本田直之に学ぶ。現代人に必要な「カラダとココロをととのえる」スキルとは?

汗をかく気持ち良さは、じつは誰もが知っている。

ここ数年でジムやサウナに通う大人が増え、思い思いにリフレッシュしていることだって、きっと無関係ではないだろう。

そんな大人たちに選んでほしいのが「ポカリスエット イオンウォーター」だ。汗をかいたときだけではなく、デスクワークで集中力が切れたときや、寝起きのコンディションをととのえたいときだってちょうどいい。カラダとココロをととのえるための “マインドフルネス“ な飲み物ではないだろうか?

ここでは、日頃から汗をかくことで気持ちの良い日々を送る4人のイノベイターたちに、マインドフルネスなライフスタイルについて話を聞いてみた。

ひとりめは、東京とハワイを拠点にし、10年以上前からマインドフルネスな生活を実践している本田直之さん。その様子にはオンとオフの垣根がなく、サウナからランニングまで、自分らしく生きることがそのまま仕事にまでシームレスにつながっている。

毎日気持ちよく汗をかき「ありのままで生きる」秘訣とは?

「サウナ」が気づかせてくれた
瞑想とコミュニケーションの大切さ

経営論やビジネスパフォーマンスを発揮するためのハウツー本から、より “縛られない” 生き方を実践するためのライフスタイル書まで、さまざまなライフスタイル提案を行なっている本田さん。最近では『人生を変えるサウナ術 -なぜ一流の経営者はサウナに行くのか』にも著者として参加し、大きな話題となっている。

「サウナに入り始めたのは2001年くらいからかな。当時の日本のサウナはおじさんがいくイメージだったんだけど、人生で一番仕事が忙しかった時期に、唯一ひとりになれる空間だったことがマッチして徐々にハマっていったんだよね。昔はサウナに入りながら頭をすっきりさせたり、仕事で考えなきゃいけないことを整理してたんだけど、今はどちらかというとサウナが唯一、自分と向き合う時間になってるかな」

一方で、サウナをミーティングの場として活用することもあるという。

「一緒にランニングをしながらミーティングすることもあるんだけど、それと少し似ていて、体を動かすことで血流が上がって、リラックスできる。そうすると仕事のアイデアも浮かびやすいんだよね。ロシアのプーチン大統領もサウナで打ち合わせしてるって聞いたことがあるよ(笑)」

ひとりで入るときは瞑想になり、数人で入るときは有意義なコミュニケーションになる。そんなサウナは今や本田さんの暮らしに欠かせない存在だ。

マインドフルネスは
「カラダとココロ」を清めること

「最近行った海外のサウナで面白かったのは、フィンランドのラップランドとエストニアのヴォル地方。究極のサウナとも言える『スモークサウナ』が体験できるんだよね。日本によくある電気式のサウナは熱が強すぎてピリッとするけれど、スモークサウナの場合は、石をストーブに置いて薪でじっくり6時間以上温めてロウリュをする。優しくてじんわりしたあたたかさなんだよね」

現在、日本でスモークサウナが体験できるところは限られているが、ただの “様式” の話だけではないようだ。

「フィンランドもエストニアも、どちらも歴史や文化、家族、ライフスタイル、自然なども全部ひっくるめた土着的な部分があって、スピリチュアルな要素もある。清潔な場所でもあるから、昔はサウナで子どもの出産をしていたというくらい神聖な場所でもあるんだよね」

フィンランドやエストニアの人たちにとっては、自然崇拝に近い形で愛されているというサウナ。

「そこでは、肉体的な心地良さだけではなく、精神的なマインドフルネスの要素も強い。カラダもココロも清める目的で入るのがサウナだよね。もちろん、アタマだってすっきり清めるっていう意味もあるだろうね」

「人生は壮大な実験」
ありのままでいるための工夫とは?

本田さんが毎日の充足感を満たすために取り入れているのは、もちろんサウナだけではない。ハワイでのサーフィンや、トライアスロン、マラソンなどを実践するなかで「ありのままの自分」を体現している。

「やっぱり一番は無理をしないこと。人間関係もそうだし、服だって一切着飾ったりしない。今日だってこんな格好だしね(笑)。仕事に関しては、誰とやるかが大事だね。いくら条件が良くても人が合わなければ進めないし、僕自身も選ばれる立場だから着飾っても仕方がない。無理なく長く続けていくことが一番」

人生は壮大な実験だ、というのも本田さん自身のテーマであり、心からのホンネなのだそうだ。

「実験だって考えていれば、合わなかったらやめるっていう選択肢も出るし、ストレスも少ない。たとえば僕は5秒くらいで寝ちゃうんだけど、寝つきがいいこともひとつのスキルだと思ってる。朝イチのランニングで汗をかいて、午後にはサウナでも汗をかいて、スッキリした気持ちで充足感のある食事をとる。そういうライフサイクルを自分で確立することも大事だよね」

「嫌なことは寝ると忘れるし、嫌なことがなければ寝つきも良くなる。寝れない夜ってネガティブなこと考えちゃうでしょ?」

最後に、本田さんのフェイバリットサウナを聞いてみた。

「頻繁には行けないけど、佐賀県の武雄市にある御船山楽園ホテルの『らかんの湯』かな。とにかくオーナーにサウナ愛が溢れてる(笑)。水風呂や外気浴スペースの良さを語るとキリがないんだけど、光の差し込み方から、鳥のさえずりをモノラルでリアルタイムに流しているっていうサウンドへのこだわりまで、マインドフルネスの要素がふんだんに盛り込まれている」

つまり、ととのいまくれる空間なワケだ。

「いま女性用のサウナも作っていて、2020年6月に完成予定らしい。さらに、男性用の外気浴スペースもアップグレードする予定らしくて、楽しみだよね」

——本田さんの根っこに感じるのは「気分の良さは、自分でつくる」というマインドと行動力。それがサーフィンでも、サウナでも、トライアスロンでも、仕事でも、ありのままでいられることが大事なのだろう。

 

本田直之(ほんだ・なおゆき)

レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長兼CEO。ハワイと東京を拠点に旅をしながら、仕事と遊びの垣根のないライフスタイルを送る。経営者を中心としたトライアスロンチーム<Team Alapa>を主宰。本記事で触れた『人生を変えるサウナ術 -なぜ一流の経営者はサウナに行くのか』も好評発売中。
公式Instagram:https://instagram.com/naohawaii

毎日を “ととのえる” なら
「ポカリスエット イオンウォーター」

→特集を見てみる

大切な水分とイオンを、お水のようにスッと取り込むことができる「ポカリスエット イオンウォーター」。汗をかいたときはもちろん、寝起きやひと息つきたいとき、デスクワークのお供にもぴったりです。

もちろん、サウナにも。

日本最大のサウナ検索サイト「サウナイキタイ」と「イオンウォーター」のコラボキャンペーン水曜サ活では、毎週水曜日にイオンウォーターがあるサウナ施設でサ活を投稿した人の中から、毎月10名様にイオンウォーターをプレゼント。

毎日、健康的に水分補給をして、カラダもココロもととのえてみない?

関連する記事

本田 直之/Naoyuki Hondaレバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長兼CEO|サンダーバード国際経営大学院経営学修士(MBA)|明治大学...
変化の激しい現代においてあらためて注目を集めているのが心とカラダをととのえる「マインドフルネス」という習慣。そんなマインドフルネスについて、その意味や語源...
「平和で美しい島、かぐわしい夏の日がずっと続く場所。善人がここで死んでも、同じような天国で目が覚めるだろうから、違いに気付かないだろう」  by マーク・...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
この記事では、『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から友達や恋人と盛り上がれる面白い心理テストを3つ厳選してご紹介します。簡単にできる心理テ...
価値観が多様化している現代では、暮らし方も働き方も多様化しています。自由であたらしい働き方を求めて模索している人も多いのではないでしょうか。でも、一体どう...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
これまで50作にも及ぶ著書を記して来た本田直之氏。そのなかの22作をピクアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY シ...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
新型コロナウイルスの蔓延に伴い、「ルーヴル美術館」は、美術館で公開されている作品およびフランス北部の保存施設に所蔵されているすべての作品にあたる約48万2...
「サ水(さみず)」は、昨今のサウナブームの火付け役となった『サ道』の原作者であるマンガ家・タナカカツキ氏によるオリジナルデザインの富士ミネラルウォーター。
本田圭佑がCEOを務める「Now Do株式会社」とインターネットスポーツメディア「SPORTS BULL」を運営する「株式会社運動通信社」が、日本を代表す...
「マインドフルネス」の最前線。川原や海辺、プールサイドやフェス会場などに持ち込むことのできる「テントサウナ」。近年のサウナブームのなかにありながら、独自の...
「自分の思うがままに生活したい」…そう思っても、会社勤めをしている限りどうしても、この願いを叶えることはできません。会社員を辞めて、海外を巡りながら仕事を...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
ハワイに長く暮らしてきて、僕はハワイ語のすばらしさを実感しています。言葉一つひとつに意味が込められいて、感慨深いものばかり。そのなかから、元気が湧いてくる...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
本田直之さんと四角大輔さんの共著『モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには』では、仕事とプライベートを分ける「ライフワーク・バランス」ではなく。「...

おすすめ記事

米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
先日の「母の日」から一週間が経過しました。もしかして、感謝の気持ちはすでに薄まっていませんか?ここでは、母親が子どものために我慢し続けてきてくれたことのい...
北イタリア、ベネト州に暮らすブルーノ・フェリーニさん。彼は発明家であり、自ら「エコパーク」と名付けた、森の中の遊び場をたったひとりで創りあげた人物です。森...
「Elite Daily」ライター、Eitan Levine氏による働く母親を持つ娘は、成功しやすいという記事が公開され話題になっています。記事内で取り上...
これは、アメリカのパンクロックスター、イギー・ポップが彼のファンである21歳のローレンスへ送ったファンレターの返事。イギーは普段から義理に厚く、人情深いキ...