意外と簡単!?頑張らずにセルフコントロールする10の方法

言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『トリガー・フレーズ 自分にスイッチを入れる170の言葉』は、そんな、自ら動き出すきっかけとなるようなコトバを集めた書籍だ。

Vol.1では「セルフ・マネジメントの言葉」から、頑張らなくてもエンジンがかかる「習慣化」と、セルフ・マネジメントにまつわるトリガー・フレーズをピックアップ。

自分をコントロールし、マネジメントできるようになれば、あなたの人生の質も変わっていく。

01.
目標がないと、
あとになって「面倒くさい」ことが起こる

やりたいこと、行きたい場所、なりたい自分について、しっかり考えて目標を定めよう。そうすれば、意味の無い行動をしないですむ。

02.
あなたがやる気を失っても
誰ひとりとして得をしないし、
ただあなたが損をするだけ

あなたが自分で「今日はやる気がない」と判断してしまえば、楽しくなくなったり、効率が上がらなかったりと、いいことはまったくない。「やる気が出ない」と悩むのはやめて、単純な作業でも手を動かし続けよう。

03.
「時間割」をつくれば、
頭も身体も勝手に動く

小学生のごとく時間割に従って行動するようにしておけば、「さあ何をしよう?」と考えることなく体を動かせる。面倒くさがりで意志が弱い人こそ、時間割をつくることをおすすめする。

04.
二度寝しない

二度寝は気持ちいいものだが、わずか一瞬の楽しみ。次に目覚めたときは余計に体がつらくなっているので、きっぱり起きてしまったほうが、一日中気分よく過ごせる。

05.
相手を変えようとしない

いくら親しい友達やパートナーでも、あなたがその人を変えることは、絶対にできない。「私を変えてほしい」などと、あなたに期待している人はいないと知ろう。変わりたいと思っている人に必要なのは、自ら変わるためのヒントやアドバイスだ。

06.
カッコ悪いことはしない

グチを言う、責任を誰かに押し付ける、言い訳をするなどという行為はカッコ悪いこと。どんなことをしても成長することはない。

07.
働き者であることは、
必ずしも利点であるとはいえない

働き者は努力を苦としないので、工夫をしない。一方、どうすれば怠けられるかを絶えず考えているなまけものは、怠けるための工夫やノウハウをたくさん持っているので、何事にも柔軟に対応することができる。

08.
面倒くさいから、
面倒が起こらないように工夫する

「究極の」面倒くさがりやになろう。面倒くさがりやであることは、恥ずかしいことではなく、あなたの持ち味。無理をして天才や努力の人になろうとする必要はない。面倒くさがるというあなたの溶く著うを極めていくことから、工夫や行動が生まれる。面倒くさがることが、自分を変え、仕事を変え、物事の見方を変えるのだ。

09.
マニュアルを熟読する

新しい製品を購入したら、必ずマニュアルを読もう。とはいえ、分厚いマニュアルを全部読まなくても大丈夫。ポイントは、目次と特徴について書かれている部分。マニュアルを読むという面倒を初めにしておくことで、そのあとの手間ひまを省くことができるのだ。

10.
自分のお金の流れを把握し、管理していく

お金の流れを把握できていれば、収入が多少変動してもあわてず対応できる。自分のお金をコントロールし、有効な自己投資を続けよう。地道なトレーニングが、あなたの目標を実現する基礎になるのだ。

コンテンツ提供元:本田直之
他の記事を見る
「しあわせ」と聞くと、自分の外側にある何かと結びつくことだと感じるかもしれませんが、外的な要因ばかりに求めていたら、自分がすり減っていってしまいます。でも...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
子どものころはワクワクしていた誕生日も、大人になるとちょっぴり複雑な気持ちになるもの。それならば、またひとつ大人になることをポジティブに受け止められるよう...
日本中のなまけものさんへ。始められない、続けられない、だらだらしてしまう。世間ではネガティブなイメージがある「なまけもの」。でも、なまけものだって成功でき...
香港の街で目にする、養生シートがかけられた工事中の高層ビルを「繭」と称する米写真家Peter Steinhauerさん。その姿に魅了され、工事中のビルばか...
突然ですが、フィットネスジムって高くないですか? 日本の平均月収はたしか32.5万ぐらい。対して、ジムの月会費の相場は1万円以上。給料の3%以上となります...
これまで50作にも及ぶ著書を記して来た本田直之氏。そのなかの22作をピクアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY シ...
生きるために、仕事をしてお金を稼ぐーー。たしかに、とても大切なことです。でも、好きなことをライフスタイルの中心に据えながら自由に生きることができれば、こん...
にわかに信じがたい話ですが、このアイマスクをかけて眠ると、夢を自在に操れるんだとか。そっちの方が「夢のような話」の気もしますが…。もはやSF映画のような現...
本田直之さんと四角大輔さんの共著『モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには』では、仕事とプライベートを分ける「ライフワーク・バランス」ではなく。「...
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
日本における乳がんの罹患率は、年々増加傾向にあります。この病にかかる可能性は、実に、16人に1人と言われているほど。もはや、決して他人事とはいえない疾患な...
美人で仕事もできる。 そんな人に出会った時、両方を実現するなんて「私とは違う特別な人」と、勝手に線引きしていませんか?でも、彼女たちが輝いて見えるのは、自...
頭に血がのぼって不要なひと言を口にして、後になって後悔する…感情のコントロールって本当に難しいものです。女性ライターAmelia Harveyは、ある意味...
パナソニックが開発した、その名も「レジロボ(R)」が設置されたのは「ローソン パナソニック前店」。同社のお膝元、大阪府守口市にあるこの店舗は、次世代型コン...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
東京生まれの東京育ち。1998年生まれの20歳。
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
1日の過ごし方や仕事の進め方で無駄を感じること、ありませんか?体をリフレッシュさせたり、モノや情報の整理することで、案外思考までもクリアになり、無駄が改善...
厳しい上司、考えの読めない後輩…。現代社会はストレスで溢れており、避けることはできません。とすれば、どのように付き合っていくのかが大事です。じつは、私がト...
サンワサプライから、「ERD-M○○○○○LM/M/Wシリーズ」というデスクが発売されました。これ、スマホからでも高さをコントロールできるというのがポイン...
感情をコントロールでき、プレッシャーに負けず落ち着いていられる人は、常にいい結果を出せるもの。そんな彼らの習慣が「TalentSmart」で明らかになりま...
本田 直之/Naoyuki Hondaレバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長兼CEO|サンダーバード国際経営大学院経営学修士(MBA)|明治大学...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...