君の名前で僕を呼んで

『君の名前で僕を呼んで』、2018年4月27日(金)より全国ロードショーです。
ある研究によると「名前は顔を形作る」そうです。可愛い子を育てたいなら愛おしくなる名前を付けるとイイのかもしれません。一体、なぜこんなことが起きるのでしょう...
私たちは、幼い頃に両親から教えてもらったことを、どのくらい覚えているでしょうか。大人になったいま、ふと思い返してみると、何気ない些細なひと言や、口うるさく...
すこし、胸がきゅっとなる瞬間です。
映画を観た人なら、たしかにこの親和性の高さが分かるはず。しかも、ただ見るだけでなく、参加できるのもポイント。『君の名は。』とプロジェクションマッピングのコ...
もし、子どもが作った作品が名前のない状態で展示されていたら、親は気づいてあげられるでしょうか?また、その結果に子どもはどう反応するのでしょうか?ここで紹介...
あなたの名前には、「くさかんむり」や「きへん」が入ってはいませんか?また、「田」や「川」などの“自然”を表す漢字は含まれていませんか?該当するあなたは、ち...
年上彼氏の呼び方で困っている人もいますよね。いつまでも名字に「さん」付けをして呼ぶのも味気ないけれど、かといって、いきなり下の名前を呼び捨てするのも躊躇し...
18世紀のイギリスで、著名な教養人の一人と称され、大使、閣僚としても活躍したフィリップ・チェスターフィールド卿。一人の男性として、そして、父親として、最愛...
タイミングを一度逃してしまうと、もう二度目はないかもしれない。男性ライターのShaun Brownさんが「Elite Daily」で記すのは、タイミングを...
読み方が分かりづらくて質問されたり、電話では何度も聞き返される。珍しい個性的な名前ってこういうこと。いろいろ面倒もつきまとうのだけど、一方で「強く賢い女性...
岐阜県関市の山あいに、カメラ愛好家が注目する“幻の池”があります。わざわざ、遠方からこの地に足を運ぶ観光客が後を絶たない人気の秘密は、根道神社境内の前に広...
ボクは3年前、大手IT企業を休職し、青年海外協力隊としてアフリカのジンバブエに赴任することになった。そのときは「PCインストラクター」という肩書きだった。...
「Your Tango」のShelby Hendersonは、『風と共に去ぬ』から『きみに読む物語』まで、ありとあらゆる名作品から21のプロポーズ台詞をチ...
60年代、NYのポップアート界で盲目の画家として注目されたマヌエル・カミンスキーって知ってるよね?アンリ・マティスに師事し、パブロフ・ピカソに嫉妬された画...
男性はどんなときに結婚に踏み切ろうと思うのでしょうか?プロポーズを決めた男性12人の答えを、『Elite Daily』のRachel Shattoさんがま...
一週間のなかで、きっといちばん憂鬱な水曜日に読んでほしい、クリエイティブディレクター・坂田ミギーの水曜連載コラム。第六回のテーマは「名前の呼び方」です。
食べるたびに、気持ちが「きゅっと」なりそうです。
「大丈夫。明日の朝、ちゃんと起こしてあげる」。
ミシシッピ州では、植物由来の代替肉を「肉」などと表記するのが禁止に。ビヨンド・バーガーの“バーガー”はNG。ヴィーガンホットドックなんていうのもアウトとなる。