ハラペーニョ味も!?M&M'sに3つの新フレーバーが登場

Instagramの@snackchatliveによれば、2019年にM&M'sから新しいフレーバーが出るとのことです。

それが「タイココナッツピーナッツ味」と「メキシカンハラペーニョピーナッツ味」。そして「イングリッシュトフィーピーナッツ味」の3つ。

アカウントを運営するフードビロガーのBrent Timmさんのもとにお試し品として届き、彼が写真と動画を公開すると多くの人が関心を寄せました。なんたって、世界中で愛されているM&M'sですからね。しかも変わり種ばかり。

Brentさんのレビューによると、メキシカンハラペーニョピーナッツ味は噛むとすぐにハラペーニョの味が広がり、その後、少し遅れて辛さが襲ってくるのだとか……。

M&M'sからの公式発表はまだありませんが、予定通り発売されたとしても日本に上陸するかどうかは不明。どんな味がするか一度は食べてみたいな〜!

Top image: © FADEDinkDesigns/Shutterstock.com
他の記事を見る
Hellmann'sのマヨネーズがフレーバーになったアイスクリームが登場しました。
米・シアトル発の「KuKuRuZa Popcorn(ククルザ ポップコーン)」は、独創的なフレーバーが魅力のグルメなポップコーン専門店。2013年9月に日...
醤油・こんぶ茶・黒ゴマ、これらみんなナッツフレーバー。
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
フルーツのフレーバーをつけたミネラルウォーターが今じゃたくさん売られているけれど、どうしても甘ったるさと香料っぽさがなじめない。そもそも加糖してる時点でミ...
余談ですが“バッファローウィングフレーバー”も同時に売り出すようです。
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
クリスマスシーズンにお菓子を売ろうとするとき、作り手が味にのみフォーカスするのは、もはや時代遅れ。と言い切るのはあまりに極端かもしれませんが、そんなことを...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
このチョコレートは「食前酒」→「スープ」→「魚料理」→「シャーベット」→「肉料理」→「カフェ」の順番でお召し上がりください。
溶かしたチョコレートにナッツやビスケットを入れて固めるだけ。
スペインの高級パティスリー『bubó Barcelona(ブボ バルセロナ)』が、東京に日本第1号店をオープンすることになった。オープン日は、バレンタイン...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
辛党のみなさんはご存知でしょうが、ここ4年間、名実ともに最も辛い唐辛子として王座に君臨していたのは「Carolina Reaper」という種類。もちろん、...
現在、ノルウェーのみで提供されているヴィーガン向けの「マックナゲット」。ヒヨコマメや人参、じゃかいもやカリフラワー、コーンや玉ねぎが使用されているとのこと...
2019年1月19日から、コンテンポラリーアーティストKAWSによる巨大なアートが、台湾・台北の中正紀念堂の前に足を伸ばすようなかたちで設置されています。...
オーストラリアにあるほとんどの「BEN & JERRY'S」では、チョコチップをダブルで下さいとオーダーすれば、ごめんなさいと拒否されてしまうそう。とはい...
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...