with コロナ

ロボットベンチャーが作ったスマホと繋がるマスク「C-FACE」は、10m先の相手ともアプリを通じてコミュニケーションがとれる。ほかにも議事録作成や他国語へ...
ミラノのデザイン会社「DesignLibero」が設計した同アイテムは、どこでも他者との接触や飛沫感染の危険性を抑制してくれる持ち運び可能なスクリーン。
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」が「コロナ禍での借りて住みたい街ランキング」を発表。
「経済的な洗えるマスク」「高性能な次世代マスク」「ファッショナブルなデザインマスク」などwithコロナ時代に持っておきたい多様なマスクをまとめて紹介。
「デジタル時差ボケ」とは、デジタルデバイスの使い過ぎによるブルーライトの悪影響で、睡眠のリズムが乱れて身体が常に“昼夜逆転状態”に陥ること。メガネブランド...
「リーボック」が、今月上旬にフェイスカバー着用時でも安全に人々がフィットネスや運動を楽しめるガイドラインを発表。
バーを救うため「Heineken(ハイネケン)」が打ち出したキャンペーン「Back to the Bars」の動画には、感染防止対策を遵守する人々がお酒を...
6月初旬、ニューヨーク市のデブラシオ市長は、路上や駐車場のスペースを活用しての飲食店の営業を許可する旨のイニシアチブを発表した。with/afterコロナ...
「Die With Me」は、あなたのスマホのバッテリー残量が5%以下になって、はじめて使えるメッセンジャーアプリです。
家庭用ジャンプエクササイズグッズ「シェイプキューブ」が、主婦層を中心に予約殺到中。リビングにおいても違和感のないデザインと、騒音やフローリングへの傷対策も...
利用者個人の感染症対策はもちろんだが、やはり施設側の対策も気になるところ。
4月15日、デーティングアプリ「Dine(ダイン)」はオンラインデート機能「オンラインレストランDine」をリリースした。このオンラインレストランではフー...
新型コロナウイルスの流行によって注目されている考え方「ソーシャルバブル」です。Withコロナが当たり前になっていくこれからの時代、ソーシャルバブルはスタン...
日本でコロナが流行り始めた時期、トイレットペーパーの買い占めやマスクの入手困難などのニュースが、連日報道されていました。では、海外はどうだったんでしょうか...
個性あふれるレストランやカフェ、ショップなど全14店舗が並ぶ、魅力的な路面店空間「WITH HARAJUKU(ウィズ原宿)」が4月25日、東京・原宿駅前に...
「CAMP FIRE」にて支援募集中の持ち運び可能なモニター「TRIO」なら、手持ちのノートPCがトリプルディスプレイ化。テレワークでも生産性MAXで作業...
8月下旬にコロナビール主催のスペシャルイベントにご招待いただきました。
コロナ渦の中で生まれた、新しい言葉をご存知ですか?いつの時代でも新しい言葉は生まれるもの。今回はコロナがきっかけで広がったソーシャルディスタンス、ソーシャ...
「ICONSPEAK」は、39のアイコンがプリントされているのが特徴だ。言葉の通じない場所でもコミュニケーションを取れるようにするために開発されたから、コ...
新型コロナウイルスと戦う医療従事者たちへの支援として、ロンドンの大手ブルワリー「CAMDENTOWN BREWERY」がオリジナルビールを「ヒーローのため...