3時間以上いたら超過料金!世界遺産「タージ・マハル」の新ルール

インド考古調査局は、ユネスコ世界遺産の「タージ・マハル」の入場者に利用時間の「超過料金」を求めると発表。2018年4月に決めた、ひとり3時間までとする入場ルールをより厳格にする方針です。

インド北部のアグラにある「タージ・マハル」は、一日に平均約2.2万人、ハイシーズンになると6〜7万人が訪れる国を代表する観光スポット。年間700万人以上が訪れるということもあり、現場の混雑が大きな問題に。そこでここ数年、入場料金の値上げや時間制限を設けて入場者数の制限を実施してきました。

新しい方針では、入場者にトークンを発行。退場の際にチェックし、超過料金を徴収する流れ。すでにトライアルを終えており、当日は約5万人の訪問者に対してスムーズな進行。「問題なし」と判断されて、導入が始まっています。

とはいえ、ある程度の混雑は避けられそうにない世界遺産。それに、大気汚染による建物の劣化など、ここを取り巻く問題は少なくありません。あの「真っ白で美しい廟」が多くの人の目に届くよう、官民どちらも改善に努める必要がありそうです。

Top image: © Olena Tur/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
ポーランド有数の観光スポット、ヴィエリチカ岩塩坑。世界遺産ということもあり世界中から多くの人々が訪れるこの場所には、坑夫が採掘道具で彫ったという多数の塩の...
福岡県・宗像市にある上陸できない世界遺産「沖ノ島」を最も実感できるものに出会いました。その名も「沖ノ島朱(おきのしまあか)」。沖ノ島朱は、偶然と偶然が重な...
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
『ひつじのショーン』シリーズの制作スタジオが国際環境NGO「グリーンピース」とタッグを組んで作った"海洋汚染"に警笛を鳴らす短編作品がWebで公開中。