インテリアブランドが本気でデザインした、お洒落すぎる「ウォーターサーバー」

最近、一般家庭にも普及しつつあるウォーターサーバー。その利便性から、導入を考えている人も多いと思いますが、ひとつ問題が。

それは・・・ 「いろんな会社があるけれど、どれがいいの?」

そう、各社とも似たようなルックス&機能なんです。いざ選ぶとなると決定打にかけるというのが正直なところ。もっとオシャレで、便利で、価格もこなれたモノがないか探してみると・・・ありました! 商品名は『cado×CLYTIAウォーターサーバー』。
ミネラルウォーターの宅配サービスを手掛ける「ウォーターダイレクト」とデザイン性の高さで評判の家電メーカー「cado」が共同開発したモデルです。 コレ、めちゃくちゃオシャレで、便利で、そして、1日あたりの価格もこなれてます。

メリット①
これなら部屋に置きたい!
オシャレなデザイン

言うまでもなく、ウォーターサーバーもインテリアの一部。なのに、世の中のそれは悪い意味で、いかにもウォーターサーバー然とした没個性なモノばかり。そんな中、『cado×CLYTIAウォーターサーバー』は、デザイン家電で人気のcadoとのコラボだけに、見た目にもオシャレ。例えば、来客時にも“見せたい”と思わせる外観です。
カラー展開もホワイト、ブラック、ボルドーと豊富です♪

メリット②
富士山に阿蘇に金城も・・・
採水地を選べて、1日約200円(※1)

本体がイケてるっていうのも大事ですが、ウォーターサーバーを使うときにもっとも気になるのが、水の品質とお値段。その点でも『cado×CLYTIAウォーターサーバー』は抜かりありません!
宅配サービスを手掛けるウォーターダイレクトは、天然水のなかでも採水地にこだわったブランド。なんと富士山のお水、阿蘇のお水、金城のお水と全国にその名を轟かせる名水から、届けてもらう水を選べるシステムを採用しています。
気になるお値段も、「ずっとクリティアプラン」の場合、2本(1本12ℓ)あたり3,132円(税込)と、かなりオトク。たとえば、下記の図のように電気代を含めても1日換算するとたったの約200円(※1)でOK。 1日約200円なら負担になるどころか、ペットボトルのミネラルウォーターを何本も購入するよりも、ずっと家計にやさしそうですね。

メリット③
温度、衛生面など、
新たな機能も盛り沢山!

ウォーターサーバー自体の機能もかなりのスグレモノ。「再加熱機能」を使えば温水の温度を90℃前後まで上げられ、「弱冷水モード」では、15℃前後のちょうど飲みやすいお水が出てきます。また、温水タンクのお湯を循環させて、タンク内を熱殺菌する「加熱クリーンシステム」や光センサーで部屋が暗くなると温水タンクの電源がオフになる「エコモード」など、気の利いた機能が盛り沢山。
お洒落なだけじゃないのが、『cado×CLYTIAウォーターサーバー』のスゴいところなんです。

メリット④
これなら楽チン♪
ボトルセットは下からでOK

ウォーターサーバーを使用していると、意外に面倒なのが、ボトルの設置。重〜い水のボトルをサーバーの上にセットするのは、とくに女性や高齢者にとっては至難の技ですが、『cado×CLYTIAウォーターサーバー』は、ボトルを上部ではなく、下部にセットするスタイル。これなら誰でも楽々とボトルの取り替えが可能です。

メリット⑤
小さな子どもがいても安心
チャイルドロックもアリ water004

さらに、小さな子どもにまで配慮している点にも注目。本体の背面にあるチャイルドロックをオンにすれば、熱湯が出ないようになるので、小さな子どもがいる家庭でも安心。そもそも出水ボタンまでの高さは約95cm。これは子どもの視野に入りにくく、手も届きにくい高さを計算して、設計されたものになっているんです♪ btn_water_150423_14

Sponsored by 株式会社ウォーターダイレクト

たとえキッチンに置く計量器ひとつでも、デザインに妥協したくない人にはもってこい。
あえて、「虫食い穴」を楽しみたい。
冷蔵庫を開けると、音楽が流れてくる...!?
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
サーバーの排熱で家を暖めるサービスを提供するオランダ企業Nerdalize。これだけだとちょっと分かりにくいかもしれませんが、とってもメリットの大きいプロ...
グッドデザイン賞2017を受賞した「さがデザイン」という取り組みを、同取り組みの一貫であるオンラインポストカードをとっかかりとして紹介する。「さがデザイン...
誰でも手軽に「漬物作り」を楽しめるようにーー。そんな思いが込められた、現代のライフスタイルに溶け込む新しい漬物瓶「Picklestone」が話題になってい...
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
料理という、さっきまでここに無かったものを自分の手で創りあげる行為そのものが、魔法のようであり、素晴らしくクリエイティブなのだと少しでも感じられれば、これ...
日々、改善されているWEBサイトのデザイン。そんな変遷を閲覧できるWEBサイト「Web Design Museum」の紹介です。
「Emmy Kasbit」は、ナイジェリアの紳士服ブランド。創設者Okoro Emmanuelは、インスピレーションを70年代に父親が着ていた洋服から得て...
効果、効能がどうこうでなく、シンプルに「デザイン」に惹かれました。NY発の美容ブランド「Herb Essentials」です。
ポップなのにシンプル、そしてスタイリッシュな面構えの冷蔵庫は、スロベニアの家電メーカーgorenje社がフォルクスワーゲン(以下VW)社とコラボレーション...
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
照明にとって最も重要なのは光る部分かも。そこがデザインされてないのはもったいない。D-DIGN Lightシリーズは、そんなコンセプトから誕生しました。
無人運転を想定した、ブダペスト地下鉄1号線用の新車両デザインです。
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
何気ない街の風景を切り取ったデザインが、なんだか愛おしい。
レインボー・ネイション(七色の国民)の冷蔵庫は、なないろだった。
いまだかつて、こんなにもネコ想いのインテリアがあったでしょうか?開発者の溢れんばかりの“ネコ愛”が伝わってくる、おしゃれなデスクです。これでもう、机の上が...