西海岸でも大流行!オシャレな「シェアカクテル」の作り方

ハロウィン、クリスマス、忘年会…。年末にかけてパーティが多くなるこの季節。今、ホームパーティの本場と言っても過言ではない(?)NYや西海岸では「シェアカクテル」というものがブームだそう。

ここではいち早くその楽しみ方を紹介。「聞いたことない!」という人でもこの記事を読めばシェアカクテルを試してみたくなるはず。

手軽に作れて、見た目も華やか
パーティシーンで大活躍!

パンチボウルやピッチャーにベースのお酒を入れて、フルーツやスパイスをトッピング。そして、それぞれグラスやカップに注いで飲む、というのがシェアカクテルのスタイル。

ワインやウイスキーなどベースとなるお酒はいろいろありますが、ZIMAを使えばとっても簡単に、お洒落なシェアカクテルが作れちゃいます。味がスッキリしているからシロップやリキュール、何を入れてもマッチするし、クリアな無色透明だからフルーツなどのトッピング次第で彩りのアレンジも豊富に。

思わずInstagramに
アップしたくなる!

「私、カクテルしか飲めなくて」「ビールとか、ワインはちょっと苦手」という人でも飲みやすいシェアカクテルは女子会にもオススメ。

さらに、下記で紹介するカットフルーツやアイスキューブを使ったレシピなど、2,3種類のシェアカクテルを用意しておくだけで、いつもの生活スペースもワンランク上のお洒落な空間に大変身。カラフルで写真映えもするし、SNSに投稿すれば「いいね」もたくさんついて、ちょっとセレブリティ気分も味わえたりして♪

■女子会にオススメ♪シェアカクテルレシピ①
「アイスキューブZIMA」
アイスキューブが溶けても美味しい。ジュースみたいで、お酒が苦手な人でもグイグイ飲めちゃう

zima08

【ボウル1杯分】ZIMA…3本、フルーツジュース・かき氷シロップ・リキュールからお好みのフレーバーで作ったアイスキューブ適量(例:メロンシロップ、レモンシロップ、ストロベリーシロップ)

■女子会にオススメ♪シェアカクテルレシピ②
「フルーツZIMA」
キウイやオレンジなどカットフルーツを入れるだけ。手間いらずで超簡単

【ボウル1杯分】ZIMA…3本、フルーツ:お好みで(例:キウイフルーツ:1個、オレンジ:1/2個、パイナップル:適量)

雰囲気がグンと盛り上がる
アイテムはコレ

さて、紹介したようにシェアカクテルの楽しみ方はいろいろありますが、今秋、レストランやバーではZIMAの光るピッチャーが登場! シェアカクテルがあるパーティーシーンを盛り上げてくれます。
カラフルな光でクリアなZIMAを演出するこのピッチャーがあれば雰囲気もパッと華やぎ、お酒もグイグイ進んじゃう。

ホームパーティではガラスボールで、お店では光るピッチャーで、シェアしたみんなと仲間になれる!  そんなカクテルを楽しんでみては?

Sponsored by モルソン・クアーズ・ジャパン株式会社

米東海岸といえばクラムチャウダー。では西海岸はどうかというと……。
カレーグランプリのチャンピオンが開発したという本格的なスパイスカレーで、15種類以上の調味料を使いながら仕上げている。美容や冷え対策にも効果的な調味料も含...
“ホームパーティで気兼ねなく1本スグ空けちゃえ!”系 ワイン。大人数でワイワイと楽しむのが正解。お値段は1,000円台前半。
モデルの鈴木えみさんのほか、「幸也飯」で話題になった料理研究家・寺井幸也さんのケータリングや、生演奏も。
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
メキシコ・オアハカで、12月29日から1月3日にかけて開催される「Restival」の紹介です。
1988年『カクテル』という映画が大流行した。主演のトム・クルーズが、シェーカーを振り回す派手なパフォーマンスが話題になった。お洒落なカフェバーでカクテル...
スペイン・イビサ島といえば、美しい海や街並みもさることながら、世界のクラブシーンを牽引してきた場所として有名。その方面にさほど詳しくなくとも、フロアで泡ま...
フリーな素敵すぎるパーティのご紹介です。
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
防水素材を使ったドリンクホルダー付きのネクタイ。開発にはしっかり時間をかけています。これさえあれば、飲み物をこぼすことはもうないかも?
ウェットスーツの素材を使った財布「SWALLET(スウォレット)」。カリフォルニアのサーファー達の間で人気らしく、陽気なカラーリングがたしかに西海岸のノリです。
何がおもしろそうって、ゲストが好きなように具材をパンにはさんで楽しむところ。ブレックファストサンド、いいかも。
お持ち寄りのフードも違えば、パートナーの質だって違う。そのくらい20代前半と後半には差があるようですよ。
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
パーティーや家飲みで、絶対役立つアイデアハックを紹介しましょう。グラスの中にスノードームをつくってしまう、驚きのアイデア。ポイントは炭酸を注いだ時のしゅわ...
キャンプでも、屋外パーティーでも、みんなで集まって飲む機会が増える夏。そんなときに最高に盛り上がるビールがこちら。
多くの日本人にとって、誕生日会は楽しいだけのもの。そもそも大人になってから「とくに祝ってもいない」という人もいると思います。しかし、アメリカ人にとってのバ...
アメリカンポップスにもその名が登場するほど、認知度の高い「Jello Shots(ジェロショット)」、聞いたことくらいはあるはずです。アメリカで人気の粉末...
出会いは飲み会。酔っ払って異性とどうこう…なんて話はよく聞くけど、お酒の力で仲良くなれるのは異性だけじゃない。「付き合いでの飲み会はやめるのがベター」と言...
「実は私、元々TABI LABOのアンバサダーだったんです!」今は社員としてTABI LABOで働いている司会の西垣より、驚きの挨拶で幕を開けた「YEAR...
『INDIGO LABEL DINER』というイベントにお邪魔してきました。このイベントは、ColemanとMonroという二つのブランドが手を組んだ『I...
今年の1月末に、少し異なったカクテルを楽しめるバー「Draft Land」が、台北にオープンしました。店内にはリキュールなどのボトルは一切なく、ただただビ...