ポイントは裾のジッパー!ファッションも機能もコイツで広がる

「BACK NUMBER」のカーゴパンツの中でも、裾のジッパーや膝の補強布(ニーパッチ)など、個性が強いこのモデル。では、コーディネートが難しいか?というと、まったくそんなことはありません。

裾ジッパーは、むしろファッションの幅が広がります。同じトップス、シューズに合わせても、このジッパーを開けるか閉めるかで印象が変わってくるわけです。また、ニーパッチも丸いニーパッチもいいアクセントに。

むしろトップスを選ばない、着まわしのしやすいモデルです!

本来は、ジッパーを閉めてブーツインするところですが、あえてブーツの外に出すのもいい感じ。ちょっとだけジッパーを開けておくと、シルエットはストレートに。反対んい閉めるとテーパードしたシルエットになります。

©2019 NEW STANDARD

丸みを帯びたニーパッチ。本来は補強が目的ですが、ファッションのギミックとして。

©2019 NEW STANDARD

日常のカジュアルウェアでファッション性を加えるのにピッタリなカーゴパンツは、自転車にも合います。

ジッパーがあるから、裾バンドは不要です。

©2019 NEW STANDARD

裾のジッパーを軽く開けて、ブーツの外に出して履くのがオススメ。トップスのフォルムやカラーも選ばない……という意味で、オレンジのコーチジャケットで写真を撮りました。合わせにくいアイテムなのに、不思議とまとまります。

©2019 NEW STANDARD
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
旅の間、船内でファッションショーが開催されるクルーズ「Transatlantic Fashion Week」。その名が示すとおり、約一週間の航海ではファッ...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...