あの『ルルルン』がクレンジングに挑戦した理由

「スキンケア」と聞いてイメージするのは、化粧水や乳液など、お肌に何かを「与える」ケアだと思います。でも、1日の半分以上をメイクアップした状態で過ごす女性にいちばん努力してもらいたいのは「落とす」ケア

フェイスマスクブランドNo.1を誇る『ルルルン』がクレンジングをつくった理由も、そこにありました。

正しいクレンジングをおさらい

まず最初に、「落とす」ケアは大きく分けてクレンジングと洗顔の2つがあります。

クレンジングはメイクアップによる油脂汚れを落とすこと、洗顔は皮脂汚れを落とすことが目的。それぞれ同じ「あぶら」汚れですが、油汚れの質はまるで違います。たとえナチュラルメイクだとしても、どちらのステップもかしこく学ばなければいけません。

ただ、クレンジングに限って言えば、しっかりメイクもナチュラルメイクもただただよく落ちるものを使えばいいわけではありません。ベースメイクの濃淡に合わせて適切なクレンジングを選ばないと、肌トラブルを引き起こす可能性が。
さらには、適切なクレンジングを“選ぶ”だけじゃダメ。「適切なクレンジング」「適当な方法」で使ってはじめて、「正しいクレンジングができた」と言えるんです。時間を短縮しようとゴシゴシ擦るなんてもってのほか!

あの『ルルルン』が、
クレンジングをつくったわけ

すでにたくさんの女性から支持されるフェイスマスクブランドが、クレンジングの開発に挑んだわけ――。それは、どんなにいいフェイスマスクを使っても正しいクレンジングができていないと効果が薄れてしまうつまりはフェイスマスクでの「与える」ケア以前に、クレンジングでの「落とす」ケアが重要だと気づいたからでした。

約3年もの開発期間を経て完成した2種類のクレンジングは、11月1日(木)より発売開始。他のプロダクト同様、ユーザーに自信をもって説明できる、本当に必要な成分だけ使っています。そしてやっぱり、リーズナブル!

クレンジングを選ぶ手間をはぶきたい人は、とりあえず『ルルルン』が間違いないかもしれません。

しっかりメイク派は「バームタイプ」

©2018 TABI LABO

しっかりメイク派はバームタイプを。『ルルルン』が今回はじめて採用した「カードハウス構造」によって、メイクオフ成分が肌に直接触れないからやさしく、従来はポイントメイクリムーバーを使うべきアイメイクやリップメイクだって、一度でするんと落としてくれます。

「オイルクレンジングは重くて苦手……」という人にこそ使ってもらいたいスグレモノです。

©2018 TABI LABO

優しくマッサージするようにクルクルとなじませれば、油脂汚れを落とすと同時に、植物由来の美容成分が働きかけます。肌表面のにごりを払拭し、透明感のある素肌へ導いてくれます。

肌の体温でゆるゆると溶けていくバーム特有のテクスチャーも、クセになる!

ナチュラルメイク派 & マツエク派には「ジェルタイプ」

©2018 TABI LABO

リキッドやクリームのファンデーションはあまりつけないナチュラルメイク派とマツエク派には、オイルフリーのジェルタイプがオススメ。バームとは違った、ぷるんとしたテクスチャーが特徴です。

こちらもメイクオフ成分が肌に直接触れない「マイクロゲル構造」を採用するなど、やさしさへのこだわりは忘れません。

©2018 TABI LABO

基本的にはさらっとなじませる程度でOK。しっかりメイクも、圧力をかければ落とせます。

お肌の表面のざらつきをケアしてくれるフルーツ由来成分や、抗酸化、抗炎症作用に優れたフランスのミネラル豊富な海水が、透明感のある素肌作りをサポートしてくれます。

ずっと続く美肌をつくろう

©2018 TABI LABO

やっぱりスキンケアは「落とす」ケアから。生活習慣に気をつけているのに肌トラブルが治らない人は、クレンジングから見直してみませんか?

Top photo: ©2018 TABI LABO
「自分の肌に1番合う製品を使って、しっかりスキンケアしたい」女性なら誰でも思うことではないだろうか。忙しくても簡単に肌チェックができるデバイスが、Kick...
6/6から12日間だけ限定で、「キールズ」のポップアップがオープン!夏に大活躍してくれる人気の化粧水のお試しや、肌のカウンセリングの他、日替わりでイベント...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
私はこれまで10代から90代まで、幅広い女性達の美容相談を受けてきましたが、美のお悩みは十人十色。もともと私もアトピーで肌に大きな悩みを抱えていて、美容の...
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
京都・伏見の地で、340年以上にわたる伝統を紡いできた造り酒屋、増田德兵衞商店。2017年6月29日、この由緒ある酒蔵を舞台に、伝統と現代を結ぶ新たなスキ...
スキンケア成分のみで作られているので、手にとってそのまま財布やベルトをケア。そのまま手になじませることで、ハンドクリーム的にも使えます。
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
Daniil Istominさんはハサミではなく「斧」で髪を切る……いや、“ぶった斬る”美容師です。
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
「ナチュラシック」というボタニカルフェイスマスク。ボタニカルな美容液成分の良さもさることながら、肌触りや吸着度などが驚くほど素晴らしい。この、コスメ辛口の...
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
すでに強い紫外線が地上に降り注いでいる昨今。日焼け止め、どんな基準で選んでいますか?個人的な観点では、べたつかない、落ちにくい、そしてもちろん焼けない+重...
確かにこの発想は一理あり。空気に触れると酸化が進み、徐々に劣化してしまうのは、醤油も化粧水も同じ。だからこそ、馴染みのある“あの真空ボトル”に詰めこむこと...
ドリップコーヒーから出るコーヒー豆のかす。これをただ捨てては「もったいない」と、いろいろな再利用法がネットでも紹介されています。消臭剤や除草駆除、これはよ...
いつもと違う環境に身を置くだけで、肌質がすっかり変わってしまうことはありませんか。家族旅行や出張などで、知らない土地に足を踏み入れるとき。わくわくする気持...
子どものころはワクワクしていた誕生日も、大人になるとちょっぴり複雑な気持ちになるもの。それならば、またひとつ大人になることをポジティブに受け止められるよう...
日焼け止めを塗らなくて良いワケではありませんが、夜食を控えることは肌のシミを予防する1つの方法なのかもしれません。ここでは、その実験結果を紹介します。
いつまでも綺麗で滑らかなデコルテで勝負したいものです。保湿ケアやマッサージももちろんの事、実は、睡眠の体勢によって肌へのストレスが変わるもののようです。そ...
身近にある物への愛から始まったアップサイクル。カラフルなアイシャドウの水彩絵の具にするプロジェクトを紹介します。