「The Sauna」支配人・野田クラクションベベー「覚悟のBarbour」【vol.1】

野田クラクションベベー。

「The Sauna(長野県)」のサウナビルダー兼支配人であり、サウナプロデューサー。The Saunaの2号棟「The Sauna Kaksi」のほか、昨年の「サウナシュラン」で10位にランクインした「ume,sauna(奈良県)」も彼の手によるものだ。

4月末には、プロデュースした「THE GEEK(北海道)」が営業を開始し、現在は「サウナ宝来洲(ホライズン:新潟県)」と「コアミガメ(茨城県)」のオープンに向けて奔走中。昨今の熱い熱いサウナシーンにおけるキーパーソンの一人であることは、まず間違いない。

あるとき、そんな彼からLINEが届いた。「仕事で都内に行くのでちょっと話しませんか?……12回払いで買ったBarbourのジャケットを着ていきます!(笑)」

ただのネタかと思ったBarbourのくだり。でも、これが結構イイ話。

©2021 NEW STANDARD

──それにしても大活躍ですね!

 

いえいえ(笑)。おかげさまでいくつかプロジェクトが進んでいます。

 

──The Saunaは相変わらず予約が取りづらい。

 

ありがたいです。今、僕には弟子というかヘルパーが4人いるんですが、別に募集したわけではないんですよ。ヘルパーがヘルパーを呼んでくれて、今年の10月までは埋まってるんですよ、ヘルパーが。

 

──ヘルパーが!

 

はい。みなさん、すごく興味を持ってくれて、The Sauna自体はもちろん、僕と話したいからって来てくれる方も少なくない。

でも、目指しているのは、僕の弟子に会いにきてくれるような人がどんどん増えること。彼らが憧れられて、彼らにもまた弟子がつくような。そういう状況を目指して、みんなで頑張ろうよって話をしています。

 

──これだけ人気なのに、現状にまったく満足していないんですね。

 

最近すごく思うんです。全国にはカッコいい銭湯やサウナ施設って、たくさんあるじゃないですか?でも、そこで働きたいと思う人は少ない。儲からない、ビジネスとしてはしんどいみたいなイメージがあるんでしょうね。

もちろんラクではないし、厳しいこともある。でも、サウナ施設で働くことの良さだって間違いなくある。「サウナで働くのってなんかカッコいいよな」と思われるようになれば、もっと担い手は増えると思う。

 

──サウナの梅湯(京都)と十條湯(東京)のご兄弟のように、少しずつではありますが、若い経営者の方も増えています。

 

そうですね。以前にThe Saunaにも弟さん(十條湯)が来てくださって、いろいろお話させていただきました。

 

──喜楽湯(埼玉県)の方も含めて、若い経営者がどんどんメディアに出ているのはポジティブですよね。「自分もやりたい!」と思う人が出てきそう。

 

山形県のスイデンテラスにサウナができましたよね。坂茂さんという、めちゃくちゃすごい建築家の方がデザインしたサウナ。そういうラグジュアリーな施設が今後もどんどん増えていくと思うし、すごくイイことだと思う。

(ととのえ)親方や(サウナ)師匠ともよく話すんですが、やっぱりお二人はターゲティングが明確でうまい。当てるべきところに、ちゃんと当て続けている。でも、全員が同じサウナを好きとは限らないから、僕たちは僕たちらしく、クラフトな感じで頑張ります。

 

──イイですね、クラフト。

 

ウチみたいなローカルなサウナで大事なのは、やっぱり人間力。自分たち自身に魅力を感じてもらえるようにしないと、長い目で見ると生き残っていけない。「The Saunaで働いている人たちってカッコいいよな。自分も働いてみたいな」って思ってもらわなくちゃいけない。だから、かなり無理して、チームのみんなでこのBarbourを買ったんですよ。

 

──なるほど、決意が込められているんですね。

 

12回払い(笑)。もうね、“覚悟のBarbour”です。

事業を継続していく、人を雇うという意味では売り上げは絶対に必要。これは大前提。そのうえでさらに、自分たちがカッコよくある。人が集まってきたら、また新たなチャレンジができるはず。

最初はもちろん「The Saunaっていいな」から始まる。でも、今後は「The Saunaで働いている人ってカッコいいな」、もっというと「信濃町で暮らしている人ってカッコいいな」、そう思ってもらえるよう、みんなで頑張りますよ。

©2021 NEW STANDARD

インタビュー記事は全3話♨️ 次回は5月19日公開

Top image: © 2021 NEW STANDARD

関連する記事

昨今の熱い熱いサウナシーンにおけるキーパーソンのひとり・野田クラクションベベーにインタビュー。全3回の第二話。
サウナーに評判の長野県・野尻湖のサウナ施設「The Sauna」に2棟目が誕生。新たにオープンするサウナは2階建てとなっており、1階は涼しく、2階は暑いと...
昨今の熱い熱いサウナシーンにおけるキーパーソンのひとり・野田クラクションベベーにインタビュー。全3回の第三話。
サウナ後に飲むクラフトビール「After SAUNA Ale」が明日発売。
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
4月下旬、北海道標茶町の「THE GEEK」に本格フィンランド式サウナが誕生予定。
長野県の野尻湖畔にあるゲストハウスLAMP。ここは、周囲に2000m級の山々が連なる大自然の中の宿。2019年2月8日、その敷地内に、新しくフィンランド式...
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、パフォーマンスを最大化するための医学的に正しいサウナの入り方について教えてもらった。
「カプセルイン錦糸町」の屋上に昨秋オープンしたルーフトップサウナ「SAUNA GARDEN錦糸町」。この度誕生する「The錦糸町」は、さらにその上に位置す...
9月21日(土)〜23日(月)の3日間、長野県の「フィンランドヴィレッジ」にて、日本最大級のサウナフェス「SAUNA FES JAPAN 2019」...
「スノーピーク」が2024年春、栃木県鹿沼市に関東初となる直営キャンプフィールドを開業することが発表された。
奈良県奥大和地方、山添村。竹林に囲まれた自然と一体になれるサウナが「ume,sauna」だ。
「NAKED NIGHT SAUNA -チル、そんでリラックス- TOKYO TOWER」は、株式会社ネイキッドが、五感でととのうサウナ体験を様々なテーマ...
東京都檜原村の会員制キャンプ場「HINOKO TOKYO」に、新たにサウナ室「HINOKO SAUNA」が完成。
サウナに行けず、そろそろ“禁断症状”が出ているサウナーも少なくないはず。そこで、「自宅でととのう方法」をご紹介。
「ZAF SAUNA(ザフ サウナ)」は、座禅用クッション製造会社の「サカエ金襴」から新たに発売された「サウナ専用クッション」だ。
「結局効果があるリラックス方法って何があるの?」という方のためにストレスや疲労を根本からなくせるリラックス方法をまとめました。自宅や職場で試せるものから、...
“しきじの娘”こと笹野美紀恵さんが提唱する「サウナ美容」について。
サウナー専門ブランドを運営する「TTNE株式会社」が、全国5000以上ともいわれるサウナ施設の中から、いま行くべき全国のサウナ上位11施設「SAUNACH...
茨城県高萩市の下君田地区。ここにある蔵をサウナ「コアミガメ」として改装中。
「マインドフルネス」の最前線。川原や海辺、プールサイドやフェス会場などに持ち込むことのできる「テントサウナ」。近年のサウナブームのなかにありながら、独自の...
「カプセルイン錦糸町」の屋上に、新たにルーフトップサウナ「SAUNA GARDEN錦糸町」がオープン。
フィンランドを代表するメタルバンド「Stam1na」のメンバーが、必死で何かを作っている......。
11月18日(月)、サウナ熱波師の日本一決定戦「第3回熱波甲子園チャンピオンカーニバル」が開催。
一口にサウナと言っても施設ごとに個性があります。今回は都内在住のサウナーが、心からオススメする「東京都内のサウナ5選」をそれぞれの特徴や魅力を交えて紹介。...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
『週末フィンランド』の著者・岩田リョウコが女性目線でオススメする「サウナ5選」を紹介します。ちょっと疲れたら一番近いヨーロッパ・フィンランドへ「サウナ旅」...
先月、第一弾として日本一の星空の村「長野県阿智村(あちむら)」で開催された「NAKED SAUNA&SPA」プロジェクトが、初めて東京に上陸した。
世界一のサウナを作る「ヴァルス計画」が始動。その中心人物である加藤容崇医師に話を聞いた。
エストニアで生まれた「SaunAudi」。名前から想像できると思いますが、アウディをサウナみたく改造しているんです。