栗城史多氏に「夢」を宣言し、エールを送ってもらおう!エベレスト挑戦記念イベントの参加者募集中

2012年の秋に、エベレスト西稜に挑戦した際に凍傷で指を9本失ったものの、2014年に単独・無酸素でブロードピーク登頂を成し遂げ、見事復帰を果たした登山家の栗城史多氏。

多くの苦難を乗り越え、今年の9月に再びエベレストにチャレンジされました。私たちが栗城氏から学ぶべきなのは「夢を持ち、諦めないことの大切さ」。何があっても歩みを止めない栗城氏のチャレンジ精神は、夢や希望、そして挑戦することの偉大さを私たちに教えてくれました。

今回栗城氏の挑戦をたたえ、あなたの夢について栗城氏と直接語り合うイベントを開催します。

「挑戦する全ての人を応援する」をコンセプトに挑戦し続ける栗城氏をサポートするアメリカン・エキスプレスと、同じく栗城氏を応援するTABI LABO、そして栗城氏本人という「応援」というキーワードで結ばれた3者が、熱い想いで共感し、実現しました!

栗城氏はまたひとつ大きな一歩を踏み出して帰ってこられましたが、あなたの夢への一歩は何ですか?たとえ、今は無くても大丈夫。挑戦者を応援する『栗城氏 × アメリカン・エキスプレス × TABI LABO』によるこのイベントに参加すれば、あなたもきっと一歩を踏み出す何かを見つけられるはず。

ぜひ、自分の夢を声に出すところから一緒にはじめてみませんか?

Sponsored by American Express International, Inc.
【NEXT ONE STEP】
声に出してみよう、
次の一歩を踏み出してみよう。
with 栗城史多 × アメリカン・エキスプレス × TABI LABO

日時:2015年10月28日(水)19:00〜22:00
場所:HOTEL EMANON(東京都渋谷区南平台7-1)
参加費:1,500円(軽食・ソフトドリンクつき)
定員:55名

※応募多数の場合は募集人数を増やす場合がございます。
※参加費の支払いはカードもしくは現金にてイベント当日の精算となります。

※ドリンクおよび軽食はHotel EMANONより提供します。
※参加時には、ワークショップの関係上、Twitterのアカウントをご用意いただきます。

プログラム
19:00〜19:30 | 受付開始
19:30〜20:15 |Talk Session
20:15〜20:30 |休憩
20:30〜21:30 |Work Shop Session
21:30〜22:00 |栗城さんと共に参加者全員で集合写真撮影

■第一部 Talk Session

エベレストから帰国されたばかりの栗城氏に、今回の挑戦について、そして夢を持ち行動をし続けることの大切さについて、お話いただきます。栗城氏の挑戦を応援するアメリカン・エキスプレスとTABI LABOも加わってのトークセッションを聞きながら、自分のとっての夢への一歩とは何か、皆さんもぜひ考えてみてください。

■第二部 Work Shop Session

参加者全員で行うワークショップのテーマは「NEXT ONE STEP」。参加者一人ひとりが「自分の夢への第一歩」を宣言し、その夢にグッと近づくきっかけを創りましょう!参加者同士の交流を楽しんでください。会話の中でヒントが見つけられるかもしれません。そして、栗城氏が会場を回るので、ぜひ自分の夢について語ってみてください。背中をそっと押してくれるような言葉をかけてもらえるかも!?

※当選者の方には1週間以内にご連絡させていただきます。
※当日、写真・映像撮影が入ります。参加者の皆様の映り込む可能性がございますが、ご了承ください。
※貴重品・手荷物は参加者各自で管理してください。
※当選者のみご参加いただけます。
※ドレスコードは特にございません。

栗城 史多
1982年6月9日、北海道生まれ。大学3年生の時に単独で北米最高峰マッキンリー6,194mを登る。その後、6大陸の最高峰を登頂。2008年からエベレストの生中継登山「冒険の共有」に向けた配信プロジェクトをスタート。2009年にはダウラギリ(8,167m)の6,500m地点からのインターネット中継と登頂に成功。エベレストには気象条件の厳しい秋季に4度挑戦。酸素ボンベを使用せず、ベースキャンプから一人で登る単独・無酸素登山をスタイルとしている。2012年秋のエベレスト西稜で両手・両足・鼻が凍傷になり、手の指9本を失うも、2014年7月にはブロードピーク(8,047m)に単独・無酸素で登頂し、見事復帰を果たした。
アメリカン・エキスプレス
アメリカン・エキスプレスは挑戦する全ての人を応援します。

※受付は終了いたしました。

Sponsored by American Express International, Inc.

2012年秋、重度の凍傷により手の指9本を失いながら、その後も世界の山々の登頂に果敢に挑み続ける登山家・栗城史多さん。今秋、再び単独、無酸素でのエベレスト...
2015年8月23日、ネパール政府は日本人登山家「栗城史多」氏にエベレストへの登山許可証を発行した。同年4月に発生しおよそ9,000人の死者を出したネパー...
2015年4月に起こったネパール大震災。これにより世界最高峰エベレストでは大きな雪崩が発生。日本人男性を含む20人近くの死者を出した。そのエベレストに地震...
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
お土産としてもおなじみ「油みそ」は、ウチナーンチュの常備菜として愛される家庭の味。これを自宅でかんたんに再現したレシピをどうぞ。
2015年10月7日22時30分(日本時間)。登山家の栗城史多氏がエベレスト登頂へと向け2度目のアタックを開始した。同氏は9月20日にベースキャンプを出発...
自分の道を極める2人の探求者が、自由な発想で語り合うスペシャル対談。登場するのは、世界の山々の登頂に、果敢に挑戦しつづける登山家栗城史多氏と世界の最高峰に...
異なる道を極める2人の探求者が、自由な発想で語り合う――世界最高峰の山々の登頂に、果敢に挑戦しつづける登山家栗城史多氏と独自の切り口で「脳」の新たな世界へ...
登山家・栗城史多さんは、自身の登山を生中継することで知られている。その根底にあるのは「冒険の共有」。栗城さんは自分がチャレンジするだけでなく、その姿を見た...
栗城史多氏。単独・無酸素登山というスタイルで、エベレストに4度もアタックをしている登山家。そして、テレビやYouTubeといったメディアを通して、自らのチ...
サイズは23.5センチ、色はホワイトシルバー。一足いかが?
冒険家でも、登山のエキスパートでもない。フツーの男のエベレスト日記動画。
山に詳しいわけではないけれど、感動した!と話題になった山岳ヒューマン・ドキュメンタリー映画『MERU/メルー』。ここ日本でも、大晦日から全国ロードショーが...
僕は今、世界でたった1人の「ラグビー登山家」として活動している。しかし、つい数ヶ月前までは「システムエンジニア」という、日本に数十万人いるであろう肩書きを...
8月11日、山の日。これから山へ登りにいく人も多いかと思います。そこで、ラグビー登山家として活動する私ならでは、登山におけるアドバイスをさせてください。ネ...
それは、ちょうど「山の日」(2017年8月11日)の出来事だった。友人たちからの連絡が嵐のように携帯に届く。「ちゃんと生きてるか?」「どこにいるんだ?」「...
世界一高い山、エベレストで挙式をしたい──。そんな妄想を抱いた冒険好きのカップルは、星の数ほどいたかもしれない。でも、現実的に考えれば二の足を踏まざるを得...
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
2010年、夏。自転車でヨーロッパを旅していて、ちょうど1ヶ月が過ぎた頃だった。美しいブドウ畑を眺めながら、ぼくは南フランスの田舎道を気持ちよく走っていた...
夢を思い描くことは大切なこと。もちろんそればかりじゃいけないとわかってはいます。では、頭の中にある理想を実現するために一体何が必要なのでしょう?そのヒント...
「今日は○○へ行きます。旅の話をしますので、よろしければ何か食べさせてください or 一晩泊めてください」とTwitterでつぶやいては反応を待ち、声をか...
少し前の話になりますが、「自分史フェスティバル 2017スペシャルイベント」に参加してきました。自分史とは、自分の生き方を記した書物やメディアのこと。それ...
どれだけ頑張っても内容を思い出せない「夢」。結構モヤモヤしますよね。でも、夢を記憶に定着させる方法があるみたいですよ。
フォトグラファーIwona Pinkowiczさんのプロジェクト「Chasing Dreams」は、ロンドンの街角で知り合った人々の夢を伝えるもの。そこに...