NY生まれのラーメン「黒帯」が日本初上陸!「MIYASHITA PARK」に1号店

7⽉28⽇より段階的に開業する「MIYASHITA PARK」内商業施設「RAYARD MIYASHITA PARK」。飲⾷、食物販店舗のオープンは8月4日で、これに合わせてNY生まれのラーメンブランドが日本に上陸する。

その名も「黒帯」。2014年にニューヨークで誕生し、現在はアメリカ国内に6店舗、シンガポールに1店舗を展開している。

主力商品は鶏白湯(とりぱいたん)だ。

看板商品「黒帯」は、まろやかで濃厚な鶏白湯スープに太いちぢれ麺を合わせ、しっとりとした鶏チャーシュー、半熟煮卵、ネギ、フライドオニオンチップをトッピングし、ブラックペッパーを使用した香油をたらしてアクセントを加えた一杯。

「黒帯」の鶏白湯とは異なるすっきりとした鶏清湯(とりちんたん)スープのラーメン「茶帯」も提供予定。優しい味わいで、あっさりタイプが好きな人にオススメだという。

さらに、海外の「黒帯」店舗同様、アメリカのラーメン文化では一般的となっているテイクアウト式を導入し、現地のラーメンスタイルを逆輸入。陶器のどんぶりではなく紙カップで提供されるラーメンは、なんとも目新しいものになりそうだ。

© 株式会社力の源ホールディングス
© 株式会社力の源ホールディングス
© 株式会社力の源ホールディングス

『黒帯MIYASHITA PARK店』

【開業日】8月4日(火)
【住所】東京都渋谷区神宮前6-20-10 MIYASHITA PARK South3F FOOD HALL内
【営業時間】11:00~23:00(ラストオーダー22:30)

Top image: © 株式会社力の源ホールディングス
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事