきたいもの。でもそれが誰かって、どう...
昨今、結婚に重きを置く若者がグンと減ってしまっているのは、アメリカでも日本でもとくに「ミレニアル世代」に関しては共通しているよう。だから「I Heart ...
ファッションブランド「KoH T」より、サッと取り出しクシャッとしまう、身に付けるエコバッグ「Pebble」が登場。
インドドラマ「Pehredaar Piya Ki」は王家の血を引く9歳男子が18歳少女に一目惚れし、結婚前提・親公認の真剣恋愛をする物語。しかし批判殺到で...
運命の出会いとも言えるほどに相手のことを好きになっている3つのサインを、性科学者兼リレーションシップ・エキスパートの意見から紹介。相手の匂いが何とも言えず...
ムスリムの恋愛観とは?「人を愛することはイスラムではとても美しいこととされています」と語るムスリムのラハマリア・アウファ・ヤジッドさんに様々なことを聞いてみた。
『バチェラー・ジャパン』シーズン2に出演し、「肉食バイヤー」と紹介されていた桃田奈々です。自己紹介、恋愛、仕事、美容、旅というテーマで5回にわたりコラムを...
恋愛においての絆の深さは、「相性」にあるのかもしれません。2ヶ月ほどで今の旦那さんとの結婚を踏み切ったというライター、Anjali Sareen Nowa...
誰もが夢見る“運命の人”との出会い。「Elite Daily」では、そんなロマンチックな考えを覆す、シビアな記事が掲載されていました。書いたのは、自身を「...
これまでに「運命の人」だと感じた経験は、何度かあるかと思います。でも、「違った」「思い過ごしだった」「出来心だった」という結末を迎えてしまうことも、同じく...
多くの独身女性から支持を集める記事を「Elite Daily」から紹介。女性ライターZara Barrie氏が独身で30歳を迎える直前に、その素直な心境を...
元彼のことは吹っ切れていますか?相手に合わせてばかりいませんか?
運命の人との出会いは、美しくとても神秘的なものです。その人のすべてがあなたを夢中にさせ、「今までの恋愛は間違いだったかも!」と気付かせてくれるでしょう。で...
結婚願望があまり強くない男性が増えてきている昨今。10歳以上も年下だったり、大学生だったりする彼氏と付き合っているならなおさらですよね。きっと結婚なんてま...
「Inc Magazine」や「Quora」など、海外メディアでトップライターとして活躍しているニコラス・コールは、ある男性に出会ったことがきっかけで、文...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。それを「Elite Daily」のMaria Cascianoさんは「初めての大人の恋愛」と呼んでいます。...
命を宿す、ママだけの特別な時間。愛情と優しさを縫い込んだこの「刺繍」を、0歳のキミに送るよ。
自慢話をする人の8つの心理ケースと対処法をご紹介。ぜひ参考にしてみて。
よみがえってくるのは。
11月1日は「犬の日」。あらためて犬のことを考え、犬を知り、犬をかわいがるこの日に、「ほっこり話」から胸が締め付けられるような「切ない話」まで、犬たちを今...
これまでも数々の恋愛記事を手がけてきたライターが、初デートで相手が「運命の人」かどうかを見極める3つのサインを紹介している。アプリなどを通じて短時間に多く...
男子校で出会いが少なかった。特徴がないフツメンで、友だちにはなれても恋愛には発展しない。性格はいいけどね、と評価される。大学生になれば彼女ができると思って...