東海岸といえばクラムチャウダー。では西海岸を代表するチャウダーは?

クラムチャウダーといえば、米ニューイングランドの東海岸が発祥地。貝や野菜を入れた白いクリームスープ、というイメージしかなかったのですが、どうやら何種類もあるらしく、なかにはトマトピューレを使った赤いスープもあるんだとか。知らなかった!

ここに紹介するクラムチャウダーもまた新顔。Catherine Lambのレシピを「Food52」より紹介しましょう。スモーキーな西海岸テイストの一品です。

6580069682118656
Photo by Bobbi Lin

クラムチャウダーには、ニューイングランド風とマンハッタン風のふたつの種類があります。いずれも東海岸発祥のもの。でも、西海岸風のクラムチャウダーはないのはナゼ?って思いませんか。

それが、あるんです。

クリーミーで風味も独特、スモーキーなクラムチャウダーが。具材はスモークサーモン、ケッパー、クリームチーズとリーキが仲良く入っています。サワードウのブレッドをくり抜いた器に入れれば、さらにおいしくなりますよ。

【材料(6〜8杯分)】

オリーブオイル:大さじ2
バター:大さじ1
コーシャーソルト:小さじ1

 

玉ねぎ(小):1個(さいの目切り)
リーキ(大):2本(水に漬けて、土を払う)
セロリ:2本(さいの目切り)
にんにく:4つ(みじん切り)
じゃがいも:3カップ、もしくは450グラム

 

フェンネルシード:小さじ1/2
ローリエ:2枚
トマトペースト:大さじ2
トマトの缶詰:3260グラム
魚のだし:3カップ(鶏のだしでも、野菜のだしでOK)
ケッパー:小さじ3に塩水を小さじ1
クリームチーズ:115グラム(キューブ状に切っておく)
ハーフアンドハーフ(なければ牛乳で代用):1/2カップ
ホットソース:大さじ1

 

スモークサーモン:1カップ(細かく刻んでおく)
パセリ:1/4カップ
レモン1切れ:(飾りつけ用)

 

スープをサワードウブレッド(あるいはハードな丸パン)に注ぐのであれば、ボウル型にくり抜きましょう。スープにつけるのであれば、サワードウを数切れ用意。

【作り方】

1.
大きなスープ鍋、もしくはダッチオーブンにバターとオリーブオイルを入れて、中火で温めます。そこに玉ねぎ、ニラネギ、塩、こしょうを入れて、ソテーし、玉ねぎが透明になるまで5分ほど炒めます。

 

2.
次にガーリックとポテトを入れます。そこにローリエとフェンネルシード、トマトペーストを入れて、少し炒めます。それから刻んだトマト、だし、ケッパーを入れて、じゃがいもが柔らかくなるのを目安に10分〜15分ほど茹でます。

 

3.
ローリエを取り出し、クリームチーズを加えて、スープに溶かします。それからハーフアンドハーフを入れ、完全に溶けるまで混ぜ続けます。

 

4.
スープがぐつぐつ煮立ってきたら、スモークサーモンを入れて、火が通るまで煮ます。そのあとにホットソースを投入して混ぜ合わせればできあがり。

 

5.
出来上がったチャウダーはサワードウボウルに入れるか、スープにつけて食べられるよう、横にサワードウブレッドを何切れか添えて。細かく刻んだパセリとレモン切れを飾り付けて、ホットソースは横に添えて。

 

最後にプロからのアドバイス
チャウダーは二日めが断然おいしいですよ!

Written byCatherine Lamb
Licensed material used with permission by Food52
ウェットスーツの素材を使った財布「SWALLET(スウォレット)」。カリフォルニアのサーファー達の間で人気らしく、陽気なカラーリングがたしかに西海岸のノリです。
アメリカ西海岸の街・シアトルは、家賃とグルメレベルが連動するように高騰中。食いしん坊にはますます魅力的な街へと変貌を遂げています。そんなシアトルは今、フー...
これは、アメリカ西海岸で暮らす健康志向な人たちを中心に、人気が急速に広まりつつある「Buddha Bowl」。ブッダボウル(仏丼)?たいそうご利益がありそ...
ある日、62歳になる父が、昔アメリカの西海岸へ1年間旅をしたときの写真を見せてくれた。押入れの奥から取り出された写真アルバムのなかには、今まで知らなかった...
栃木県小山市民を中心に老若男女に愛され、2005年に惜しまれつつ閉園した「小山ゆうえんち」。遊園地が開園中に活躍していた2層式アンティークのメリーゴーラン...
愛知県・渥美半島の南側に位置する表浜海岸。ここは約50kmにわたる長浜で、自然も豊富。古くから絶滅危惧種のアカウミガメが産卵に訪れる場所として有名でした。...
熊本県宇土市にある、御輿来(おこしき)海岸。干潮時に干潟に現れる美しい砂紋が有名ですが、魅力はそれだけではありません。なんとココには、年に数日だけしか見れ...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
世界一大きなグミのピザをつくるというおバカなことを、大真面目にやってのける大人たちの動画があります。思わずクスッとなる場面がいくつかありますよ。Check...
アメリカと言えば? と問われれば、多く人が「自由の女神」と答えるに違いない。または「星条旗」とか。しかし、少数派かもしれないが、アメリカといえば「ROUT...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
移ろいゆく街の風景を収めたタイムラプスムービーは数多い。でも、ここで紹介する『Wonder Endlessly』は、「自然」に焦点が当てられています。アメ...
『ピーナッツ』といえば、スヌーピーやチャーリー・ブラウンなどのキャラクターでお馴染みの一大ヒット漫画。1950年にアメリカの新聞7紙で連載が始まってから、...
子どものころ、クッキングトイと呼ばれる、料理が作れるおもちゃがあった。キッチンのガス台がそのまま小さくなって、ホットケーキやドーナツが作れるものである。子...
アメリカ料理界の発展に大きく寄与し、“料理界のアカデミー賞”と呼ばれる食の祭典にその名を配すジェームズ・ビアード。アメリカの食に多大な影響を与えた人物。な...
台湾の桃園国際空港でLCC利用者が使うのは第1ターミナル。乗り継ぎ利用だって格安。安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのが台湾を利用...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
ファスナーのトラブルって、案外多いものです。お気に入りの洋服やバッグだったら大ショック。なんとか、直そうと四苦八苦するものの、徐々にイライラしてきて…「ん...
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
宮崎市から220号線を南下。日南海岸線をドライブしていると見えてくるのが「旧 潮小学校」。2011年に廃校になり、120年の歴史に幕を閉じたそうです。宮崎...
茨城県東茨城郡大洗町にある「大洗磯前神社」。そこには、海岸に立つ鳥居「神磯」があります。