あの『ルルルン』がクレンジングに挑戦した理由

「スキンケア」と聞いてイメージするのは、化粧水や乳液など、お肌に何かを「与える」ケアだと思います。でも、1日の半分以上をメイクアップした状態で過ごす女性にいちばん努力してもらいたいのは「落とす」ケア

フェイスマスクブランドNo.1を誇る『ルルルン』がクレンジングをつくった理由も、そこにありました。

正しいクレンジングをおさらい

まず最初に、「落とす」ケアは大きく分けてクレンジングと洗顔の2つがあります。

クレンジングはメイクアップによる油脂汚れを落とすこと、洗顔は皮脂汚れを落とすことが目的。それぞれ同じ「あぶら」汚れですが、油汚れの質はまるで違います。たとえナチュラルメイクだとしても、どちらのステップもかしこく学ばなければいけません。

ただ、クレンジングに限って言えば、しっかりメイクもナチュラルメイクもただただよく落ちるものを使えばいいわけではありません。ベースメイクの濃淡に合わせて適切なクレンジングを選ばないと、肌トラブルを引き起こす可能性が。
さらには、適切なクレンジングを“選ぶ”だけじゃダメ。それを然るべき方法で使ってはじめて、「正しいクレンジングができた」と言えるんです。時間を短縮しようとゴシゴシ擦るなんてもってのほか!

あの『ルルルン』が、
クレンジングをつくったわけ

すでにたくさんの女性から支持されるフェイスマスクブランドが、クレンジングの開発に挑んだわけ――。それは、どんなにいいフェイスマスクを使っても正しいクレンジングができていないと効果が薄れてしまうつまりはフェイスマスクでの「与える」ケア以前に、クレンジングでの「落とす」ケアが重要だと気づいたからでした。

約3年もの開発期間を経て完成した2種類のクレンジングは、11月1日(木)より発売開始。他のプロダクト同様、ユーザーに自信をもって説明できる、本当に必要な成分だけ使っています。そしてやっぱり、リーズナブル!

クレンジングを選ぶ手間をはぶきたい人は、とりあえず『ルルルン』が間違いないかもしれません。

しっかりメイク派は「バームタイプ」

©2018 TABI LABO

しっかりメイク派はバームタイプを。『ルルルン』が今回はじめて採用した「カードハウス構造」によって、メイクオフ成分が肌に直接触れないからやさしく、従来はポイントメイクリムーバーを使うべきアイメイクやリップメイクだって、一度でするんと落としてくれます。

「オイルクレンジングは重くて苦手……」という人にこそ使ってもらいたいスグレモノです。

©2018 TABI LABO

優しくマッサージするようにクルクルとなじませれば、油脂汚れを落とすと同時に、植物由来の美容成分が働きかけます。肌表面のにごりを払拭し、透明感のある素肌へ導いてくれます。

肌の体温でゆるゆると溶けていくバーム特有のテクスチャーも、クセになる!

ナチュラルメイク派 & マツエク派には「ジェルタイプ」

©2018 TABI LABO

リキッドやクリームのファンデーションはあまりつけないナチュラルメイク派とマツエク派には、オイルフリーのジェルタイプがオススメ。バームとは違った、ぷるんとしたテクスチャーが特徴です。

こちらもメイクオフ成分が肌に直接触れない「マイクロゲル構造」を採用するなど、やさしさへのこだわりは忘れません。

©2018 TABI LABO

基本的にはさらっとなじませる程度でOK。しっかりメイクも、圧力をかければ落とせます。

お肌の表面のざらつきをケアしてくれるフルーツ由来成分や、抗酸化、抗炎症作用に優れたフランスのミネラル豊富な海水が、透明感のある素肌作りをサポートしてくれます。

ずっと続く美肌をつくろう

©2018 TABI LABO

やっぱりスキンケアは「落とす」ケアから。生活習慣に気をつけているのに肌トラブルが治らない人は、クレンジングから見直してみませんか?

Top photo: ©2018 TABI LABO

関連する記事

株式会社GrowthAgentは、新スキンケアブランドである「PARANINA(パラニーニャ)」を発表した。そんな「PARANINA」のなかから、「リラク...
日本最大級のコスメ・化粧品・美容の総合情報サイト「アットコスメ」が運営する「@cosme TOKYO」の男性スタッフに、オススメのメンズメイク向けクレンジ...
遺伝子検査によって肌傾向を分析できる次世代スキンケアサービスが登場。簡単な検査キットで肌タイプを知り、さまざまな種類の化粧水を試して、自分に合ったスキンケ...
大手化粧品メーカーの「L’Oreal(ロレアル)」が、2019年のCESで発表した「My Skin Track pH」。ペタッと貼るだけで、15分以内に肌...
米国発のブランド「KEEN」が、今月から月間で、地球環境について考える活動「Detox the Planet」を展開して、2025年までのPFC-FREE...
「ルルルン年賀状」は、ルルルン1枚入りのパッケージを年賀状に見立て、表面には住所を、裏面には自由にイラストやメッセージを書いたり、貼って楽しめる付属のデザ...
「HiMirror Mini」を使えば、自分の肌にあったスキンケアプロダクトを教えてくれるから、わざわざ専門家にカウンセリングをしてもらう必要がなくなります。
フェイスマスクブランドNo.1「ルルルン」は、5月15日(金)から、新型コロナ感染症の影響で結婚式を延期した花嫁に、延期した日数分のフェイスマスクをお届け...
ホットヨガスタジオ「LAVA」とスキンケアブランド「Kiehl's(キールズ)」が初コラボ!今月17日から新発想の「ヨガ×スキンケア」動画を公開中。
「資生堂」によると、男性は女性よりも肌のストレス耐性が低いことが研究によって明らかになった。
エジプトの著名な考古学者のザヒ・ハワス氏が率いる研究チームが、エジプト南部ルクソールにて、古代エジプトの都市遺跡を発見。
100%天然由来成分のオーガニックスキンケアブランドから、必須脂肪酸が豊富で皮膚の炎症を落ち着かせる「ヘンプシードオイル」と、環境ストレスへの抵抗力を高め...
韓国のスキンケアブランド「Huxley(ハクスリー)」が、1月13日(水)〜1月19日(火)、「伊勢丹 新宿店」にて初のポップアップを開催する。まだ国内で...
「自分の肌に1番合う製品を使って、しっかりスキンケアしたい」女性なら誰でも思うことではないだろうか。忙しくても簡単に肌チェックができるデバイスが、Kick...
手袋ブランド「tet.(テト)」からこのほど発売された「filmskin(フィルムスキン)」は、まるで“塗る手袋”とでもいうような新感覚のハンドケアグッズ。
韓国発のスキンケアシリーズ「JM solution」から、化粧水・美容液・乳液すべてのスキンケアのステップをひとつにできる「JM solution オール...
「ZOZOTOWN」が、3月18日にコスメ専用モール「ZOZOCOSME」をオープン。それに合わせて、肌の色の計測ツール「ZOZOGLASS」を発表。配送...
「ほぼ日」から、気持ちを晴れやかにしてくれる“肌とメイクと道具”のビューティーブランド「Shin;Kuu(シンクー)」が登場。デビューコレクションの、...
「オルビス」が、自宅でパーソナライズスキンケアができるという嬉しいサービスを今春よりスタート!専用デバイスを肌に当てて変化を確認し、貯まった解析データや居...
「資生堂」が一人ひとりの肌構造や質感をパフェにたとえて診断してくれる「肌パフェ SKIN CHECK」を公開。

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「日常がなんだか物足りない」「今よりもっと楽しい毎日を送りたい」と思っている女性には読んで欲しい、というか読むべきです!ここでは、美LIFEクリエイターの...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...