自己憐憫

「自己憐憫」とは、いろんなことが上手くいかないときに、ついつい「わたしって何て可哀想なんだろう」と憐れんでしまうこと。経験がありませんか?自己憐憫をしても...
最近何をやってもうまくいかない、マイナス思考がクセになっている、などの悩みがある人はいませんか?永谷研一さんの著書『できたことノート』では、毎日あるメモを...
新しい行動を促す自己啓発記事は数あれど、それらのほとんどは実践するのが難しい印象。たとえ一歩を踏み出せたとしても、継続するのはハードルが高いものです。でも...
人間の皮膚のように、ダメージを負っても自己修復する「飛行機」。そんなにわかには信じ難い技術が発表された。英・ブリストル大学の航空宇宙工学研究チームが開発し...
モチベーションは、どこからともなく心の中にやってきて、見えないところで私たちを動かし、いつのまにかいなくなってしまうもの。人間にとって重要な心理のひとつな...
知り合った当初は気が合い、仲良くなれそうだと思った。なのになぜか離れていってしまった。いくら頭を捻っても原因はわからないけれど、話している途中でどことなく...
『じゃじゃ馬ならし』、『指輪物語』、『眺めのいい部屋』など、世界中で愛され続ける名作たちが、針金でできた手足を一生懸命動かして自己主張をする。内容がわかる...
アーティストのAnn Woodの標本はとてもリアルで美しいけど、なんと紙とハサミで作られています。シンプルな素材からできたとは思えないほど、緻密な作品に圧...
書籍『現役官僚の滞英日記』(PLANETS)の著者である現役官僚の橘宏樹氏が、自身が名門大学で過ごした2年間の滞英経験をもとに、英国社会の"性格"に迫りま...
「自己中」というと、あまりいいイメージではないかもしれません。でも、人生において自分自身をケアすることは、何より大事なこと。世界を旅するライター、Anja...
自分の事、どのくらい好きですか?自信がなかったり生きづらさを感じているなら、それは自己肯定感の低さに原因があるのかも。今記事では自己肯定感が低い人の特徴や...
人間は周囲に認められ、自信を持ってこそ、社会の中で自分らしく生きていける。ところが、つい自分の存在を示そうとして、行きすぎたり、やり方が下手だったりする人...
親孝行って難しい。世代も趣味趣向も違う両親に向けて、何をしていいかわからないというのが、偽らざる世間の気持ちなのでは?  というわけで、本当に親が喜ぶ孝行...
クロスバイクに求められるのは、乗り心地だけでなく、ファッション性も重要な要素。「バイクで自己主張する」はもはや自明の理だけど、愛用の自転車にあれもこれもと...
なんで若者はみんなSelf-Help本(自己啓発本)やビジネス本みたいなダサい本を読んでるのでしょう?紀伊国屋でもブックオフでも、上島珈琲のテーブルでもそ...
偶然出会った本のなかから人生の道しるべになるかもしれない金言・名言を探す旅。今回は 「一流の男」になるための虎の巻(?)をご紹介します。
ウィッグやマスク、球体関節の描かれたストッキングといった全身ドールスーツスタイルで活動する「着ぐるみドールモデル」橋本ルル。完全な人形でもなく、人間でもな...
自分の履歴書を少しでも目を引くためにも、いろんな工夫をすると思いますが、アーティストであるAndy Morrisさんは自分自身のLEGOとそのパッケージを...
限られた条件のなかで自分の魅力を引き出すのは、すごく難しいことです。たとえば、転職活動。どんな経験をし、何を考えて社会人経験を積んできたのかを、履歴書や短...
思いっきり働いたら、おいしいものでお腹を満たして、ゆっくり湯船につかってリラックスしたい。肌に触れるものにもちゃんとこだわって、しっかりこころとからだをケ...