都会でできる最高の遊び「RUN×SAUNA」

「楽しく、そして気持ちよく」
これがRUNに求める絶対条件

好きな音楽を大音量で聴きながら夜の街を流すRUNは、いつもの路地や商店街、そして街全体を巨大なクラブにしてくれる。

「解放感」という意味では、クラブというよりも、その感覚はフェスやレイブに近いかもしれない。街灯やビルの明かりをストロボやレーザーに見立てて、楽しく、気持ちよく、踊るように、走る。それが僕のRUNの楽しみ方だ。

「走る」という動作が「ランニング」という行為になり、ついに「RUN」と呼ばれるカルチャーへと発展を遂げた今、その楽しみ方は無限に広がった。

そんななかで見つけた、最近の僕のお気に入りのRUN。それが、ゴール地点をSAUNA(サウナ)に据える「RUN ×  SAUNA」という新たなRUNのスタイルだ。

僕が「RUN ×  SAUNA」に
ハマった理由

僕はFUN RUNを愛するランナーであると同時に、それと同じくらいか、もしかするとそれ以上にSAUNAを愛している「サウナー」だ。

僕が代表を務める「TABI LABO」では、先日、ある制度を導入した。スタッフがSAUNAを利用すると、その費用の一部を会社が負担する「サウナ補助制度」なるシステムだ。福利厚生の一環だが、おそらく利用者の第一号は、社長である僕自身だろう。

それほどまでにRUNとSAUNAを愛する僕が「RUN × SAUNA」にハマッている理由は、主に二つ。もったいぶるつもりはないけれど、“二つ目”の理由から書いていこうと思う。

これからもRUNを
楽しんでいくために......

RUNに臨む姿勢や楽しみ方は、人それぞれだ。

タイムや距離をはかって自分の限界に挑んだり、気の合う友人や仲間とじゃれ合いながら走ったり、僕のように、空想のなかで街をフェス会場にしてみたり……。

ただ、どんなスタイルでRUNと接していたとしても、RUNが身体中の筋肉をくまなく使う全身運動であり、「走る」という「スポーツ」であることに変わりはない。

スポーツである以上、多少なりとも筋肉は傷つき、炎症を起こし、熱をもつ。

当然、適切なケアをしなければ、筋肉に疲労は残り、回復にも時間がかかる。

そんな筋肉疲労にもっとも効果的とされ、世界中のアスリートたちがトレーニング後や試合後などにおこなっているのが、氷や冷水で熱をもった筋肉を急速に冷ます「アイシング」と呼ばれる処置方法だ。

しかし、RUNは全身運動。体全体を冷やせる量の氷を用意することなど、まず不可能。

「プールに首まで浸かったり、水のシャワーを頭から浴びればいいのでは?」と考えるかもしれないが、ジムなどのプールのほとんどは25度前後の水温に設定されており、夏場であれば水道水の温度も20度を超えるため、運動で熱くなった筋肉を冷却する効果は、ほぼ期待できない。

「水風呂」の効果と
「FUN RUN」の意味

そこで「SAUNA」である。

誤解のないように伝えておくと「RUN × SAUNA」の「SAUNA」は施設のことであり、あの室温90度前後の熱気が満ちるサウナルームのことではない。

なぜ、RUNのゴールをSAUNAにするのか──。

ランナーでサウナーの僕が「RUN × SAUNA」にハマった“二つ目”の理由。

それは「水風呂」があるから。

そもそもが高温の体を冷やすために設置されているSAUNAの水風呂は、水温15度~18度にキープされていることが多く、アイシングに非常に適している。事実、僕個人の感想ではあるけれど、RUNの後で水風呂に浸かった翌日は、体に疲労感が残ることもなく、それまでよりも早い筋肉の回復を実感することができた。

ちなみに、一般的なSAUNAの楽しみ方は「SAUNA(加熱)→水風呂(冷却)→外気浴(休憩)」のサイクルを繰り返すというもの。そして、その末に訪れるのは、サウナーたちの間で「ととのう」と表現される、このうえない恍惚感だ。

「RUN × SAUNA」。これは、いつまでも、無理なく、怪我なく、健康的にRUNを楽しんでいくための理にかなったスタイルといえるだろう。

 

そして、後回しにしていた“一つ目”の理由は、言うまでもなく「RUNの後の水風呂は最高に気持ちいい」から。「RUN × SAUNA」とは、つまり「ランナーズハイ」と「ととのう」を掛け合わせることであり、最強の恍惚感を得られる奇跡の組み合わせなのだ。

さらに、ここに冷えたビールの一杯でも加われば......ほら、もう最高。

アンダーアーマーは「RUN × SAUNA」だけでなく、様々なRUNのスタイルや楽しみ方、オシャレで実用的なギアなど、あなたの快適なランニングを全面的にサポートしてくれます。

「Elite Daily」で紹介されていた記事には、なんと走ることなく「ランナーズ・ハイ」になる方法があると書かれていた。高揚感に浸ることができれば、ラン...
9月21日(土)〜23日(月)の3日間、長野県の「フィンランドヴィレッジ」にて、日本最大級のサウナフェス「SAUNA FES JAPAN 2019」...
東京の新しいカルチャー発信基地、「TRUNK(HOTEL)」で開催された、SAUNA PARTY。日本のサウナ文化を中心に、食や音楽、ファッションなどがミ...
「マインドフルネス」の最前線。川原や海辺、プールサイドやフェス会場などに持ち込むことのできる「テントサウナ」。近年のサウナブームのなかにありながら、独自の...
韓国・ソウルの市議会の行政自治委員会は、ソウルに住む10代のすべての少女に生理用ナプキンを無償で支給することを盛り込んだ条例を可決した。
一口にサウナと言っても施設ごとに個性があります。
クルマの技術的進化は止まることを知りません。ですが、趣味や遊びに利用するという面では、進化よりも成熟の方向に進んでいるよう。近年の顕著な例としてはモビリテ...
エストニアで生まれた「SaunAudi」。名前から想像できると思いますが、アウディをサウナみたく改造しているんです。
長野県の野尻湖畔にあるゲストハウスLAMP。ここは、周囲に2000m級の山々が連なる大自然の中の宿。2019年2月8日、その敷地内に、新しくフィンランド式...
東京でおすすめのサウナをご紹介します。たまには時間を忘れて、のんびり、リラックス。サウナと水風呂で身体と心をさっぱり整えましょう。サウナ、銭湯、水風呂、銭...
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
日本サウナ・スパ協会から“大使”に任命されているマンガ家タナカカツキとTABI LABO代表久志尚太郎による「サウナ対談」。サウナにハマる理由、サウナで「...
11月18日(月)、サウナ熱波師の日本一決定戦「第3回熱波甲子園チャンピオンカーニバル」が開催。
ヘルシンキの人気サウナ「Löyly」に、夜に行って気づいたこと。
なかなか時間がとれず、日課だったジョギングをサボっている…なんて人もいるのではないでしょうか。仕事が忙しいから走らない?いやいや、仕事のレベルを向上するた...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
ストリートカルチャーの4大要素としても知られるグラフィティアートに特化した美術館「Museum of Graffiti」がフロリダ州マイアミに誕生!
最終章のブルーレイ&DVDリリースを記念して「ゲーム・オブ・スローンズ展」が12月13日~25日の13日間「渋谷ロフト」で開催。
海外まで行ってクルーズの旅を楽しんできたら、思わぬ発見!船の外周デッキで走って汗を流す。それでいて、着替えや休憩、食事に困らない。まるで、海を一緒に動く“...
どうやったら痩せるかを頭をひねって考えて、ノルマのように自分に課題を課すことも良いかも知れないけど、それよりも友達と楽しんで身体を動かした方が絶対楽しいし...
汗を全身でかきながら熱した空間に座り続ける姿は、我慢比べをしているように見えてしまう。それでも、毎日のように通い詰める人たちからすると、天国のような場所ら...
汗を流した後にミシュランガイドに登録されているレストランで食事ができます。
定期的にサウナに入る人は、突然死する確率が60%も下がる。そんな研究結果が発表されました。実験は、フィンランド式サウナに入った回数、時間などを週ごとに報告...