子育ても仕事も忙しい私が、毎日をヘルシーに過ごせる理由。

最近、家族や親しい人と過ごせる時間が増えてきた。

もちろん嬉しいことなんだけど、家のなかでずっと子どもや家族と向き合い続けるのは思いのほか大変。周りを見ても、在宅ワークと育児や家事の両立に悩む友人も少なくない。

まさか、いちばん落ち着けるはずのおうち時間にストレスを感じてしまうなんて……。

と、そんなとき見つけたのが「リライフスタジオ フタコ」のオンラインコンテンツ。アートワークショップや気軽な子育て相談会が、ふっと私の気持ちを軽くしてくれる。

子どもと一緒に、遊びながら、
たくさん学べる。

「リライフスタジオ フタコ」と言えば、“にこたま” の蔦屋家電にある、あの素敵な空間。

以前から二子玉川 蔦屋家電でおこなわれていたイベントを「家でも楽しめるように」と、オンライン開催も始めたそう。

とくに子どもたちも気に入っているのが「ダン先生のこどもアートワークショップ。ハサミや鉛筆を使わない工作もたくさん紹介していて、安心して遊べるのも嬉しい。

つい自分がやらなきゃって焦ってしまうこともあるけど、こうやって子どもが夢中になってくれるコンテンツがあると、一緒に楽しむことができる。

→さっそくチェック

「オンライン」だからこそ
気軽に参加できた。

小さい子どもと過ごしていると、さっきまで大人しくしていたと思ったら急に泣き叫んだり、ぐずり始めたり……なんてことは日常茶飯事。

その点、オンラインセミナーはミュートにすれば他の参加者の方に迷惑をかけることもないし、バタバタとおでかけの支度をせずに済むのもありがたい。

通常のイベントに参加するよりもハードルが低く感じたし、「兄弟がいるからなかなか参加できないな〜」と嘆いていた友人たちも、オンラインには積極的。

嬉しかったのが、子育て相談の会に参加したとき「お子さん、泣いても大丈夫ですからね〜」と優しく声をかけてもらったこと。「ポピンズ」の経験豊かな育児コンシェルジュからアドバイスを受けれると聞いて、その安心感にも納得!

参加するまでは「こんなこと相談してもいいのかなぁ」と心配してたけど、たわいもない会話や日常の些細な困りごとまで、共感してくれる人も多くて嬉しかった。

ママ友とのランチや交流もなかなかできない今日この頃……。私が求めていたのは、こういう場所だったのかも。

→もっと知りたい

気がつけば、わたしのほうが夢中に。

最近は、子育て以外のオンラインイベントも私の楽しみな時間に。

たとえばインテリアや住まいに関するワークショップは、リモートワーク中の部屋での過ごし方に迷っていた私にはとても有意義だったし、なにげない気持ちで参加したハンドメイドのワークショップは、新しい趣味のひとつになりそうなくらいハマってる。

ライフスタイルコーディネーター・山藤陽子さんのイベントでは、ちょっとした暮らしのヒントも。普段は雑誌やインスタでしか知ることのできない素敵なゲストとのトークを通じて、わたしが心地いいと感じる瞬間も大切にできるようになってきた。

今度、リフォームを考えてる友だち夫婦に「住まいとくらしの相談コンシェルジュ」もオンラインで相談できることを教えてあげよう。

 

——もちろん、仕事も子育ても毎日忙しいけれど、こういうふとした時間が、私の心と体をヘルシーにしてくれる。

→詳しくはコチラ

ダン先生のこどもアートワークショップ
『どうぶつのお面を作って、リライフに飾ろう!』

 

この秋、ダン先生の大人気ワークショップの初のライブ配信が決定です!おうちにある紙皿や包装紙、ひもなどを使ってどうぶつのお面をつくりましょう。さらに、二子玉川 蔦屋家電「リライフスタジオ フタコ」にてアート展示会「こどもアートギャラリー」を開催。完成したお面が蔦屋家電の2Fに飾られます。親子で一緒にものづくりを楽しんで!

 

開催日時: 2020年10月4日(日) 10:00〜11:30
講師: 浅葉 弾
対象: 3〜8歳 ※保護者同伴
URL: rs-futako-event.jpn.panasonic.com/public/seminar/view/5347

 

【こどもアートギャラリー】

開催期間: 2020年10月20日(木)〜11月11日(水)
営業時間: 10:30〜18:30
開催場所: リライフスタジオ フタコ キッズスペース
住所: 東京都世田谷玉川1-14-1

※今回はWEB会議形式のオンラインセミナーです。ご自宅からパソコンやタブレット・スマホでご参加いただけます。
※お申込みいただいた方に、申込完了メールと共に、接続要領などをメールで送付いたします。

「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
子育て中のママは、さまざまなことを一人で抱え込んでしまうことも。そんなとき、ちょっとしたパパの気づかいがあれば、いつまでもご夫婦が仲良くいられはずです。子...
THE NORTH FACE初のカフェを併設都会とアウトドアが融合したコンセプトショップTHE NORTH FACE STANDARD 二子玉川〒158-...
世界一、大変な仕事は何?と聞かれて、あなたはなんと答えますか。政治家・医師・弁護士・プログラマー……。私の頭の中にあらゆる職業が思い浮かんだ。が、Nath...
デザインスタジオ「hej」が「Corona Food Masks(コロナフードマスク)」を考案した。マスクの着用は感染対策に有効である一方で、見た目や装用...
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
大好きな人と結婚して、子どもが生まれて。とても幸せなはずなのに、毎日の子育てでどんどん消耗していく…。自分の時間が取れない、子どもが思うように言うことを聞...
子どもができたら毎日がお祭り騒ぎ。ここで紹介するのは、そんな妊娠中や子育て中の女性に起こりうる、生々しい瞬間を表現した写真集です。決して脅かすわけではあり...
目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだか...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
子どもが不機嫌になって泣くと大人は叱りつけ、失礼な態度をとると注意する。よくよく考えると、私たちだって同じことをしてしまうことはあるのに、どうして子どもだ...
子どもを育てるうえで周囲の理解が得られず嫌な思いをした人はたくさんいるはずだ。ADHDの子どもを持つある母親も同じ。駄々をこね癇癪を起こす子どもを連れてま...
「The Dad Hoodie」は、名前が示すとおり子育てを頑張るパパ向けにつくられました。哺乳瓶やおむつ専用のポケットとおしゃぶりなどの小物が入るポケッ...
わが家に二人目の子どもが生まれたとき、パートナーと同じくらいに僕が感謝したのは2歳年上の長男でした。なぜって、彼のときは日々の子育てがつねに手探りだったか...
朝から晩まで休む暇もない母親業だけど、大変なだけじゃない新鮮な驚きがあるのかもしれません。3歳になる娘の母であるKseniya Voronichevaさん...
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
日本を代表する画家「葛飾北斎」。日本だけではなく世界中で愛されている北斎だが、そんな北斎の「幻の挿絵」が「大英博物館」のオンラインで公開されることになった。
炙り寿司をさらに進化させてカナダで絶大な人気を集めてブレイクした「Aburi Sushi」が二子玉川に凱旋してやってきた。押し寿司の上にオリジナルソースを...
息子がいるStåle Gerhardsenさんは、育児休暇中に起きたできごとを思い出に残そうと、息子との日々をイラストに描いている。描きためた絵は本になっ...
育てる側の性格に合わせた子育て方法を提案するのは「YourTango」のライター、Christine Schoenwald氏。なんでも誕生月から、ピッタリ...
誰でも子どもを傷つけるようなことは言いたくないものです。ところが、「Your Tango」にまとめられていた「子どもに言ってはいけないフレーズ」は、日常で...
子育てにおいて父親に求められる役割は何でしょう?一般的に求められている役割を7つ紹介します。家庭の中の父親像がぶれないということは、子育てにおいて何よりも...
フォトブック作成アプリの「Chatbooks」が、来る母の日に向けて制作した、ほっこり動画があります。子どもたちに自分のママが一番だと思う理由を聞いてみま...