自己犠牲

【起業家のジレンマといえば】友人との関係、会社を大きくしていくこと、家族と過ごす時間、日々の運動、十分な睡眠。選べるのは3つだけ。これは、マーク・ザッカー...
「パートナーのため」と思ってしていることが、じつは想像以上にあなたの首を締めてしまっているかも…?だって「犠牲」と「妥協」のちがいは、恋愛にどっぷりハマっ...
「自己憐憫」とは、いろんなことが上手くいかないときに、ついつい「わたしって何て可哀想なんだろう」と憐れんでしまうこと。経験がありませんか?自己憐憫をしても...
最近何をやってもうまくいかない、マイナス思考がクセになっている、などの悩みがある人はいませんか?永谷研一さんの著書『できたことノート』では、毎日あるメモを...
新しい行動を促す自己啓発記事は数あれど、それらのほとんどは実践するのが難しい印象。たとえ一歩を踏み出せたとしても、継続するのはハードルが高いものです。でも...
懐が深い人がそばにいるだけで、自然と周りの人もやさしい気持ちになれるから不思議ですよね。そんなふうになりたいと思っている方に向けて、懐が深い人に共通してみ...
人間の皮膚のように、ダメージを負っても自己修復する「飛行機」。そんなにわかには信じ難い技術が発表された。英・ブリストル大学の航空宇宙工学研究チームが開発し...
仕事にはフルコミットする、でも結婚や出産といったプライベートは犠牲にしない。そんな理想的な生き方を実践している女性たちに共通するのが「しなやかさ」というキ...
知り合った当初は気が合い、仲良くなれそうだと思った。なのになぜか離れていってしまった。いくら頭を捻っても原因はわからないけれど、話している途中でどことなく...
モチベーションは、どこからともなく心の中にやってきて、見えないところで私たちを動かし、いつのまにかいなくなってしまうもの。人間にとって重要な心理のひとつな...
『じゃじゃ馬ならし』、『指輪物語』、『眺めのいい部屋』など、世界中で愛され続ける名作たちが、針金でできた手足を一生懸命動かして自己主張をする。内容がわかる...
「Apple」が新たに申請した特許技術は、なんと「スクリーンの自然治癒機能」。Appleは長年にわって「折りたたみ式iPhone」の開発を続けているとされ...
書籍『現役官僚の滞英日記』(PLANETS)の著者である現役官僚の橘宏樹氏が、自身が名門大学で過ごした2年間の滞英経験をもとに、英国社会の"性格"に迫りま...
アーティストのAnn Woodの標本はとてもリアルで美しいけど、なんと紙とハサミで作られています。シンプルな素材からできたとは思えないほど、緻密な作品に圧...
米百貨店チェーン「ノードストローム」が、2021年末までに毛皮製品に加え、ワニやヘビといった家畜以外の動物(エキゾチックアニマル)の皮革製品の発売を中止す...
生き方や死について。ときには、人種について。ラップに自らの思いを乗せ、我々に語りかける人気ラッパーPrince EAさん。今回は「エネルギー」「地球温暖化...
「自己中」というと、あまりいいイメージではないかもしれません。でも、人生において自分自身をケアすることは、何より大事なこと。世界を旅するライター、Anja...
人間は周囲に認められ、自信を持ってこそ、社会の中で自分らしく生きていける。ところが、つい自分の存在を示そうとして、行きすぎたり、やり方が下手だったりする人...
腸の健康に関する実態調査「うんち白書2020」によると、観便をする人のほうが自己肯定感が高くなる可能性があるという。
自分の事、どのくらい好きですか?自信がなかったり生きづらさを感じているなら、それは自己肯定感の低さに原因があるのかも。今記事では自己肯定感が低い人の特徴や...