優雅に過ごせて、さらに学べる「スミソニアン協力のクルーズ旅行」

優雅で豪華なばかりが世界を廻るクルーズ船の楽しみ方だと思ったら大間違い。

新時代の船旅に求められる要素、それは──「学び」だ。

© ponant/Instagram

フランスのクルーズ船運行会社「Compagnie du Ponant」が運営する小クルーズ船「Ponant(ポナン)」が、「Smithsonian Institution(スミソニアン博物館)」とタッグを組んで、新たなプログラムをスタートさせるという。

その内容は、寄港する先々についての歴史地理を学べるというもの。

そもそも「スミソニアン博物館」とは、アメリカの科学技術芸術産業自然史に関連する資料を展示する博物館と、教育研究機関が合わさった呼称だ。「スミソニアン学術協会」が運営し、現在はアメリカ国内に博物館が16館(美術館、動物園を含む)研究所が14ヵ所存在している。

乗船中は、考古学、科学、人類学、歴史学のエキスパートがそばにいてくれるので、気になったことをその場で聞けるのも魅力的。

このプログラムは2022年を目安にスタート予定。さまざまな旅行プログラムが用意されており、なかには日本の歴史と地理を学ぶプログラムも!

詳しいプログラムはコチラ

© smithsonian/Instagram
Top image: © iStock.com/CrackerClips
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事