スピード違反

イタリアの「Acquetico」という村には約120人が暮らしていて、その一部の人が車のスピードの出し過ぎに対して不満を打ち明けたそう。ということで、試験...
約20年に渡り、世界中のたくさんの人にスリリングな体験を届けている『ワイルド・スピード』シリーズ。12月26日に、Netflixオリジナルとしてそのスピン...
先日、NTTドコモがLTEの1.5倍のスピードとなる「PREMIUM 4G」が3月末から開始することを発表したばかり。そんな中、早くも更に高速を行く「5G...
アメリカのフィラデルフィアで、「現金お断り」のお店が禁止される条例が可決されました。背景には、クレジットカードや銀行口座を持っていない貧困層に対する配慮が...
私は数十年におよぶビジネス研修業を通して、57万人ものビジネスパーソンと出会う機会に恵まれ、意欲みなぎる社会人1年生から少しお疲れ気味の管理職まで、さまざ...
遠くから見ると自転車だが、どうやらペダルは漕いでいない。では、自動で走る電動スクーターなのか?といえばそれも違う。ドライバーはその乗り物の上を"歩いている...
ブラジルで、障がい者用スペースに駐車したマナー違反者を制裁するドッキリが仕掛けられました。その凝った仕掛けが、世界中で話題を呼んでいます。仕掛けたのは「C...
電動モビリティのスタートアップ「KINTONE」は、公道を走れる電動自転車「Kintone X」を発表。ペダルを漕がずに完全自動で走行でき、公道の走行も可...
2月14日のバレンタインデー。カナダのバンフ国立公園にあるスキー場では、リフトにパートナーのいないスキーヤーが男女ペアで乗るスピードデート企画を実施。
6月19日、ラスベガス市が駐車違反の反則金を支払う代わりに、学校への文房具の寄付をしてもいいと認めました。
6月26日、アメリカ合衆国最高裁判所が、同性婚の権利を正式に認めた。今後全ての州で同棲婚が認められ、結婚で得られる税控除などの権利を所有できるようになる。...
2016年2月1日。「WHO」は、温暖地域を中心に拡がるジカウイルスが、米国で確認された小頭症やギラン・バレー症候群の発症例に強く関連しているとして、緊急...
世界各国で活躍しているフォトグラファーのJason D.Pageさんは、10年以上前からこのライトアートの虜。この魅力をもっと世に伝えるべく、夜空に落書き...
芸術作品をスマホをかざすだけで、その作品の説明や作者の生い立ちが表示される美術ガイドアプリ『Smartify』。AR技術により生み出されたので、パシャっと...
サンフランシスコ市は、市内にある全ての飲食店で「プラスチック製ストロー」の提供を禁じる。プラごみの海洋流出をはじめとした環境問題対策として、すでに7月1日...
東京大学の石川・渡辺研究室が、絶対人間に負けないじゃんけんマシーンを開発しました。0.001秒で相手の手を読み取る!このじゃんけんマシーンが勝率100%を...
話し上手な人が、必ずといっていいほど実践していることや、特徴についてまとめました。とにかく話上手になりたいというあなたに向けて、最低限おさえておきたい項目...
先般、機密解除となりWEBサイトで自由に閲覧可能となった、CIAのあるマニュアルが話題を呼んでいる。敵国に潜入したスパイが、組織の機能を内部から弱体化させ...
「娘が学校のアンケートにこんなことを書いているんだけど、叱るべきなのか、ごほうびにアイスを買ってあげるべきなのか分からない…」そんなお父さんのコメントに添...
インドの企業、Ather社が開発を進めているのは、スマホと同じくらいの時間で充電ができ、一度におよそ60kmの距離を走ることができる電動スクーターだ。しか...