誰からも好かれる人が絶対にやらない「自己チューなこと4つ」

知り合った当初は気が合い、仲良くなれそうだと思った。なのになぜか離れていってしまった。いくら頭を捻っても原因はわからないけれど、話している途中でどことなく温度差が出てきていたのはわかる…。

I Heart Intelligence」のライターDondi Leighさんによれば、嫌われるような喋り方や態度は、気づかぬうちに出てしまっているといいます。確かめるのは恐いけれど、何が原因かを把握できれば改善策をとれるかも。

01.
腹の中で考えているのは
自分のことばかり

あなたが心の中で何かを企んでいるとします。この場合、表面に出していなくても周りは気づいているんです。人の感は侮れないもの。私利私欲で動いていると見透かされてしまいます。だからもし何かを隠して行動した結果、嫌われて距離を置かれても驚くことでもなんでもないのです。

でもこれは簡単に改善できます。人のために行動し、与えることを心がけてみればいいのです。心配しないでください。誰かのための行為はちゃんと伝わるもの。良い行いはいずれ自分に返ってくるでしょう。

02.
上から目線が出てしまっている

自慢をしていると、周りに誰もいなくなってしまうでしょう。なぜかって?それは自分が他の人より勝っているという思いが、言葉の端々や行動に出てしまっているから。そんなのにいつまでも構っていたい人などいないのです。

これを止めるには、人は誰か他の人間と比べて勝っていたり劣っているなんてことはないと認識すること。自分の話を少なくして、人の話にもっと耳を傾けてみるのです。特に自分のことを話している時、自慢してしまっているように感じるなら、まず間違いないでしょう。気づくことが大事です。何を話していいかわからないのであれば、週末はどう過ごしたか、今日の調子はどうかと、聞いてみればいいのです。

03.
話すことは不平不満ばかり

もし不満を言ったことで人が離れていくようなら、ずっと聞いていたくないと思っていたことに気づくべきでしょう。時々だったら良いけれど、話す内容がそれしかないというほど愚痴っているのなら問題です。

成功して幸せな人というのは、それほど不満を言いません。だからこそ幸せでいられて、物事が上手くいくと思うのです。解消するには解決策を見つけること。問題が職場でもプライベートでも、どうにか解消できないかよく見てみて欲しい。他の人はどうしているか聞いてみましょう。

04.
思い上がっていて
注目を集めたがる

自分の話をする時でも、取り繕わず自然体でいて、長くなりすぎなければ良いのです。エゴが入ってしまい、自分はどれほど素晴らしいかというような話を、延々にしていると嫌われます。そんな人は誰も好きにはなれません。

もし聞いている人がそれとなくどこかへ行こうとしていたら、それはあなたが自惚れてしまっているサインでしょう。改善策は他の人にもっと目を向けるということ。今どんなことをしているのかとか、この前の休みはどうだったのかを聞いてみるのです。スポットライトを浴びようとするのではなく、人と何かを共有していけば、周りに人は集まってくるでしょう。

Licensed material used with permission by I Heart Intelligence
猫に好かれる人でいたいのに嫌われる人というのは、意外と多いものです。猫に嫌われる人の性格や言動にはある特徴も見受けられます。しかしそれにこだわらないことも...
同じような態度で子供と接していても、人によっては子供に好かれる人または嫌われる人と、極端な違いを見せる場合があります。しかし両者の間には、ある特徴が隠され...
何か特別なことをしていないにも関わらず、なぜか人から好かれる人がいる。それはなぜだろう?「Inc.」の人気ライターJeff Haden氏によると、好かれる...
新年度が始まって一ヶ月が経ち、新しい環境にも少しずつ慣れてきた頃じゃないでしょうか。緊張が抜けてくる時期だからこそ紹介したいのが「Inc.」の人気ライター...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
モデルの鈴木えみさんのほか、「幸也飯」で話題になった料理研究家・寺井幸也さんのケータリングや、生演奏も。
周囲から決して嫌われてはないのは確か、でも多くの人から理解してもらっていると思えない…。このように感じている人は、あまりに強い個性をもっているからかもしれ...
『やらなくてはいけないことリスト』を作っている人は多いでしょう。でも実は『やりたくないこと』が大切。何がやりたくないのか自分自身が知らないから。あなたの夢...
世の中にはなぜかお金に好かれる人とお金に嫌われる人がいます。一見すると同じような人なのに、いつの間にか所得に差が出ているということもあります。一体どこがど...
「優しい人になりたい」と思うことは至って自然なこと。でも、ただの“いい人”で終わってしまわないかと、少なからず抵抗をもつ人もいるかもしれない。そのようなネ...
「カランダッシュ」は、エスプレッソマシンメーカー「ネスプレッソ」の「セカンドライフプロジェクト」のパートナーとして、「849 カランダッシュ+ネスプレッソ...
人間関係でよく言われるのは、動物にも好かれる人にはいい人が多いということです。実際に自分の周りを見回しても、動物に好かれる人とそうでない人がいるものです。...
たちが悪い人が周りにいるとしたら、たいていの人はどうしたらよいか悩んでしまうものです。たちが悪い人に共通する特徴を知ることで、どう対処すべきかを考えるきっ...
周りを引き込む、自然と好かれる人がいると思います。こういう人たちはなぜに好かれるのか、そしてどんなことをしているのでしょう。そこには、11つの共通点があり...
「ナルシスト」という言葉をよくネガティブに扱われます。自己中心的だったり、鏡をずっと見ていたり、自分の外見を気にしてばっかりだったり。そこで、The Sc...
この4種類をデスクに常備しています。
「自己憐憫」とは、いろんなことが上手くいかないときに、ついつい「わたしって何て可哀想なんだろう」と憐れんでしまうこと。経験がありませんか?自己憐憫をしても...
性格は人それぞれですが、いつの時代でも万人に好かれるのはやはり温厚な性格の持ち主です。しかし「温厚な人」と一口に言っても様々な特徴があり千差万別です。ここ...
負けず嫌いな性格の人は、それを表に出す・出さないに関わらず、周囲の人に対して競争心を持っている。これは想像に難くありませんね。ここでまとめているのは、そん...
地位が高いわけでもなく、経験や知識があるわけでもないのに、自分で勘違いして他者への優位を示そうとする人がいます。つまりは「上から目線」ということですが、そ...
一人っ子と聞いたときに、あなたはどんな性格を想像するでしょうか? しっかりしているという反面、ちょっとわがままでマイペースだな、と思ってしまう部分もあるか...
一番上、真ん中、一番下。生まれた順によって、確かに性格は違うと述べるのは、心理療法士のRubin先生。そこから見える親との関係も書かれているので、兄弟がい...
自分は外向的なのか、それとも内向的なのか、誰もが一度は考えたことがあるのではないでしょうか。でもどちらのカテゴリーにもはっきりと当てはまらない人も少なくな...
本当のことを言えば、心が狭い人と一緒にいてもメリットなんてないから、できるだけ付き合いたくない。でも、なかなかそうもいかないわけで…。どうしたら「適当なお...