まるで海外!無数のキャンドルが灯るロマンティックなウェディング

おとぎ話に出てきそうな
幻想的な世界感
“キャンドルナイトウェディング”

画像㈪

ガーデンやプールサイド、ウッドデッキなど会場のまわりに無数のキャンドルを散りばめれば、幻想的な世界観に大変身。

「アマンダンヒルズ」ではパーティー会場で食事を楽しんだあと、自由に行き来可能なガーデンで演出を行うスタイルがオススメです。キャンドルが一面に広がり、息を飲むほど美しいナイトガーデンでのそれは最高に楽しい時間になることでしょう。

万が一雨の場合は、パーティー会場や挙式会場にキャンドルを並べるだけでも雰囲気は抜群です。

btn_novarese_160325_02

ガラス張りの会場で
自然を感じるウェディング

novarese-05160316-02

日中の結婚式も一味違ってGood。360°ガラス張りのクリスタルチャペルは日当たりも良好です。

novarese-05160316-03

パーティー会場も3方がガラス張り。外には深緑の木々が生い茂り、まるで森の中でパーティーをしているみたい。鳥のさえずりや緑の香り……都会では味わえない自然と一体化した時間を堪能できますよ。

btn_novarese_160325_03

都内近郊から約1時間
広大な敷地を貸し切って
ゲストに最高のおもてなしを

novarese-05160316-04

novarese-05160316-07

自然豊かな環境でありながら、都内近郊から約1時間で行けちゃうアクセスの良さ、最寄り駅からは専用バスでの送迎を実施しているのも嬉しいポイント。

また、約2,300坪にも及ぶ邸宅の敷地すべてを貸し切ることができるから、老若男女関係なくゲスト全員に楽しい時間を過ごしてもらえるはずです。

日頃からお世話になっている友人や親族に、都会での慌ただしい生活をふと忘れるような“非日常”をプレゼントしませんか?

btn_novarese_160316_jpg

アマンダンヒルズ住所:神奈川県厚木市森の里若宮13-3TEL:046-290-3344営業時間:平日 12:00〜20:00/土・日・祝 10:00〜20:00※祝日を除く毎週火・水曜定休

Sponsored byNOVARESE

倉敷製蝋は、そんな想いを胸に秘めたキャンドルブランド。このたび、岡山県倉敷市に拠点を置く昭和9年創業のペガサスキャンドル株式会社が発表したところだ。ポイン...
100均でも売ってるティーライトキャンドル。だけど、これは同じものでも、まったくレベルが違います。ギフトにしても喜ばれそう。
メジャーなワイナリーであろうとなかろうと、魅力的なぶどう畑は、結婚式を挙げるのにはパーフェクトなロケーションだといえるでしょう。単純にワインは素晴らしいで...
昭和9年創業というキャンドルメーカーが手がける〈倉敷製蝋〉。そのラインナップのなかでも、目を引くのがコチラの「TEST TUBE CANDLE×3」です。
ハイドパークやヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、サイエンス・ミュージアムからも近い好立地。1泊11万円ほどで、ベッドルームはふたつあり、最大6名まで...
このキャンディを食べると虫歯予防になるといいます。
ドクロや兎、鹿を型どったキャンドル&ホルダーが話題になっています。その理由は、火を灯すと、まるで泣いているように見えるから。演出するのは「切ない」雰囲気!...
グロい。グロ過ぎる。でも、精密に作り込まれてる分、かなりリアルに感じる。それにしても、悪趣味だと言わざるを得ない。で、ツッコミたくなる。「おい、どんな時に...
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...
お値段は約7,000円(62.99ドル)。ちょっと高めですが、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』をテーマにした、5種類の香りが楽しめるそう。
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
『Dancing With Her』は、世界初のレズビアン向けウェディング雑誌。先月オーストラリアで創刊されるや否や、各国のメディアに取り上げられている。...
今春、フライドチキン味のマニキュアで話題をさらったKFCが、クリスマスを前にまたもユニークなアイテムを開発。今度はなんとキャンドルです。本来、癒しやリラッ...
一生に一度の結婚式。もし自分でドレスを購入していたら、女性であれば思い出にとっておきたいことだろう。しかし、ホームレス経験があるというDawnettaさん...
素敵なウェディングカードを見つけました。初めは、そのデザインに惹かれたのだと思いました。でもしばらくして、そっと込められた意味に気付いた時、もっと魅力を感...
かさばるし重くて持ち運びに不便、そして氷の準備。この面倒をすべてを省いてくれるクーラーボックス!
写真で見るだけでも、どこまでが壁なんだかがわからない……建物の中ということを忘れてしまいそうな空間です。
アメリカに今、「地味婚」の流れがある訳ではないでしょうが、お金をかけず自分たちで手づくりするウェディングは、むしろ彼の国の方が歴史は深いはず。ガーデンパー...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.50
バターが燃える、って意外と知られていないかもしれません。ここでは、YouTube動画で紹介され話題になった緊急時に役立つ「バターキャンドル」の作り方を紹介...
カナダのパティスリー〈Finespuncakes〉では、独創的なケーキを次々製作。自宅で真似できそうにはないけれど、こんなケーキに憧れます。
もしも、成人式の振袖をウェディングドレスとして着ることができたら?とっても高価で、日本らしい絵柄も魅力的な振袖ですが、一生のうちで2〜3回しか着る機会がな...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
地理も英語もまったく苦手。そんな私でも1人で行けた、ポルトガル北部にある「コスタ・ノヴァ」。美しい港町が有名なアヴェイロ市からバスで約30分。海沿いの大通...