あぁ、また刺激のない一週間だったな……と思うなら「サードタイム」を作ろう

あれ、ついちょっと前に年明けたと思ってたんだけど、もう2月も半ばか。

資源ごみ出して、慌てて出社して、タイムカードに打刻して、クリーニング取りに行って、またタイムカードに打刻して。

ふと「あー抜け出したい」と遠い目をすることない?

家では、妻だったり夫だったり。職場では、上司だったり部下だったり。

もちろんそれは幸せなことでもあるんだけど、肩書きに縛られない “自分の時間” が、たまには欲しかったりする。

少し前に「サードプレイス」って言葉をよく聞いたけど、それって場所に限ったことじゃないと思う。“いえ”と“しごと”の隙間にある時間を「サードタイム」って呼ぶのはどうだろう。

実は、すでに沸々とトレンドとなりつつあるサードタイム。その話題性は、あの二子玉川 蔦屋家電でサードタイムにフォーカスした企画展が開催されるほど。

働き方改革よりも
まずは「遊び方改革」を!

ところで、働き方改革ってみんな言うけれど、暮らしって働くことだけじゃない。

それに、ワークライフバランスを見直して、せっかくできた「サードタイム」の過ごし方には、あんまりフォーカスされていない気がする。

“働く・食す・寝る”。このいずれでもない時間をどうデザインするかは、これからの時代を楽しみたいわたしたちの目の前の課題なのかもしれない。

何をしたらいいかって、答えはかんたん。

自分の好きなことをすればいい。「サードタイム」の過ごし方は人それぞれだから。

早起きしてサーフィンに行ったり、仕事終わりにナイトランをしたり。お気に入りの曲を集めたプレイリストをかけながらドライブすれば、頭の中を整理できるし、リフレッシュにもなる。

ゆとりがないと無駄にイライラしてしまうけど、休日に温泉旅行に行けば「よし、また1週間頑張ろう!」って気分になれるでしょ?

だから「遊び方改革」をすることが、「働き方改革」に繋がると思うんだ。

アクティブだけが
「サードタイム」じゃない

サードタイムが大切なんてことわかってはいるけど、生活に余裕がなかったり、仕事が忙しかったり。そもそも、没頭できる趣味がないって人も少なくないはず。

なにも、アウトドアアクティビティを楽しむだけが「サードタイム」の過ごし方ではない。

植物の世話をしてみるも、コンビニでコーヒーを買う代わりに、自分で豆をひいていれてみるもよし。さくっと浴びる家のシャワーも気持ちいいけれど、銭湯に行って、ぽかぽかしながら夜の散歩も心地よさそうだ。

インターネットで大抵のことは調べられるし、AIがリコメンドしてくれるような時代だからこそ、生っぽい感動にドキドキするのかも。

「サードタイム」は
偶然の出会いが大切

まりきった日々のルーティンのなかに潜む、ふとした出会いや偶然の発見は嬉しいもの。

「ふらっと入ったそば屋のカレーが最高に美味しかった」とか「ひとつ前の駅で降りてみたら、素敵な古着屋があった」とか。小さなことであっても、ちょっと行動してみるだけで、その日の気分はがらりと変わる。

そんなセレンディピティを与えてくれるのが、パナソニックのデザインスタジオFUTURE LIFE FACTORY」が提案する「POSITIVE ESCAPE BAG」

何をしたらいいのかわからない人や、トライしたいけど道具がないという人など、それぞれに寄り添ったアイテムが詰まっている。

気軽にポジティブな現実逃避ができる「POSITIVE ESCAPE BAG」は、サブスクリプションサービスとして現在、構想中とのこと。パーソナライズされたバッグが毎月届くって、ちょっとしたサプライズみたいで楽しそう。

バッグパックのフロントはジッパーで着脱可能。広げると電気ブランケットになって、寒いときは温めてくれる。

日々、背負っている役割や責任は一旦脱ぎ捨て、遊び心が詰まったバッグを新たに背負い外に出る。きっと、これまでは気づかなかった、新しい感情や発見に出会えるはずだ。

今週末からはじめる
「サードタイム」

そんな「POSITIVE ESCAPE BAG」は、二子玉川 蔦屋家電2Fの右奥にあるリライフスタジオ フタコで紹介中。実際に自分の目で見て、考えて、感じて。

「3rd TIME -役割の解放から、自分らしさに気づく」展*では、その他にもさまざまなサードタイムを体感できる。豊かな暮らしに繋がるヒントや気づきを得られるだろう。

*在、新型コロナウィルスの影響により展示を一時中止しております。2020年3月中旬から再開予定です。

広々とした店内にたくさんの書籍や家電、日用品が揃う蔦屋家電で、サードタイムを過ごすのもいいかもしれない。行かなければあの魅力のすべては伝わらない、なんて言うと身も蓋もないが、百聞は一見にしかず。

穏やかな冬晴れの二子玉川で散歩やショッピングを楽しむついでに、ぜひとも立ち寄ってみてほしい。

イベント【3rd TIME -役割の解放から、自分らしさに気づく】

開催期間:2020年1月31日(金)〜3月4日(水)
※現在、新型コロナウィルスの影響により展示を一時中止しております。2020年3月中旬から再開予定です。
開催場所:RELIFE STUDIO FUTAKO(リライフスタジオ フタコ)
住所:東京都世田谷玉川1-14-1 二子玉川ライズ S.C.テラスマーケット 二子玉川 蔦屋家電2F
公式インスタグラム:@relife_studio_futako
営業時間:11:00〜19:00

THE NORTH FACE初のカフェを併設都会とアウトドアが融合したコンセプトショップTHE NORTH FACE STANDARD 二子玉川〒158-...
「品川区」から始まった東京の天然温泉特集、第5弾は「世田谷区」です。今回は、「月見湯温泉」「そしがや温泉21」「THE SPA 成城」を紹介します。いずれ...
「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
「スマトラサンバル」は、トバ湖周辺の森林に自生しているアンダリマンペッパー(山椒)と青唐辛子やレモングラスなどをブレンドしたチリソースで、爽やかなしびれと...
炙り寿司をさらに進化させてカナダで絶大な人気を集めてブレイクした「Aburi Sushi」が二子玉川に凱旋してやってきた。押し寿司の上にオリジナルソースを...
二子玉川 蔦屋家電や伊勢丹 新宿店での販売が決まっているルームディフューザー「Scentee Machina」。洗練された佇まいが目を引きますが、ポイント...
NYで話題、くるくるロールアイスが日本上陸ROLL ICE CREAM FACTORY〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目28-12 ジャスト原宿...
一日のうち、もっとも創造的なアクティビティ♨️
東京都内で最も銭湯が多い大田区と並んで、温泉が「掘ったら出る」と言われている「江戸川区」。特に荒川沿いで黒湯が湧いていて、天然温泉施設が船堀地区に集中して...
日本には、かわいいおみやげがたくさん。本当は、各地に旅をしがてらゲットしたいところだけれど、今は辛抱の時だから。人気コーナー「日本のかわいいおみやげ」の中...
東京・世田谷区に位置する豪徳寺。もしかしたら、都内で暮らしていても「駅名:豪徳寺」の印象しかない人も多いのでは。ですが、この閑静な住宅街の中にひっそりと佇...
代官山 蔦屋書店で2017年11月19日(日)まで行われている『「奈良の木」のあるくらし ~森からの贈り物~』。蔦屋書店のコンシェルジュと、日本を代表する...
2016年1月10日(日)、京都・岡崎に国内6店舗目となる「蔦屋書店」がオープン。西日本では「梅田 蔦屋書店」に次ぐ2店舗目。主に関西人から熱い視線が注が...
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
僕のなかのワインのイメージと言えばやっぱりまだ、高級で、ハレの日のもの。でも、今回訪れた「東京ワイナリー」は真逆。東京ワイナリーがあるのは、近隣にコインパ...
「カルビー」のポテトチップスに新フレーバー「Potato Chips Salted Egg Flavor」が登場。全国の「ファミリーマート」の店舗にて数量...
「ネコリパブリック」が、かつて発売と同時に完売した話題のマスクの新デザインバージョンを再販。売り上げは保護猫カフェの運営に役立てられる。
東京・品川での食事と聞くと、ビジネス街のイメージが強いので、ラーメンや働く人たちのサク飯を思い浮かべがち。でも、羽田空港や新幹線などの交通の要所なので、ち...
先日、アメリカの中古車販売店が売り出したバンには、ガルウィングドアやタイムトラベル用の装置が搭載されています。まさに『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデ...
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
エネルギッシュな街には、うまいラーメン屋が多い。ビジネスと交通の中心地「品川」もそんな街のひとつだと思う。昼も夜も、多くの人が行き交うこの街で、それぞれ五...
仕事を頑張る場所として、もしくは子育てを頑張る場所として。「品川区」を生活の拠点にしている人にとっては、自分を元気にしてくれる「きっかけ」がとても大事。そ...
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...