【画像必見】金属を「0.001mm」単位で仕上げる、プロフェッショナル

0.001mm。日本人女性の髪の太さが平均的に0.08mmと考えると、サイズを想像できるでしょう。

その精細な世界を硬質な金属で表現する職人が、この記事の主人公である道場 公穂(どうじょう きみお)氏です。

彼の仕事は金型の保全。金属を美しくプレス加工するには、その金型が重要であり、道場氏はその金型を0.001mm単位(といっても感覚の部分も多いにあるのがスゴイところ!)修正することができます。

金型の修正は、機械ではなく
人の手によってなされている!

まずは金型を目視と手触で確認します。0.001mmの凹みは、機械ではなく、彼の感覚で見つけ出されるわけです。

金属に赤ペンで染色した後、そこ磨くことで微細な凹みを視認しやすくします。色がついていない部分が凹みの部分となります。

160202_mazda_001

砥石で金属を研ぐ……と同時に、金属を熱するため、バーナーの炎を調整。温度が重要です。

160202_mazda_002

これを繰り返して少しずつ修正していきます。上は修正前とバーナー修正後。

160202_mazda_005

ペンシルグラインダーという道具で、凸の部分を削り取っていきます。

160202_mazda_003

確認のための染色をして、凸凹部分がないかをチェック。

最後の確認は、目視と手触。仕上げは職人の感覚です。

この金型から生まれるのは
鏡のように美しい金属面

160202_mazda_006

こちらが道場氏が手がけた金型を使ってプレスした金属です。0.001mmの凸凹すらない鏡のような表面、流れるような曲線が見事!

さて、この作品は、車のボンネット。そして道場氏はマツダの社員です。スマートフォンのような小さなプロダクトにおいては、0.001mmへのこだわりが言及されることもあります。しかし、マツダでは、車のボンネットという大きなプロダクトにおいても、ミクロの単位でこだわっています。

160202_mazda_007マツダのデザインコンセプトは「魂動デザイン」。その強い生命力を感じる、曲線美は道場氏のような職人によって支えられているのです。

btn_mazda_160202

Sponsored by Mazda

「トレサレーヌ」「アラウトゥン」「ハナゲ」…測れそうもないことを推し量ろうとする事で、科学も文化も発達してきた。本書では、近代化とともに使われなくなった、...
メートルやフィート、グラムやポンド。世界にはさまざまな「単位」がありますが、なかには聞いただけではイメージできない、呪文のようなものもあるのです。ここでは...
「FLIGHT 001(フライトワン)」のパッキングバッグは、発色の良いブルーが気分を高めてくれるし、イラストも可愛い。
「KEEP SMART」は、わずか0.2mmという薄〜いステンレス銅板を使った名刺ケース。ただ曲げた金属板に名刺を挟みこむという、めちゃくちゃ単純な構造で...
「土屋鞄製造所」から、初となるインテリアシリーズが登場。ナチュラルな風合いのヌメ革で仕上がった暮らしに彩りを添えるアイテムを紹介。
静岡県焼津市の業務用かつお節製造・販売メーカー「小林食品」が、薄さ0.01mmに削ったかつお節で作る、超高級ラインのふりかけ「口どけ」を開発。容器も極上仕...
〈ドンキホーテ〉のプライベートブランドから発売されている「ヒゲスタイラー」です。機能はシンプルで、アタッチメントで2mm〜7mmに1mmごとに長さを調節。...
Olivia Kempは、現実にある場所に少しだけ想像を加えた街並みを描くアーティスト。遠目から見ると美しい風景は、0.5mmのペンで描写したちょっとした...
いつまで待っていても、この画像はボヤけたまま。なぜならこれは、SNSの画像がダウンロードされる瞬間を描いた絵画だから。こちらを描いたのは美術家・市川孝典。...
勝機を見出したIKEAは、医療用3Dプリンター技術を有するデザイン事務所「UNYQ」とeスポーツに特化した教育機関「Area Academy」の協力を得て...
寒いときに恋しくなるのは、身体を芯から温めてくれる「ホットドリンク」!今回紹介するホットドリンクは、身体に良くて、自宅で手軽にできるものばかりです。冷えは...
世界最小のルービックキューブ「極小ルービックキューブ-0.99cm超精密金属製-」がお目見え!
オンライン画像マーケットサイト「iStock by Getty Images」では、現在「Zoom」ミーティングで使用できる背景画像を無料提供中。
命を宿す、ママだけの特別な時間。愛情と優しさを縫い込んだこの「刺繍」を、0歳のキミに送るよ。
手に取ろうとしたら、バチっ!と指が弾かれて驚いた。回転してることに気づけないほど静かに、じっとまわっていた。YouTubeには、15分以上回り続ける様子が...
「Keego」の素材は、“強い”金属としても知られているチタン。だけど、従来のスクイズボトルの特徴を受け継いで、つぶしながら飲めるようにもなっている。
墓石に使われることの多い「みかげ石」の蓄熱効果を活かした保温力抜群のお皿が登場。1分レンジでチンすれば15分間も温かさを持続!
コンパクトな財布ならではの問題を解決してくれる「進化系三つ折り財布」。
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
画像検索をしたキャラクターと風景や人を組み合わせるLes Photos De Francoisの写真。キッカケは、ジョークのつもりで友人の子どもと画像を合...
東京大学の石川・渡辺研究室が、絶対人間に負けないじゃんけんマシーンを開発しました。0.001秒で相手の手を読み取る!このじゃんけんマシーンが勝率100%を...
99.99%が空気。と言われているこちらの素材は、ボーイング社によって開発された科学史上最強・最軽量の金属製構造物のひとつ。タンポポの綿に乗せても潰れない...
イタリア本土と水の都ベネチアを結ぶ街メストレに、博物館「M9(Museo 900)」がオープン。展示内容は20世紀のイタリア。テクノロジーを駆使した館内の...
4月2日、「Google Arts&Culture」のアプリ版に新機能「Art Transfer」が追加された。Art Transferでは、その場で撮っ...