レトロと今が混在する中野と新橋、「シブいビルのナウい商店街」

「中野ブロードウェイ=マニア」「ニュー新橋ビル=サラリーマン」の印象が強く、知名度はあるが入りずらいと思われている両施設の商店街を、もっとインスタ世代の若者や外国人にも知ってもらい、楽しんでもらおう! という企画がスタートした。

これは、中野ブロードウェイ商店街振興組合とニュー新橋ビルの商店街が合同でおこなうもので、両商店街を写真でPRする、その名も「シブビルナウ(シブいビルのナウい商店街)」。

ViVi専属モデルのmiuを、独創的なスタイリングで「装苑」や「PARCO」の広告も手がける小山田孝司氏のスタイリングのもと、「写真新世紀」優秀賞を受賞した写真家・佐野方美女史が撮影。そのクールでビビッドな写真のフラッグやポスターを掲示して両館内をジャックしたり、撮り下ろし写真を集めたフォトブックを無料配布している。

また、アメリカ人編集者が両商店街のクールなポイントを取材し、外国人の琴線に触れる内容のパンフレットを作成。英語版と中国語版(繁体語)を用意し、11月1日〜30日の期間中に館内で配布。

ほかにも「撮影ツアー」や「体験ツアー」、「#中野ブロードウェイ」または「#ニュー新橋ビル」のいずれかのハッシュタグをつけ、期間中に投稿した人のなかから、それぞれ「中野ブロードウェイPR大使」「ニュー新橋ビルPR大使」を任命し、撮影した写真を大きなポスターにして商店街特設会場に展示する企画も(12月初旬予定)。

“レトロ”と“今”が共存する二つのビルの商店街。イメージにとらわれずに楽しんでみると、案外今までのファンとは違った意外な人たちがハマるのかも……?

シブビルナウ

【公式インスタグラム】https://www.instagram.com/shibubill/

Photo Masami Sano / Model miu ©中野ブロードウェイ商店街振興組合
Photo Masami Sano / Model miu ©中野ブロードウェイ商店街振興組合
Photo Masami Sano / Model miu ©中野ブロードウェイ商店街振興組合
Photo Masami Sano / Model miu ©中野ブロードウェイ商店街振興組合
Photo Masami Sano / Model miu ©中野ブロードウェイ商店街振興組合
Top image: © 中野ブロードウェイ商店街振興組合, Photo Masami Sano / Model miu
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
昨年の9月にユニークな本が出版された。タイトルは『シブいビル』。1960年代~70年代の高度経済成長期に建てられた東京のビル群を愛でるという内容で、紹介さ...
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
日本人が知らないカンボジアの“今”が詰め込まれているのが、このガイドブック。1月5日から発売されている『CAMBODIA BOOK カンボジア観光ガイドブ...
植樹をするのではなく、表面を藻類で覆ってしまおうというコンセプト。中国・杭州市に建設される高層ビルに採用予定です。
「ヴィクトリアズ・シークレット」初の日本人モデルは、小椚ちはるさん。2020年春コレクションを今すぐチェックすべし。