国産コンブチャブランド「KOMBUCHA_SHIP」の新フレーバー発売

埼玉県の「株式会社大泉工場」が作る発酵スパークリングティー「KOMBUCHA_SHIP(コンブチャシップ)」は、6月、すべて国産のナチュラルな原料に替えた新商品として再デビュー。

そして、徳島県産の木頭ゆずの外皮を使用した「YUZU」、宮崎県産の霧島山の麓で無農薬栽培された赤紫蘇を使用した「SHISO」、埼玉県産の桑の葉を使用した「KUWA」の3つの“和”コンセプトの新フレーバーを発売した。

KOMBUCHAとは、フルーティな酸味と爽やかな微炭酸が感じられる発酵ドリンク。昆布茶とはまったく別の飲み物で、アメリカでは800億円以上の市場といわれており、1970年代には「紅茶キノコ」として日本でも流行した飲み物だ。

お茶と糖類、酢酸菌と酵母由来の菌株を入れて発酵させて作られるのだが、カロリーが低く酢酸菌や酵母の発酵に由来する成分の整腸作用により、免疫力アップ肌荒れの改善代謝の向上デトックス抗酸化作用によるアンチエイジングなどの効果が期待できるのだとか。

大泉工場の「KOMBUCHA_SHIP」は、京都の宇治市にある有機栽培にこだわり続けた「永田茶園」の厳選された茶葉を使用しており、洋梨のようなフルーティな酸味と発酵由来の旨味が口いっぱいに広がるという。

この夏、要チェックのドリンクだ。

「KOMBUCHA_SHIP」

【公式サイト】https://oks-kombuchaship.com/

Top image: © 2020 株式会社 大泉工場
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事