今年から通年公開!「迎賓館」でヨーロッパ気分を味わってみませんか?

国賓・公賓の宿泊やおもてなしをするために設けられた「迎賓館赤坂離宮」。毎年、夏の10日間だけ公開されていましたが、今年から公式行事に支障のない範囲で通年公開を行っています。

まるで海外のような佇まい

ヨーロッパにいるような気分になってしまう外観ですが、それもそのはず。明治42年に東宮御所として建てられた、国内唯一のネオ・バロック様式で、明治以降の建築物として初めて国宝に指定されているんです。それでは内観を見ていきましょう。

彩鸞の間

条約・協定の調印式や国賓とのインタビューなどに使われます。

花鳥の間

公式晩餐会が催されているお部屋。

朝日の間

表敬訪問や首脳会談などが行われるそう。

羽衣の間

レセプションや会議場などとして使われます。

当初から御所としてはあまり使用されなかったため、皇室から国の管理に。国会図書館や東京オリンピック組織委員会などで使用されたのち、昭和49年、迎賓館として今の姿になりました。前庭、主庭、本館、和風別館(游心亭)で構成されていて、内閣府によると本館は「明治の洋風建築の到達点の1つ」なのだとか。この美しさなら納得ですね。

インスタジェニックな
外観で話題!

四季折々の木々や花が植えられている庭も魅力の1つ。アメリカ・フォード大統領やロシア・ゴルバチョフ大統領が植樹した木も見ることができるそう。約35,500坪の敷地内、のんびりできちゃいそうですよね。

正門も国宝。この非日常感、行ってみたくなりませんか?

公開予定は随時サイトにアップ

現在の公開予定は、5月31日〜6月21日(6月1日、8日、15日を除く)、7月4日〜7月24日(7月6日、13日、20日を除く)。

前庭は入場自由ですが、本館・主庭=当日整理券または事前申し込みで、1日の定員が3,000人。参観料は大人1,000円。また、和風別館=事前申し込み。参観料は1,500円です。詳しくはこちらから。

館内の写真撮影は禁止なので、実際に行って見てみて!

Licensed material used with permission by 内閣府, boni_sho, mm_st, kw____wk, nailsalon_clara, hira_taku0
JR埼京線・武蔵野線「武蔵浦和駅」から1分ほど歩くと「イタリア」が見えてきます。イタリア風の建物がある、といった子供だましではありません。ヨーロッパ野菜を...
2015年に設立した「Wingly」は、パイロットと飛行機に乗りたいと考えている人をつなげるサービスを展開中だ。
都市計画からプロダクトデザインまで、幅広い分野で活躍しているUNStudio。彼らが、アムステルダムからフランクフルトまでを53分で走行する“ハイパールー...
フランスの「Jimini's」が販売するのは、食用昆虫。かわいいパッケージに入ったソレは、ヨーロッパのスーパーマーケットなどで目にすることができます。
中央ヨーロッパに位置するスロベニア。日本のように四季があり、小さい国だけれど素通りして欲しくなほど美しい景色が広がっています。同国の良さを、スロベニア出身...
仕事を忘れ、非日常を満喫しよう。そう思ってせっかくヨーロッパへ来たのに、どこもかしこも日本人だらけ。そんな状況は、正直言って味気がありません。どうせなら、...
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...
1826年創業と歴史が古く、ヨーロッパ各地の王室や貴族御用達と認められた、イタリア・トリノで最初のチョコレート会社カファレル。こだわりのある素材、製法、ホ...
年越しそばを食べたり、108回鐘を鳴らす文化が日本にあるように、世界各国には独特の新年の祝い方があります。なかでも、ヨーロッパ諸国のクセがすごい。中央ヨー...
「U River Cruises」は、ドイツ、オーストリア、オランダなど5ヵ国を訪れることができるクルーズ。低層でコンパクトなのは、川の上を進んでいくから...
正直「参考になる」とは言えませんが、アメリカ48州(ハワイとアラスカ以外)を無駄なく効率的に回るルートを編み出して話題になった、Randy Olson氏。...
ヨーロッパの486,713地点からローマへの道のりを示したマップが公開。
「国宝」——なんて潔い名前なんだ!もう相当話題なので知っている方も多いと思うのだが、京都国立博物館で開催されている、京都国立博物館開館120周年記念 特別...
高さは369mになる予定で、東京タワーより少し高いくらいです。見た目はとっても未来的。
海外旅行をすると、今まで自分が知らなかった文化や慣習に出合います。そうした一種のカルチャーショックこそが、楽しかったりもしますよね。ここで紹介するのは、そ...
家や部屋はきれいに片付けておきたいけれど、たまの来客用に机やイスがあると便利だし、たまにはソファも使いたい。でも、できればデザインにもこだわりたい…。いま...
日本からヘルシンキ・ヴァンター国際空港までは、10時間ほどで行ける欧州の玄関口。ここでのトランジットには、フィンランドの名物料理「グリッリ・マッカラ」と呼...
四半世紀に渡ってヨーロッパ暮らしをしているというジャーナリストの片野優さんと、ライターの須貝典子さん夫婦。彼らは雑誌の取材でヨーロッパ中を駆け巡り、そこで...
女の子なら一度は訪れて欲しい、カラフルでキュートな場所。