疲れすぎてムカついたら「気が狂う」ほど変わるべし!元気を取り戻す7つの方法

心理学のエキスパート、Dr.パトリック・ウイリアムスのアドバイスを紹介します。参考にしてみてね♪

「きっとよくなる!」

「気が狂う」と聞けば、ネガティブに思えるかもしれない。が、それが助けになることがある。物事が立て込んだとき、わざと爆発することもハッピーな感情を抱くために役立つ方法だ。

マインドフルネスが精神状態にいいというのは数々の研究でわかっている。しかし、その意味の捉え方にはちょっとした違いがある。ただ空っぽを求めるだけでは心は満たされないのだ。下記の方法を試してみよう。

01.
まずは、何か目的を持つこと。

Ab99a0a9974d1a0ca029c9a1fd669c576a064f92

はじめに、自分の時間をカレンダーで確保しよう。5分間でもいいので、静かな環境に身を置いたり、音楽を聞いたり、読書できる空間を用意する。屋内外どちらでもいい。この目的ある小休止が、集中力の向上や癒やしに貢献する。

02.
見慣れたものを、
違う視点から見つめる。

毎日見ているものをじっくりと考察してみよう。色、形、肌触り、しわ、そのほかのニュアンスを。これはマインドフルネスのなかでも、ハーバード大学、デューク大学、コロンビア大学、ジョン・ホプキンス大学などなど、いろいろな場所で教えられていることだ。試してみよう!

03.
呼吸を感じよう。

1e2e8eef591042f3286267942c21b26fb1b192ea

正しい呼吸は万能薬ほどの効果が期待できる。不安や恐怖を感じたら、一度息を止めよう。緊張したり、ストレスを感じたりすれば、息が荒くなるものだ。普段から呼吸法に注意を払っている人は、イライラした時も落ち着いていられる。

04.
自分を癒やす時間を確保!
豪遊もアリ。

ビーチを歩こう。マッサージを受けよう。スペシャルなご褒美を自分に与えよう。リラックスすることに全力を投じよう。まさに、気が狂ったかのように!

05.
コミュニティに参加しよう。

041e43caa1c44bf512b261dd25d0cdfaa4cbf2b8

落ち着きのある人たちを募るか、そういう人たちに囲まれるようなコミュニティに参加しよう。読書でもポエトリーリーディングでもOK。他人に思いやりを持てる環境を手に入れよう。

06.
今の気持ちを紙に書き出す。

紙でもPCでもかまわないので、思っていることを書きだそう。そうすればどう思っているのか、自分でもハッキリとわかっていない心情が見えてくる。希望や夢、自分の美しい一面にだって気付けるかもしれない。心に詰まった何かから開放されるには、これが役に立つ。

07.
行動だ!

ヨガクラスを受講しよう。テニスをプレイしよう。自転車に乗ったり、乗馬したり。踊っても良いし、散歩やランニングでもOK。誰かとの繋がりを感じられる身体的なアクティビティをはじめよう。体を動かすことで心にも余裕が生まれる。

何度も強調するが、「気が狂ったか!」と思われるくらいでちょうど良い。さっそく今日から何かはじめようじゃないか。

More content from YourTango:
Licensed material used with permission by YourTango
落ち込むことは誰にでもあります。大切なのは、そこからうまく這い上がること。ライターのLaura Caseleyさんが「Little Things」で紹介し...
人生を晴れやかなものへと変える生き方。「自分を知る」目的としてマインドフルネスの実践を提唱する荻原順子さん。著書『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)...
あなたの周りにも、きっといるはず。「なんでそんなこと言うの?」と思ってしまうような、ネガティブな発言ばっかりをする人。でも、もしかしたらその人自身もテンパ...
「幸せ」って、自分ではなかなか確信を持てない感情ですよね。
シリコンバレーの有力企業が能力向上トレーニングに取り入れる「マインドフルネス」がビジネスの現場で注目を集めています。このマインドフルネスを教える大人の学校...
「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...
何か気がかりなことがあって、ネガティブな思考に捕らわれてしまうと、普段できていることができなくなったり、楽しいときもどこか憂うつな気分が抜けなかったり。「...
精神や心を重要視するこの時代、質の高い人生を送るためには、正しい心のあり方を知る必要がある。こう説くのは、『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)を上梓...
マインドフルネスの定義は、「今この瞬間に、価値判断をすることなく、注意を向けること」。この根元にある概念は、日本人にも馴染みが深い「禅」に通ずるものがあり...
日本発祥の民間療法として、欧米を中心に海外で関心を集める「Reiki(レイキ)」。その、レイキマスターBrett Bevell氏の言葉を借りれば、健康に生...
「女の子が元気だった」時代から、いま改めて学ぶこと。
心理学を教えていた元高校教師でもあるライターAndrea Shulman氏は、科学的な視点で様々な情報を紹介する「Expanded Consciousne...
「ネガティブな思考が生まれることを止めることはできません…。しかし、感情をコントロールすることで、嫌な気持ちは片付けられます!」そう語るのは、メンタルコン...
当たり前なんだけれど、意外とできていないこと。
たとえ職場を変えても、新たな街に移り住んだとしても、ネガティブな人というのは必ずいて、あなたに付いてまわります。周りを変えることはできないからこそ、ポジテ...
本能のままに、うちからわいてくる衝動のままに。
仕事に恋愛、友人との付き合いなど、生活するためには他者との関わりは避けて通れないもの。ところが実際には人間関係がうまくいかず、自分の思い通りに物事が運ばな...
どうしても「やる気」が出ない日は、誰にでもある。でも、自分だけの力でモチベーションを上げるのはなかなか難しいもの。だからこそ、思い悩んでしまう人もいます。...
「女の子が元気だった」時代から、いま改めて学ぶこと。
つい、イライラして周りの人を巻き込んでしまったり、自分だけが嫌な目にあわされていると思い込んだり…。ダメだと思いながらも、自分の感情に振り回されてしまう人...