表参道がヨーロッパ産チーズで満開になる7日間

ワインと好相性なおつまみと言ったら、まず頭に思い浮かぶのはチーズでは? けれど、ひと口にチーズと言っても、種類も、個性もじつに様々。結局アソート(盛り合わせ)ばかりに手が伸びてしまう人も多いはずです。たしかに無難な選択ではあるけれど…。

そんな人にこそ足を運んでもらいたい期間限定のおいしいイベントがあります。2016年に開催され、大好評を博した「LA MAISON DU FROMAGE(ラ・メゾン・デュ・フロマージュ)」が、表参道に戻ってきます。

今年のテーマは「#さくらフロマージュ」。春本番はもうすぐ。桜の到来を告げる表参道に、ヨーロッパ産のフロマージュ(チーズ)が大集結する7日間です。

もう、知らないままにはできない
それぞれのチーズの違い

6611382275407872

チーズを大きく分類しただけでも「フレッシュタイプ」、「ハードタイプ」、「青・白カビタイプ」、「ウォッシュタイプ」など、その種類も味わいもじつに様々。

でも、どうしてチーズの種類はこれほどまでに多様なのでしょう。それはいろいろな製造方法によるもの。チーズを分類するときは、製造工程で分けるのが、味やテクスチャーを説明するうえでベストな方法と言われています。

例えばウォッシュタイプ、コレってなんで“ウォッシュ”と呼ばれているかというと、チーズの表皮を塩水などで洗いながら熟成させているところから、こう呼ばれるようになったんですよ。

春が香るチーズを
表参道で無料テイスティング

52757560284938245875138981527552

「ラ・メゾン・デュ・フロマージュ」の概要をもう少し詳しく。

今年の開催は、わくわく気分も盛り上がるお花見シーズン。 1階のチーズバーでは、春が香る本場ヨーロッパ産の様々なチーズを3種類の盛り合わせプラトー(プレート)で楽しめます。

人気の定番チーズが揃った「フロマージュプレートA」。午後の小腹がすいた頃につまみたくなるような「フロマージュプレートB」。ちょっとお酒が飲みたくなりそうなオツなチーズが揃った「フロマージュプレートC」と、味も個性もバラエティに富んだチーズの中から、お気に入りの盛り合わせをチョイスして無料で試食できます。

日本酒、甘酒、コーヒーまで!?
ミニセミナーで“知る”奥深きペアリング術

6405017686769664

チーズ好きにはたまらない特別な7日間は、“味わう”だけではありません。イベント会場2F、3Fでは、「#さくらフロマージュ」をテーマに、ヨーロッパ産チーズの魅力を“楽しむ”ミニセミナーも開催されます。

セミナーと聞くと、つい「お固いんでしょ?」なんて想像してしまいますよね。いえいえ、実施時間はどれも1回15分というお手軽なもの。なのに中身は濃ゆ〜い!

例えば、お花見ですぐに活用できるクラフトビールやロゼワインとヨーロッパ産チーズのペアリングをはじめ、吟醸酒と熟成酒の違いを学びながらそれぞれに合うチーズを教えてもらう「日本酒のきほんとチーズ」。さらには2種類の甘酒(米麹と酒粕)とのペアリング「甘酒のきほんとチーズ」など、あらゆるお酒と相性のいいチーズを実際にテイスティングしながら学ぶことができます。

コーヒーとチーズのペアリングなんて聞いたことありますか? ドリップコーヒーにぴったりなチーズの食べ方っていうのがあるそうで、ポイントはチーズにちょい足しする食材だとか。

ほかにもカットのコツを学べたり、桜の季節にちなんで手軽だけど本格的な組み合わせでつくる花見弁当の提案など、内容は盛りだくさん。どれもチーズの試食やワークショップ形式で、しかも受講料はタダ。

お花見気分も最高潮!
トリュフ入りブリーチーズが100名に当たる
「#さくらフロマージュ」キャンペーンも開催

5439486758486016
Photo by オーダーチーズ

桜もおいしいチーズも待ちきれない!というあなたへ。表参道のポップアップストアに先駆けて、豪華チーズが当たるSNSキャンペーンが開催されます。

「#さくらフロマージュ」をつけてSNS投稿した人の中から抽選で100名の方に、話題のトリュフ入りブリーチーズが当たる“オイシイ”キャンペーンが今日から開催されるようですよ。

聞けば、4,000円前後はするシロモノだとか。ちょっと手が届かなそうなこのチーズが100人に当たるって、これは投稿しないテはない!

さらに、遠方でメゾン・デュ・フロマージュを訪れるのが難しいという人にも、豪華チーズが当たるダブル・キャンペーンも実施中とのこと。

詳しくはフロマージュ(fromages)
Facebook】、【Instagram】でチェック!

5519314094391296

【開催概要】

「ラ・メゾン・デュ・フロマージュ(LA MAISON DU FROMAGE)」
場所:「Zero Base表参道」東京都港区南青山5-1-25
期間:2018年3月20日(火)〜3月26日(月)
コンテンツ:試飲、セミナーともに無料、事前予約不要
 1F チーズバー:ヨーロッパ産チーズの無料試食
 2F セミナー:「飲み物とチーズのペアリング」
 3F セミナー:「チーズでお花見─ヨーロッパ産チーズの楽しみ方」
※各階セミナー15分間 x 5回 / 1日
※3月20日(火)17:00までは報道関係者限定オープン
※セミナーは当日申し込み。
主催:フランス全国酪農経済センター(Cniel)とヨーロッパ連合(EU)
公式サイト:http://www.fromages-france.com/ja
Facebook: https://www.facebook.com/europeancheese.japan
Instagram: https://www.instagram.com/lesfromages_jp

モッツァレラ、チェダー、リコッタ……。このチーズの順番はというと? チーズ料理で失敗した経験がある人も、これからチーズ料理に挑戦する人も、読み終わったころ...
正直「参考になる」とは言えませんが、アメリカ48州(ハワイとアラスカ以外)を無駄なく効率的に回るルートを編み出して話題になった、Randy Olson氏。...
ワインのお供にと、背伸びして買った「高級チーズ」。食べきれなかったからって、アルミ箔やラップで巻いちゃダメみたい。じゃあどう保存したら長くもつでしょうか。
濃厚チーズをふんだんにかけたマカロニを、とにかく食べたい。
群馬県前橋市、赤城山の麓にある「チーズ工房 Three Brown」。敷地内には、牛舎、放牧場、自宅まであり、牛を育てるところからチーズを作って販売すると...
rich(リッチ)やcreamy(クリーミー)にはそれなりに親しみがあるチーズのニュアンスですが、“tangy(タンジー)”ってなんなの?
最近、話題の「チーズティー」。台湾発祥ですが、アメリカやイギリス、日本にも初上陸し、話題になっているよう。どんな味なのか気になってはいても、なかなか手が出...
ひたすらにチーズの絵ばかりを描きつづけた<cheese artist>は、世界にMike Genoたったひとりだ。ただチーズを描いて飾っているだけではなく...
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...
英サマセット州ヨービルで、毎年開催されるチーズの祭典「The Yeovil Show」。去る7月15日に開催されたコンテストにおいて、最もおいしいチェダー...
香りが生むストーリーを大切にするボディケアブランド、SABON。そのなかでも、キッチンにあるようなジャム瓶やワインボトル、プルトップ缶などのフードパッケー...
The Field Roast Grain Meat社が販売している「CHAO SLICES」は、とろける様子も完全に普通のチーズそのもの。だけどヴィーガ...
シェフ達は、愚かな間違いをしている。「Deadspin」のライター、クリス・トンプソンが公開した記事の冒頭に、こんな言葉がある。彼が異議を唱えたのは、『従...
中央ヨーロッパに位置するスロベニア。日本のように四季があり、小さい国だけれど素通りして欲しくなほど美しい景色が広がっています。同国の良さを、スロベニア出身...
夏に向けてダイエットを始めている人も多いはず。高カロリーなイメージにあるチーズですが、ダイエット中にもたくさん食べたい! そんなチーズ好きな人にオススメの...
急速に変化する地上に対し、その地下というのは、驚くほど変わらずにいる。新陳代謝の早い都会に長く住んでいるからだろうか。「変わらないもの」に、より強い興味を...
正月、お雑煮に飽きたら作ってみたいなと思っているのが「お餅で作るチーズ」。そのまま食べたり、サラダに入れたり、サンドイッチに挟んだり、食べ方も色々とアレン...
世界およそ50カ国以上、学生たちが3人一組(計165チーム)で8日間ヨーロッパを旅する。ただし、持っていけるのは最低限の荷物とレッドブルのみ。所持金ゼロ、...
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...