この夏は、新しい「スミノフ」でちょっと大人なひとときを。

初めて友だちを呼んで、宅飲みしたとき。思いっきりクラブで遊んだとき。スポーツバーで日本代表を応援したとき。野外フェスで盛り上がったとき。

ちょっとの無茶は余裕だったあの頃。

20代前半の楽しい思い出の横には、いつも「スミノフアイス™」。あの瓶とキリっとした味わいが恋しくなって今でもたまに飲むけれど、その節は大変お世話になりました。

そんなスミノフアイス™に「モスコミュール」が仲間入りしたようです。コッパーブラウンの落ち着いたデザインで、アルコール度数も9%と少し高め。

なんだか大人な佇まい。いまの気分にぴったりかも。

「スミノフ®」と「モスコミュール」に
ストーリーあり

ライムやミント、ジンジャービアのフレーバーの芳香が爽やかな新作「スミノフアイス モスコミュール™」。

そのベースとなった、今や誰もが知るカクテル「モスコミュール」が生まれたのは、今から遡ること約80年前。その誕生にはスミノフ®が関わっていたってご存知ですか?

 

——1941年、アメリカ・ハリウッド。ウオッカ市場で出遅れたスミノフ®の営業担当が出会ったのは、ジンジャービアの在庫に困っていたレストラン店主と、銅製マグカップの販路に悩んでいたその友人。3人で知恵を絞った末、生まれたカクテルが、銅マグに、ウオッカとジンジャービアを注ぎ、ライムやミントで仕上げたモスコミュールだったのです。

 

3人の出会いは偶然か必然か……。

モスコミュールは、アメリカのカクテル文化が開花するきっかけにもなったそうです。そんなストーリーに耳を傾けながら、お酒が飲めるようになったのも大人になった証。

これは、まだまだスミノフ®の
お世話になりそうです

無果汁

バーのような本格的な味わいがコンセプトの「スミノフアイス モスコミュール™」。コンビニやスーパーで手に入るのもありがたいです。目印は、銅製マグをオマージュした少し大人なパッケージデザイン。

モスコミュールって居酒屋やバーで頼むことはあれど、家で楽しむ機会ってそうそうないですよね。だから、買って帰れるタイプは重宝すること間違いなし。

さらに「スミノフアイス モスコミュール™」は、ミントやライム、辛口ジンジャービアのフレーバーを現代風にアレンジ。バランスよく仕上がっています。

これは、新しい「定番」となるでしょう。

肩の力を抜いて
少し贅沢に

無果汁

「呑む!」というよりは、「嗜む」がしっくりくる今日この頃。無鉄砲にはしゃいで遊ぶことは減ったけど、その分、リラックスしながらお酒を愉しめるようになりました。

食事と一緒に。映画を観ながら。誰かを家に招いて。パートナーとゆったり過ごす時間にも心地よい「スミノフアイス モスコミュール™」。

肩の力を抜いて飲めるようになった、いまのわたしたちにぴったりのカクテルかもしれませんね。

→詳しくはコチラ
この夏定番にしたいとっておきのカクテルを紹介します。ビールよりも夏気分!
イギリスでは小さなカクテル(マイクロカクテル)が流行っているのだとか。つまり、ショットグラスに注がれるカクテルってことです。
ノルウェーのSommarøyという島で、ちょっと興味深いムーブメントが起きています。彼らは「時間」を廃止しようとしているんです。
「かき氷」と言われて連想するのは、シャリッと音を立ててストローが刺さる氷の山。そこにピンク、ブルー、イエローといった、蛍光色の鮮やかなシロップがかかった夏...
東京・豊洲の「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」に本物の氷を使用した屋外アイススケートリンク「Sea Side アイススケートリンク...
今年の1月末に、少し異なったカクテルを楽しめるバー「Draft Land」が、台北にオープンしました。店内にはリキュールなどのボトルは一切なく、ただただビ...
ノンアルコール飲料の需要は年々高まっており、イギリス・ロンドンでは新しいジャンルとしてバーやカフェなどでも「MOCKTAILS(モクテル)」というノンアル...
今回は代々木上原にある「No.」のオシャレノンアルコールカクテル。わざわざ酔っぱらわなくてもオシャレな雰囲気でおいしいカクテルが飲めるらしい。っちゅうこと...
大好きなスイーツとお酒をかけ合わせた極上スイーツ。大人だけに許された「ほろ酔いスイーツ」をレシピとともにご紹介!
カクテルにキュウリってどんな味がするの?と思うかもしれませんが、これが意外や意外、悪くないんです。ロンドン生まれのリキュール「ピムス」を使ったカクテルは、...
「niko and ...」から初のコスメラインが登場。服に合わせてメイクも変えられるミニマルサイズなら、毎日のオシャレがもっと楽しくなりそう!
ロンドンの人気レストラン「Bourne& Hollingsworth Garden Room」に、今年3月新しくバーがオープン。店内に所狭しと置かれている...
1988年『カクテル』という映画が大流行した。主演のトム・クルーズが、シェーカーを振り回す派手なパフォーマンスが話題になった。お洒落なカフェバーでカクテル...
10月4日〜13日まで開催された「ロンドン・カクテル・ウィーク 2019」で世界的なウイスキーメーカー「The Glenlivet(ザ・グレンリベット)」...
浅草「神谷バー」発祥の電気ブランというお酒。そのニセモノのお話です。
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
ニューヨーク市ブルックリンに拠点を置く「CLIP.BIKE Inc」が開発した「CLIP」は、どんな自転車にも電動アシスト機能を加えられるガジェット。20...
「プリングルズ」と「スーパーカップ」がコラボしたカップ焼きそばが登場。一度手を伸ばしたら止められないあの感覚が味わえるとか……。
「花火」ときいて思い出すのは、どんなことですか?
何かにつけ、ひねくれて物を見がちな性格だけど、夏の花火だけは、どストレートに大好きだ。青春時代にいい思い出があるわけでもないし、大人になってからはしゃぎま...
大人になった今も、あれが何だったのかは、わからないまま。
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
暑い夏の定番カクテルといえば、キンキンに冷えた「モヒート」をおいて他にありません。ライムとミントの爽快な味わいは、この上ないベストマッチングですが、ライム...
居心地のよい旅には一体なにが必要だろう。飛行機に乗って、はじめての国を訪れ、土地に触れ、知らない人と知り合いになるのは、とってもエキサイティングなことだ。...