【日本初上陸】パリ随一のブーランジェリー「Du Pain et Des Idées」が、青山に期間限定オープン

フランスでもっとも影響力のあるレストランガイドの一つ「ゴー・ミヨ」において、2008年版ベストブーランジェリーを受賞。「アラン・デュカス・オ・プラザ・アテネ」をはじめ、著名ガストロノミー・レストランに支持されるパリ随一のブーランジェリーが「Du Pain et Des Idées(デュ・パン・エ・デジデ)」です。

このたび、オーナーシェフ、クリストフ・ヴァスールが手がける同店が待望の日本初上陸。本人も来日するとあって、大きな話題になっています。

パリ店から直送し販売する
「パン・デ・ザミ」

改めて説明すると、「デュ・パン・エ・デジデ」は2002年にパリ10区にオープンしたブーランジェリー。世界中からクリストフのパンを求めて訪れる人の列が絶えない大人気店です。

1889年に建設され、歴史的建造物にも指定される同店。ガラスの天井と斜めに面取りされた鏡は当時のままに、クリストフが独学で復刻させた20世紀初頭の伝統的レシピによって作られるパンとヴィエノワズリーに合わせ、当時のブーランジェリーの世界を再現した空間に。

期間中は、同店のスペシャリテであり、パリの著名ガストロノミー・レストラン御用達の「パン・デ・ザミ」をパリ店より直送し販売。これは“友達のパン”の意で、その名のとおり友人のために焼いていたものを商品化したのだそう。価格は490円(税込)。

フランス製小麦粉、極少量のイースト菌と塩のみを使い、約2日間もの長時間発酵を経て独自の焼成方法により生まれるパンは、シャテーニュ(栗の一種)やヘーゼルナッツのような香りを代表とする、ワインのように複雑な味わいや香りが特徴。

限定500冊。同氏初の書籍も

さらに、彼が約2年半の歳月をかけて完成させた初書籍「Le Pain de la Terre à la Table」を、限定500冊で販売。30歳を過ぎてビジネス業界からパン業界に飛び込み、独学でパリ随一のブーランジェリーを作り上げた同氏の哲学や、大切にする有機生産者の訪問、パンのアレンジレシピ等を、インターナショナルファッション誌でも活躍中のBENOIT LINEROの美麗な写真とともに仕上げたアートブックです。価格は税込5,700円。

オープン期間は、本日6月18日(土)から7月24日(日)まで。パリで行列ができるブーランジェリーのパンなんて、ぜひとも食べてみたいですよね!

【店舗概要】
Du Pain et Des Idées(デュ・パン・エ・デジデ)
・場所:RITUEL par Christophe Vasseur青山店内
・住所:東京都港区北青山3-6-23 1F(表参道駅 B2出口から徒歩0分)
・Tel:03-5778-9569
・期間:2016年6月18日(土)-7月24日(日)
・営業時間:月〜金 8:00-19:00(土日祝 9:00-)※初日は11:00オープン

Licensed material used with permission by Du Pain et Des Idées
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
パン・オ・ショコラを自宅で再現するのは難しいですが、バゲット・オ・ショコラだったら簡単。
日本に上陸するやいなや、瞬く間に圧倒的な地位を築いた「ICE MONSTER(アイスモンスター)」。新食感のかき氷を求める長蛇の列は、オープンから1年が経...
フランスの料理と聞くと、なんとなく敷居の高い印象。個人的には、ドラマや映画の中の「夜景が見えるレストランでプロポーズ」みたいなシーンでよく見かけるイメージ...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
この出来事を自分なりに解釈するならば、日本の大学を卒業したサッカー選手がいきなり海外へと渡り、経験を積んでからJリーグへ帰ってくるようなもの。これが今、ハ...
パリにあるCitéInternationale Universitaireの学生寮は、老朽化対策でリノベーションされることになりました。その取り壊し前に、...
何層にも重なった生地のサクサクッとした食感。香ばしさにバターの風味が合わさり、朝食にぴったりなクロワッサン。日本でもこだわりのクロワッサンを販売するブーラ...
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
12月14日、日本で公開されて30年の時を経て、中国で初めて『となりのトトロ』上映されました。子ども時代に観た人は今大人になり、子連れで映画館へ足を運ぶ人...
2016年4月5日(火)、北青山の路地裏に新しくオープンした「GLOCAL CAFE(グローカル・カフェ)」。世界と日本をつなぐ「Global Minds...
本場の味・ボリューム・雰囲気がそのまま!ステーキハウス激戦区・NYの名店が日本上陸BENJAMIN STEAK HOUSE〒106-0032 東京都港区六...
誰もが知るフランスのファションブランド、シャネル。では、その旗艦店となるシャネル銀座ビルディングの屋上テラスに、期間限定カフェがオープンしていることをご存...
一脚ずつバラバラの椅子が揃うダイニングテーブル。あ、これ我が家の話です。わざわざすべて同じモノで統一しなくても、お気に入りの椅子を見つけては買い足していく...
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
クロアチアの“海底ワイナリー”「Edivo Vina」。普段は一般公開されていませんが、今なら期間限定で行くことができます。11月まで!
ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
老舗スキンケアブランド「キールズ」が、11月23日(金)〜12月2日(日)の期間限定でポップアップイベント「キールズ “GIVE JOY” バス」を開催。...
以前からできるできると噂されてはいましたが、ようやく誕生しました。「Apple Store」のパリ・シャンゼリゼ通り店です。
フランス人なら、誰もが一度は口にしたことがあるシューケット。シュー生地にパールシュガーが散りばめられた小さな焼き菓子は、大人から子どもまで大人気。フランス...
朝はパンと決めている。鉄のフライパンをあたためて、厚切りの食パンをのせ、焼き色がついたら裏返す。バターをのせるのか、ジャムはどうするのか。カリカリに焼いた...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...