「噛み合わせ」に悩むあなたに、歯学博士がアドバイス。

歯学博士であり、東京にある「タキザワ歯科クリニック」の院長・滝澤聡明さんの著書『顎がゆるめば、不調は改善される 「噛み合わせ」から始める歯のケア習慣』。

滝澤氏によると「多くの人が正しい噛み方が出来ておらず、歯としての機能がきちんと使われていない」のだとか。

噛み合わせとは、一体どんなものなのでしょうか?

噛み合わせの「筋力アップ」と
舌出しの「リラックス」

A99bfa4dde6426189f93e70060bcbac4090fa7f1

重いものを持つときなど、グッと噛みしめることがあるでしょう。もともと、咬合力(噛む力)と筋肉の関係の深さは、歯医者やスポーツの世界で周知の事実として知られていました。

とくに握力はその繋がりが顕著で、ものを噛ませた状態で測定すると、数値がアップするというデータが出ているほど。逆に、噛み合わせが悪ければ、握力が低下する傾向があります。すべての筋肉は連動しているので、咬合力があれば、握力をはじめとする全身の筋力アップに繋がります。だからアスリートは噛み合わせにこだわるのです。

とはいえ、強く噛みすぎるのも良くありません。陸上選手のカール・ルイス、サッカー選手のディエゴ・マラドーナ、バスケット選手のマイケル・ジョーダンなど、ここぞという時は「舌出し」をしてプレーをしていました。

優れたアスリートである彼らは自然にやっていたのかもしれませんが、あれはまさに、噛み締めすぎないよう適度に力を抜いている証拠。筋肉がこわばって力が出なくなるのを防いでいたのです。

力を入れるところは入れて、抜くところは抜く。一流のアスリートは、日々の鍛錬でその大切さを知っているのでしょう。

身体の歪みは徐々にくるから
気づきにくい…

8717bf7fb24c0b5a888107bb5921c15a8db93a49

虫歯、歯周病、知覚過敏対策などはよく耳にしますが、噛み合わせの啓蒙(けいもう)はまだ十分とは言えません。噛み合わせが悪くて歯が欠けてしまうと、顎が低いほうにスライドして、顔全体が歪んでしまいます。正面から見て顔が大きく歪んでいたり、どちらかの口角が下がっている人は、どちらかの歯が1本欠けているなど、片方の歯の位置が低いことが多いのです。

また、噛み合わせが悪いと身体全体のバランスも歪みます。まっすぐ立っているつもりでも、左右どちらかに傾いているなら、肩が下がっている方の歯で噛むクセが強いのでしょう。肩こりや腰痛を引き起こす原因になるとも言われていますが、身体のバランスが崩れることによって相乗的に症状が表れていると言えます。

しかも、こうした症状は突発的に出るものではありません。じわじわと身体に表れるため、患者さんも気づきにくいのです。体調不良の原因が噛み合わせであると分かったときには、手の施しようがない状態になっていることがほとんど。気になる人は早めに歯医者さんへ相談を。

歯は想像以上に
“動いて”しまう

Dc9bb4ea338b4018c449b99e26150c04ef0b6f7e

歯医者で噛み合わせを改善する場合、どんな治療をするのかを紹介しましょう。

まず、歯がすり減って低くなっている部分に、固いマウスピースで高さをアップするか、仮のかぶせもので高さを盛り、応急処置的に調整します。それから、差し歯と矯正のどちらで治すか、それとも2つをミックスして治療するか、を検討します。

ちなみに差し歯や矯正をしたからといって、何もしなくても良いというわけではありません。大人になってからも、下記のようなクセを続けていると歯は動くのです。

・歯を舌で押す
・指をしゃぶる
・爪を噛む
・頬杖をつく
・唇を内側に噛む

何年も無意識に積み重ねてきた悪癖が、矯正した噛み合わせを悪くします。これでは意味がないので、思い当たる人は上に書いたような行動に気をつけましょう。

「歯磨き粉、ブラシ、磨き方を変えるだけでは、歯の健康を保つことができません」。そう語るのは、歯学博士である滝澤聡明さん。彼の著書『顎がゆるめば、不調は改善...
「毎日歯磨きやケアをしているから、虫歯にはならない!」確かにそうかもしれません。でも、それが間違った方法だったら…?歯学博士である滝澤聡明さんの著書『顎が...
「体が冷えるということは血流の悪いところがある。つまり、体内のバランスが崩れている証拠。女性がよく生理痛や、頭痛、肌のトラブルなどに悩んでいるのは、冷えに...
テレビやインターネットでは「この食材が体に良い!」と様々な野菜や果物が紹介されています。同じものだけを食べて健康になるならこんなに簡単なことはありませんし...
医学博士のAmy Shah氏は、「mindbodygreen」で、こう断言しています。「健康やダイエットにルールなんてない!」と。カロリー制限やハードな運...
「どうも最近よく寝つけない」「仕事をしていると肩がこってツラい」「毎日イライラしている」。他人からするとちょっとしたことかもしれませんが、本人からすれば大...
健康的で爽やかな朝を迎えたいけど、朝からジョギングに行ったりヨガを始めたりするのはちょっと面倒…。毎日そんなに特別なことをしなくても、日々の習慣をちょっと...
これは、「Simple Organic Life」に掲載された小顔エクササイズ。意識を集中すべきところは顎の下から首にかけて。では、早速始めましょう。ST...
休憩中や食事中、さらには就寝前まで仕事のことばかり考えている……こんなことをしていたら脳のパフォーマンスは一向に良くなりません。医学博士である石川善樹さん...
消化器内視鏡専門医の著者・平島徹朗さんは、生きていくうえで大切にしなければならない「生活習慣」をおそろ坂にしている人が多いことを指摘します。健康への意識が...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
いつまでも綺麗で滑らかなデコルテで勝負したいものです。保湿ケアやマッサージももちろんの事、実は、睡眠の体勢によって肌へのストレスが変わるもののようです。そ...
歯の健康を維持するためには「歯ぐき」にも意識を注がなければいけません。それには…ただ丁寧に歯を磨くだけ?「LittleThings」ライターAngel C...
デスクワークやスマホ操作の代償…「肩こり」。ガチガチに凝りすぎて頭まで痛くなってきたり、もはや凝っていない状態を思い出せなかったり。程度に差はあれど、悩ん...
子どものころはワクワクしていた誕生日も、大人になるとちょっぴり複雑な気持ちになるもの。それならば、またひとつ大人になることをポジティブに受け止められるよう...
自分を変えるためにもいい習慣を身につけたいと思うのに、なかなか身につかない。そう思っているあなた。それはもしかすると悪い習慣が邪魔をしているのかもしれませ...
スティーヴン・ホーキング博士は、宇宙を語る上で無視できない天才物理学者。彼の人生を描いた映画『博士と彼女のセオリー』が話題になったことは記憶に新しいですよ...
性別や年齢を問わず、私たちを悩ませるもののひとつ「薄毛」。遺伝的な要素ももちろんあるだろう。でも、それ以上に日常生活には、髪の毛へ大きな負担となっている習...
1日のうちで最も余裕がない時間帯といえば?「朝」と答える人は多いはず。出勤がギリギリになる時間まで寝て、パタパタと身なりを整えて、朝ごはんは食べずに家を飛...
「今年こそは!」と思っていたはずなのに、気がつけばもう2016年も残りあと2ヶ月と少し。平日は仕事、オフは家族との時間も必要なビジネスパーソンは、忙しい毎...