駅から徒歩1分!都市型BBQスポット「LOVE KINGDOM」って?

まだまだ夏、真っ盛りです。どこか遊びに出かけましたか?
旅行に帰省にと、もう十分エンジョイしたよ、という人も、休みなんてほとんどとれてない(泣)という人も、都内でサクッと遊べるところなら、行ってみるのもアリかも!?
というわけで、夏が終わらないうちにおすすめしたい、アクセス良好のレジャースポットを紹介しましょう。

01.
遊園地、サーカス、おとぎの国!?
いいえ、ここはバーベキュー 場

なにやらファンタジックなこの写真。どこだと思いますか?遊園地、サーカス会場、それとも、おとぎの国?いえいえ、違います。実はここ、東京・豊洲のアウトドアパーク「WILDMAGIC(ワイルドマジック)」内にある、バーベキュー場をメインとした施設「LOVE KINGDOM(ラブキングダム)」です。そう、今年夏にオープンしたばかりのスポットとして注目を集めています。
見ての通り、フォトジェニックな雰囲気だから、写真撮影にも向いています。撮った写真をSNSにアップするのもいいですね。セルフィーだってばっちり!?

02.
駅から徒歩1分。
都会の真ん中にいながら
手ぶらでバーベキュー!?

shutterstock_224140573

バーベキューといえば、キャンプ場やビーチといった場所にわざわざ遠出するのが一般的。でも、「LOVE KINGDOM」はひと味違います。なんと、ゆりかもめ新豊洲駅から徒歩わずか1分とアクセス抜群!都会の真ん中で楽しめちゃうのがウリです。夜になると対岸に見える夜の夜景もとってもきれい。バーベキュー場でこのロケーションって、他にはなかなかない!?
駅近だから、みんなを誘いやすいのもココのメリットです。友達グループ、女子会、会社の仲間とはもちろん、子連れのファミリーだって、負担が少なくて安心ですね。

03.
まるで海外ドラマのよう!?
おしゃれな機材&
食材がセットに

とはいえ、バーベキューって何かと準備が面倒。機材を持ち込むにも人手が必要だし、食材の買い出しだって荷物が重い…と、何かとハードルが高いもの。でも、「LOVE KINGDOM」ならその心配はありません。なぜなら、機材のレンタル&食材がついた楽チンなプランがあるからです!
今なら大人4500円、子供2250円(各税込み)のキャンペーン価格で遊べちゃいます(9月末まで)。気になるその内容はというと、特製ダレでいただく、国産牛・豚・鶏の3種(!)のお肉、バーベキュー気分も上がる野菜の串刺し。さらに、デザート付きと至れり尽くせり。そして、オリジナルフローズンカクテル、かき氷の販売もあるから、夏の気分も上がります。大人数には特にうれしい、ビールサーバーの貸し出しだってありますよ。
ちなみにグリルはアメリカで大人気のウェーバー社製と、機材までおしゃれ♪いわゆる一般的なバーベキューグッズと違ってスタイリッシュだから、海外の映画やドラマで見たことのあるようなスタイルがココで体験できちゃう!?

04.
夜はなんと22時まで
平日の会社帰りに行けるのも◎

仕事終わりのプライベートは、居酒屋やレストランじゃなく、バーベキューって選択もアリ!?
「LOVE KINGDOM」のバーベキュー場は、昼(10時〜15時)、夜(17時〜22時)の2部制。夜22時までと遅くまで営業しているので、平日の会社帰りにだって遊べます。こんなにおしゃれな空間だから、ビジネススーツやパーティーウェアだってなんら違和感はないでしょう。
しかも、完全予約制だから、混雑していて場所が確保できなかった…なんてことはありません。ちなみに、1サイト4〜10名で利用できます。

05.
パーティー、ウェディング、
イベントにだって使える!

「LOVE KINGDOM」は、バーベキューが楽しい!ってだけじゃありません。敷地内では、ウェティングやパーティーができたり、撮影スペースがある以外に、各種イベントにも対応してくれます。いま流行りのアウトドアウェディングだって、ここでなら叶えられますよ。
ちなみに、小規模なパーティーから最大200名(立食)を収容できるイベントも開けるので、披露宴や二次会を開くことだって可能です。2駅利用可なので、参列者にも喜ばれそう。この情報、いつか幹事をやるときのために、覚えておいて損はない!?

最後にもうひとつ、メリットを付け加えると、ハンドルキーパーがいらないってこと。悪いなって思いながらお酒を飲むのって、お互いに気を遣うものですよね…
さあ、思い立ったら今のうちです。夏が終わらないうちに、申し込みを急ぎましょう!

btn_wild_150811

Sponsored by SOULPLANET

BBQって、夏場に外でワイワイ肉や野菜を焼くことだと思ってませんか? 茨城県つくば市にある「BAR-KIN(バーキン)」の店長・河合さん曰く、あれはただの...
BBQといえばお肉やソーセージがメインになりがち。炭火で食べるお肉も美味しいですが、ここであえてのシーフードバーガーはどうでしょう。ちょっと飽きてしまった...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
ひと昔前までは、「男性も育児を!」などと言われていたけれど、今では日常の一部として目にするようになりました。それは、他国でもおんなじこと。今日は父の日。ア...
30℃を超えるような暑さでも、やっぱり太陽の下で思いっきりBBQを楽しみたい。そこで、いつもとひと味違う串焼き料理「スブラキ」なんていかがでしょう。
1回こっきり使い捨てBBQコンロ「CasusGrill」。網もグリルも炭も、必要なものはすべて揃って、終わった後もこのままゴミとして捨てられる。しかも、こ...
アウトドアといえば、自然の空気と一緒に楽しむBBQが醍醐味。でも、道具の準備などを考えるとちょっと手間。三重県にある「伊勢志摩エバーグレイズ」では、広々と...
年に数回のために収納庫からグリルを出し入れしたり、準備や後片付けのことまで考えると、決してラクではない。もし、片手でひょいっと持ち運べるBBQグリルがあっ...
直火で豪快に焼くのが楽しいBBQ。せっかくだからお酒もひとひねりして、直火を使うっていうのはいかがでしょう?BBQにぴったりの、自家製カクテルをご紹介。お...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
BBQをただ焼くだけでは芸がない。でも、凝った料理は難しい…。というような場面で活躍必至の一品を紹介します。用意するのはベーコンと玉ねぎだけ。本場アメリカ...
非日常的な空間で、ホンモノのバーベキューが楽しめる「REALBBQ PARK(リアルバーベキューパーク)」は、2時間半、1組限定の完全予約制。そう聞いただ...
キャンプ場や指定の河原、公園に行かずと気軽にBBQを楽しみたい。そんなニーズに応えるクッカーがあります。それも環境に配慮したイマドキのもの。なぜなら炭もガ...
紅葉は見に行きたいけど、渋滞にハマるのはイヤですよね。そこで、電車やバスを使って行ける「群馬の紅葉スポット」を紹介したいと思います。「東京駅」から群馬の主...
オーストラリアにある独特なバーベキュー文化を紹介するコラム。独自の要素が詰まっていて面白いものばかり。「トングを渡されたら気をつけろ」など、ライターの個人...
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
「私たちは、皆、仲間たちと素晴らしい夏を過ごしたいと願っています。もう、あなたのカレンダーにも、公園でのピクニック、ビーチパーティー、BBQ、お酒たっぷり...
Meathead Goldwynさんは、世界で最も有名なバーベキューサイト「Amazing Ribs」の編集者で、科学的な観点から調理法などを紹介する『M...
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
アウトドアファニチャーを得意とする〈OUTSIDE IN〉の「ステンレス ファイヤーストーブ」です。キャンピングカーやウハートマーク、ドングリや木の葉のカ...
『INDIGO LABEL DINER』というイベントにお邪魔してきました。このイベントは、ColemanとMonroという二つのブランドが手を組んだ『I...
日本の学校が夏休みに入った頃、アメリカでは3ヶ月の夏休みが後半戦に突入しました。「そんな長い夏休み、どうやって過ごすの?」と思われるでしょうが、アメリカの...