「サウナイキタイ」から「サウナタテタイ」へ。「The Sauna」支配人が目指す未来【vol.2】

一過性のブームではなく、サウナをカルチャーとして根付かせる。

そのためには、担い手が必要。まずは、サウナで働く自分たち自身がカッコよくある。そして、憧れを抱いてもらう──。

“覚悟のBarbour”を教えてもらった前回。今回は多くのサウナーに愛され続けている「大垣サウナ(岐阜県)」で気付かされた“大切なこと”について。

視線の先にある未来は……サウナタテタイ!?

©2021 NEW STANDARD

──それにしてもスゴいですね、サウナブーム。「The Sauna」を作ってから、一気に人生が変わったんじゃないですか?

 

めちゃくちゃ流行ってますね。「The Sauna」のオープンは2019年2月ですから、2年でかなり変わりましたよ。

 

──2018年の頭にはオープンに向けて動き出していたわけですもんね。そろそろサウナブームが始まるかなという時期。建てたい!経営したい!と動く人はほとんどいなかった。

 

仕事でかなり悩んでいた時期に、「サウナイキタイ」に出会ったのが大きかったです。「サウナってこんなふうに検索できる時代なのか。クリエイターがわざわざ検索サイトを作るほどサウナってキテるんだ!」と衝撃を受けました。それからはもう、検索してサウナに通いまくりましたね。

で、いろいろ調べていくと、どうやらサウナはどんどん盛り上がっていくんじゃないかと。どうせなら自分でやりたいなと思って、会社に「ゼッタイ流行りますから!めちゃくちゃ気持ちいいんです!」って根拠のない自信とともに話したら、「そんなに言うなら自己責任でやって。1円も出したくない」と言われてしまって(笑)。

 

──まあ、そう言われちゃいますよね(笑)。

 

今考えるとそうですよね(笑)。でも、なんとか「The Sauna」をオープンさせてからは、ドラマ『サ道』が始まったりと、すごく追い風。東京のサウナ事情を聞いていると、サウナ室の前に並んだり、そもそも入館待ちが発生している状況なんですよね。ついにここまできたか、と。

でも、流行ってはいますが、ウチも含めて10年後や20年後に残っていられるかはまた別の話。これだけ良いサウナが増えてくると、競争も熾烈。

 

──有名施設では当たり前のように“待ち”が発生しています。

 

東京はもう、サウナの数が圧倒的に足りていないと思います。「じゃあ作ればいいじゃん?」ってなるんですが、当然、作るにはかなりのハードルがある。

そもそも僕には「全国にアウトドアサウナを作る」という夢があるんです。でも、「ume sauna,(奈良県)」を作ったときに気が付いた。僕ひとりが建て続けてもそれは実現できない。僕のように「アウトドアサウナを運営したい!」と思う人を一人でも多く増やさなきゃって。

 

──啓蒙も重要な役割の一つなんですね。

 

「サウナで働くっていいんだぞ!」ってことを、「The Sauna」を通してもっともっと表現していきたい。ウチから出ていった人や湊ご兄弟(サウナの梅湯・十條湯)のところから出ていった人が、それぞれの施設の良さを引き継いだうえで、新しいサウナをオープンさせる。そういう流れを作っていきたい。目指すべきは、「サウナタテタイ」の時代です。

今って、北海道のサウナシーンがすごく盛り上がってますよね。ああいう動きを見て「じゃあうちの街でもやりたいな」って思う人が増えたら、東京だけじゃなくもっと地方にも広がっていくんじゃないかと思います。

 

──そうですね。でも、これから地方で新しくサウナの経営を始めるには、相当な覚悟がいるんじゃないかと。

 

間違いないです。だからこそ、僕が力になれるのであれば、地方でサウナ施設の経営を始める人のマインド作りにも貢献したい。施設側がやるべきことって、じつはかなり地味でパワーが必要なんですよ。

ここで見習うべきが「大垣サウナ」だと思うんです。

 

──というと?

 

「大垣サウナ」は今年で創業55年。先日、社長とお話する機会がありました。

「なぜ、55年前にサウナを始めたんですか?」と聞いたら、先代の社長が「これからサウナブームがくる!」とどこかで聞いたみたいで、それで始めたんだと。

でも、もちろん世の中の人はサウナなんて知らない。ましてや、東京でもなく大垣という地方都市。じゃあどうしたか?一人ひとりに「こうやって入るとイイですよ」って、コツコツ教えていったそうなんです。それを聞いて「やっていることって一緒なんだ!」と気付かされました。

 

──あの「大垣サウナ」でも、地道な努力をされていたんですね。

 

名前の通り、銭湯ではなくサウナ施設。今は「サウナ」という言葉自体は認知されているので恵まれてますよね。55年前なんて、ほとんど無の状態。大垣という街で、地元の人に対して地道に教えていったという話を聞いて、心底思いました。

大事なのは、担い手がどれだけ愛を持って、粘り強くやれるか。その粘りが結果的に10年、20年とつながっていく。「大垣サウナ」はそれを実践しているからこそ、55年も続いているんだなと本当に尊敬します。

「サウナをやりたい!」と思ってウチに来てくれたヘルパーは、毎回あそこに連れていくんです。「大垣サウナ」にはすべてが詰まっている。それくらい教科書のような施設だと思います。

 

──愛を持って、粘り強く。大変なことですが、やりがいも大きい。

 

自分自身もそうありたいし、弟子にもそれを感じてもらいたくて。「The Saunaを心から愛せているか?The Saunaにできることは何か?」と、みんなで常に考えています。

以前に、あるお客様がウチの魅力についてこんなことを言ってくれました。

「薪サウナとか、湖とかいろいろあるんだけど、やっぱりスタッフが温かくてイイんだよね」

そうか、自分たちがやっているのはサービス業なんだとあらためて気付かされました。自分はサウナ、ほかのメンバーは宿やレストラン、アウトドアスクール。みんながうまく掛け算されて、ウチならではの魅力につながっている。

まだまだ実現できていないことがたくさんある一方、みんなでそれらをやりたい、実現したいと思っているので、今がすごく楽しい。多くの人が「サウナタテタイ」と思うようになる未来を目指して、コツコツと頑張っていきますよ。

インタビュー記事は全3話♨️ 次回は5月22日公開

Top image: © 2021 NEW STANDARD

関連する記事

昨今の熱い熱いサウナシーンにおけるキーパーソンのひとり・野田クラクションベベーにインタビュー。全3回の第一話。
サウナーに評判の長野県・野尻湖のサウナ施設「The Sauna」に2棟目が誕生。新たにオープンするサウナは2階建てとなっており、1階は涼しく、2階は暑いと...
昨今の熱い熱いサウナシーンにおけるキーパーソンのひとり・野田クラクションベベーにインタビュー。全3回の第三話。
サウナ後に飲むクラフトビール「After SAUNA Ale」が明日発売。
「スノーピーク」が2024年春、栃木県鹿沼市に関東初となる直営キャンプフィールドを開業することが発表された。
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、パフォーマンスを最大化するための医学的に正しいサウナの入り方について教えてもらった。
4月下旬、北海道標茶町の「THE GEEK」に本格フィンランド式サウナが誕生予定。
いまさら聞けないサウナの基礎知識やサウナの種類、効果やメリット、正しい入り方まで、医学的な視点を交ながら解説!サウナは痩せるの?「ととのう」とはどういう感...
9月21日(土)〜23日(月)の3日間、長野県の「フィンランドヴィレッジ」にて、日本最大級のサウナフェス「SAUNA FES JAPAN 2019」...
「NAKED NIGHT SAUNA -チル、そんでリラックス- TOKYO TOWER」は、株式会社ネイキッドが、五感でととのうサウナ体験を様々なテーマ...
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
「ZAF SAUNA(ザフ サウナ)」は、座禅用クッション製造会社の「サカエ金襴」から新たに発売された「サウナ専用クッション」だ。
長野県の野尻湖畔にあるゲストハウスLAMP。ここは、周囲に2000m級の山々が連なる大自然の中の宿。2019年2月8日、その敷地内に、新しくフィンランド式...
東京都檜原村の会員制キャンプ場「HINOKO TOKYO」に、新たにサウナ室「HINOKO SAUNA」が完成。
奈良県奥大和地方、山添村。竹林に囲まれた自然と一体になれるサウナが「ume,sauna」だ。
“しきじの娘”こと笹野美紀恵さんが提唱する「サウナ美容」について。
サウナに行けず、そろそろ“禁断症状”が出ているサウナーも少なくないはず。そこで、「自宅でととのう方法」をご紹介。
「結局効果があるリラックス方法って何があるの?」という方のためにストレスや疲労を根本からなくせるリラックス方法をまとめました。自宅や職場で試せるものから、...
2020年も多くのサウナ施設が登場し、“ととのい”を愛する者たちをざわつかせた。今年オープンした(リニューアルを含む)最旬の5つの施設を紹介。
茨城県高萩市の下君田地区。ここにある蔵をサウナ「コアミガメ」として改装中。
「寺サウナ」は、“アウトドアの薪テントサウナ”と“お寺での瞑想”を掛け合わせることで、史上最高のマインドフルネス空間を実現するサウナイベント。
「マインドフルネス」の最前線。川原や海辺、プールサイドやフェス会場などに持ち込むことのできる「テントサウナ」。近年のサウナブームのなかにありながら、独自の...
「カプセルイン錦糸町」の屋上に、新たにルーフトップサウナ「SAUNA GARDEN錦糸町」がオープン。
聖地「サウナしきじ」の娘であり、豊富な知識を誇る笹野美紀恵さんに「女性サウナーが行くべき施設」を聞いた。
世界一のサウナを作る「ヴァルス計画」が始動。その中心人物である加藤容崇医師に話を聞いた。
11月18日(月)、サウナ熱波師の日本一決定戦「第3回熱波甲子園チャンピオンカーニバル」が開催。
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
サウナー専門ブランドを運営する「TTNE株式会社」が、全国5000以上ともいわれるサウナ施設の中から、いま行くべき全国のサウナ上位11施設「SAUNACH...
一口にサウナと言っても施設ごとに個性があります。今回は都内在住のサウナーが、心からオススメする「東京都内のサウナ5選」をそれぞれの特徴や魅力を交えて紹介。...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...