30秒でチェックできる!病気かもしれない「10のサイン」

よく悪い病気には必ず兆候があると言われます。あなたに向けて身体が発する、このSOSに気づくか否かは、大病を未然に防ぐという意味でも大切なこと。
ライターSaso Denkovik氏が危険なサインを「Sprit Science」にまとめました。「自分に限ってそんなこと…」まずは、過信をなくすことから?

warning-sings1150817-02


人間の身体は、注意して扱い、手入れをする必要がある素晴らしいマシンです。身体の隅々にまで注意深く耳を傾け、身体が発信する信号を認識することが非常に重要です。あなたが思っているほど「健康ではない」と身体がサインを出しているの証拠かも。以下に、無視してはならない10の徴候を紹介します。

01.
40歳前なのに
目立つ白髪

白髪は自然現象のひとつで、多くの場合、遺伝子に基づいていると考えられます。しかし、30代で50%以上の頭髪が白髪になっているようなら、それは家系が原因ではなく、糖尿病の徴候である可能性が大いに考えられます。

02.
増えていく
ほくろ

warning-sings150817-03

身体にできるほくろの大半は、良性で無害なものですが、なかには危険なものも含まれています。特に紫外線が原因と思われるものは、危険なサイン。過度な日焼けが引き起こす日光角化症は、強い太陽の日差し、さらには紫外線によって、皮膚ガンの元凶となる変化が肌の上に現れているものと考えられます。

03.
黄色や赤色に注意!
目の色の変化

角膜と共に人間の目の外膜を形成する強膜の色は白が基本。ところが、睡眠不足や寒さが原因となること以外の理由で、白目の部分に色の変化が起こるような際は、身体に危険な変化が起きている可能性があります。
例えば、強膜が黄色をしていると黄疸、肝臓や胆のうに何らかのトラブルを抱えているサインかもしれません。また、強膜が赤色の場合は、高血圧や結膜炎などのウイルス性疾患の徴候が考えられます。

04.
唇のひび割れ

warning-sings150817-04

厄介な唇のひび割れは、温度や気候の変化によって引き起こされます。ところが、唇の端や口内に頻繁に発生するひび割れは、ビタミンBや亜鉛が不足している徴候かもしれません。唇が頻繁にひび割れするようならば、真菌感染症という可能性も考えられます。

05.
首のむくみ

首がむくんで見えることに気がついたならば、できるだけ早く医師の診察を受けるようにしてください。首の前部(つまり顎下)の腫れは、とくに20歳〜50歳の女性は、甲状腺にトラブルを抱えた際に、この首のむくみの症状がよく表れてきます。

06.
眉毛の喪失

warning-sings150817-07

私たちの眉は年齢を重ねるにしたがって、次第に薄くなっていきます。しかし、眉毛の量が突然少なくなるような場合は、甲状腺機能亢進症(パセドウ病)、もしくは甲状腺機能低下症の徴候である可能性があります。なぜなら、これらの疾患を患うと、脱毛を伴う場合があるからです。

07.
手の平の
血色

テカテカとつややかに光るような赤い手のひらは、皮膚炎や湿疹、さらにはアレルギー反応が原因となっている可能性があります。例えば金属アレルギー、食品アレルギー、薬によるアレルギーも考えられます。他にも原因はいくつか考えられ、働き過ぎによる過労や、肝疾患でも同じような症状が見られます。

08.
形、色、厚みなど…
爪の変化

1500817-0034

爪はあなたの健康状態について、じつに多くのことを教えてくれる器官です。その変化の原因も様々。色、形状の変化、厚さなど日々、注意深く自分の指先を観察することをおすすめします。

09.
足先の冷え

人間の身体で、足は心臓から最も遠く離れた場所に位置しています。そのため、血管系の疾患を抱えたときに、最初にその徴候が見られるのが足なのです。例えば、低温やストレスが原因で末端部分が冷えて感覚がなくなるレイノー病。この疾患は、手足の指、鼻、耳などの血管を締め付ける症状を引き起こす、自己免疫疾患です。末端が冷えたり、白くなったり、マヒするようならば要注意!

10.
頬の赤み

warning-sings150817-06

女性に影響を与えるお肌のトラブルや、慢性皮膚病が原因と考えられています。30歳〜55歳の年齢にある女性は、ホルモン変化によって肌荒れが引き起こされますが、酒さ様皮膚炎症(ロザケア)の徴候であることも考えられます。


Licensed material used with permission by Spirit Science

おのろけと言ってしまえばそれまで。だけど、ライターAnjali Sareen Nowakowskiが書き上げたこのチェックリストは、ふたりの相性をはかるう...
日本における乳がんの罹患率は、年々増加傾向にあります。この病にかかる可能性は、実に、16人に1人と言われているほど。もはや、決して他人事とはいえない疾患な...
最新のスマートデバイスと「健康」には深い関係性がある。流行りのウェアラブルと言えば、走った距離や道のりどころか心拍数や消費したカロリーまで管理可能。中には...
体の内側からキンキンに冷やしてくれるデトックスウォーターの紹介です。
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
いまや、愛犬の健康管理すらもスマホで行ってしまえる時代のようです。この「WonderWoof」は、犬の行動を分析しつつ、犬種やサイズ、年齢に合った運動や睡...
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
消化器内視鏡専門医の著者・平島徹朗さんは、生きていくうえで大切にしなければならない「生活習慣」をおそろ坂にしている人が多いことを指摘します。健康への意識が...
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
クラウドファウンディング「Kickstarter」に登場後、わずか半日で目標額を突破し話題をさらった新製品が、この弁当箱。もちろん、ただのそれではありませ...
、生活の場が飲食店という幼少期の実体験から学んだ人生観がおもしろい!飲食店におけるルールなれど、どんな仕事にも通づる大切にすべきことがあります。
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
テレビ番組で特集が組まれるほど注目されている「パクチー」の美容・健康効果。では、具体的にどんな効果があるのでしょうか? 今さら聞けないパクチーの秘密と、そ...
健康のことを考えたとき、一番に始めるたいのが「食生活の改善」。野菜を多めに摂ったり、玄米にしてみたり、なんとなくでも栄養管理をする人も多いはず。しかし、そ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
やめたい、自立したいと思っていてもなかなか抜け出せないのが、「彼氏依存症」。遠距離で会えないから彼氏の気持ちが離れないか心配、とにかく別れが怖い、大好きす...
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
ライターSteven Bancarz氏が、自然がもたらす不思議な力を「Spirit Science and Metaphysics」にまとめています。都会...
「もしかして、これって病気?」なんて時に、適切な判断ができるかどうかは、生死を分ける可能性があります。今回は『モノの見分け方事典』より、病気や体の不調のサ...
一家に一台クルマがあり、電車やバスでどこにでも行ける時代かもしれませんが、こうした効率重視の現代社会が、走る必要のないライフスタイルを作り上げています。理...
普段から運動を行って筋肉量をキープすることができれば、「健康体を維持したまま長生きできる身体コンディション」は整っていきます。糖尿病や認知症といった病気の...
味はもちろんのこと、料理をする際は健康効果も意識したいところです。ここでは春野菜との「食べ合わせ」だけで、健康効果の向上が期待できる組み合わせを紹介しまし...
ここに紹介するのは、あなたの幸せを壊すストレスの兆候。もし当てはまっているのなら、もう無視しないで。ストレスと付き合っていくためには、「何が危険信号なのか...