「理想の肌」に近づくために知っておきたい「3つのこと」

あなたは、自分の「肌」が好きですか?

そう聞かれて、自信を持って「はい」と答えられる女性は少ないかもしれません。でも肌は毎日しっかり向き合うことで、ケアや変化を楽しむことだってできるんです。

01.
理想の肌に近づくための
チェックポイントを知っておく

E057968859f7dde0028848167773fbf30dffecdb

もしあなたが、今の自分の「肌」を好きになれないとしたら……。まずは理想の肌に近づくためのチェックポイントを知ることが大切かもしれません。

・理想の肌をイメージして、今の肌の状態を知る。
・自分らしいライフスタイルで楽しく過ごす。
・1日の疲れを癒すリラックスタイムを作る。
・肌の変化を感じとり、手入れを楽しむ。

まずは、理想と比べて今の肌の状態はどうなのか、正しく認識することが毎日のスキンケアを見直すきっかけとなります。そして、ストレスのない自分らしいライフスタイルを見つけることも、内側から美肌を作る土台になります。

またアロマや温かいお風呂につかるなど、リラックスタイムも取りましょう。そうすると、徐々に肌の変化に気づけるようになり、毎日のケアが楽しくなるんです。

3d3f27e8f35c2824810ce67ab07a1a7a6c080387

02.
あなたも持っている
「天然保湿クリーム」を
引き出す

4b87528d178270801ae834bde0f27ab336a89589

赤ちゃんの肌って、気持ちいいくらいにプルプルですよね。人には生まれた時から肌に備わる「天然保湿因子(Natural Moisturizing Factor/NMF)」というものがあります。

これは「天然の保湿クリーム」とも呼ばれるほど、みずみずしい肌を保つには大切で「一度捉えた水分を包み込み、離さない」という働きをしてくれます。

そんなNMFの働きを助けてくれるのが、「セリン」と「ヒアルロン酸」という2つの成分。つまり、これらを毎日のスキンケアに取り入れることが大事になってくるんです。

61cc49d3a56e19d456acf42ee8023b9167b3efdc

03.
「ボタニカルコスメ」で
自然の恵みを肌に与える

A0686f06ce4ce00d2e3aa2c18def37c8351386e7

「スキンケア」は楽しむことが何よりのポイントです。忙しい毎日を過ごすなかでも、海外のしなやかな女性たちのように自分自身を大切にしていきたいものですよね。

美容先進国とも言われる、アメリカ・フランスでも1位に輝き、日本も含めると世界で三冠*を果たしたボタニカルコスメ『LOVE YOUR SKIN(ラブユアスキン)』は、そんな“楽しく肌の手入れをしていきたい人”に向けて開発されたもの。

*楽天アメリカ:Rakuten.com Lotionウィークリーランキング(2016/2/2)1位
*楽天フランス:Rakuten Priceminister hygiène, santé & beautéウィークリーランキング(2016/1/27)1位
*楽天市場:化粧水・ローションランキング リアルタイムランキング(2016/2/27) 1位

14c0e01ff6101d7bc23586902cf9266fb3a41d37

LOVE YOUR SKINが
日・米・仏で1位のワケは
国産オーガニックへのこだわり

2f87058e2f44e135d0293f9fd38c210fa9087585

『LOVE YOUR SKIN』は、あの話題のシャンプー『BOTANIST』の姉妹ブランドで、原料と生産を国産オーガニックにこだわった化粧水なんです。

■「天然由来の成分」を99%配合
タンカン果実から抽出されたオーガニックウォーターを中心に、黒大豆、米ぬかエキス、キュウリエキス、宇治郷茶など8種類の植物エキスを配合。使用されているものはすべて厳選された国産オーガニック。

■「ゼラニウム精油」で安らぎの香りを
ローズに少し似たほのかな甘い香りに、ミントのような爽やかさを含んでいるのが特徴的。ゼラニウム精油は健康や美容にも良いとされ、注目を集めています。

■弱酸性+7つの無添加で肌に優しい
肌と同じ弱酸性にすることで、スッと馴染み、健康的です。またアルコール(エタノール)や合成香料・着色料、パラベンなどは無添加で肌への優しさを追及。

■国際オーガニック機関認定工場で製造
厳しい条件をクリアした認定工場で製造し、品質管理やパッチテストをクリア。肌にも地球にも優しいスキンケアなんです。

14c0e01ff6101d7bc23586902cf9266fb3a41d3714132c049fb27bff7deca02d180d5d4ed03c8721

毎日のケアに選びたくなる『LOVE YOUR SKIN』ボタニカルウォーターモイスト(化粧水)は、しっとりとしたキメ細やかな潤いの肌へと。

さらに、ボタニカルミルクモイスト(乳液)がその潤いを閉じ込めて、乾燥知らずのもっちり美肌へと。この2本があなたを理想の美肌へと近づけてくれます。

きっと、今よりもっと自分の「肌」が好きになるきっかけを作ってくれるはず。

348f08a25a658d47b2f9049a25840c2e42a77905

今なら、LINE@で『LOVE YOUR SKIN』のアカウントを友だち追加すると、お得な割引クーポンがもらえます。また実店舗では、輸入生活雑貨店『PLAZA』で絶賛販売中。ぜひ1度、足を運んでみては?

Sponsored by 株式会社I-ne
「自分の肌に1番合う製品を使って、しっかりスキンケアしたい」女性なら誰でも思うことではないだろうか。忙しくても簡単に肌チェックができるデバイスが、Kick...
カナダの人気雑誌「NOW」の年始特集『Love Your Body』が巷で話題になっている。母乳を飲ませる母、全身火傷を負った男性、タトゥーだらけの女性、...
ドリップコーヒーから出るコーヒー豆のかす。これをただ捨てては「もったいない」と、いろいろな再利用法がネットでも紹介されています。消臭剤や除草駆除、これはよ...
スキンケア成分のみで作られているので、手にとってそのまま財布やベルトをケア。そのまま手になじませることで、ハンドクリーム的にも使えます。
2002年ロンドンで創設されたハイエンドなオーガニックコスメの「オーガニックファーマシー(Organic Pharmacy)」。日本初となる旗艦店が201...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
紫外線が気になる季節に気をつけたいのが、日焼け止めを塗る順番。メイク前に日焼け止めを塗ると、人によっては白がグレーに出てしまったり白すぎたりという結果に。...
いつまでも綺麗で滑らかなデコルテで勝負したいものです。保湿ケアやマッサージももちろんの事、実は、睡眠の体勢によって肌へのストレスが変わるもののようです。そ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
これさえあれば、もう焼き過ぎてシャワーで痛い目を見ることもないかも?健康的な日焼けを簡単手軽にサポートしてくれるウェアラブルデバイスが登場しました。つけて...
有機、無農薬、オーガニック…いづれも後ろにつく語句は野菜や栽培など、食と深く関わるものばかり。カラダに良いというイメージはあるはずです。では、それらの違い...
いつもと違う環境に身を置くだけで、肌質がすっかり変わってしまうことはありませんか。家族旅行や出張などで、知らない土地に足を踏み入れるとき。わくわくする気持...
日焼け止めはバッチリ塗っても、意外と忘れがちなのがその後のケア。長時間日光にさらされたお肌はダメージを受けています。焼く派も焼かない派も、乾燥やほてりから...
世の男子たちは自分が付き合う彼女について、どのような理想像を描いているのでしょうか?今回は理想の彼女に求める条件を幾つか紹介してみます。女子の読者の方々は...
日焼け止めを塗らなくて良いワケではありませんが、夜食を控えることは肌のシミを予防する1つの方法なのかもしれません。ここでは、その実験結果を紹介します。
入れる人の想いが詰まっているタトゥー。日本では、文化的に広く受け入れられているとは言い難い。が、それでもこの「Skin Motion」は、注目に値する。そ...
肌と肌が触れ合うスキンシップは、人をリラックスさせる効果があり「ハグした相手のことをより信頼しやすくなる」という研究結果があると言います。それを確かめるべ...
京都・伏見の地で、340年以上にわたる伝統を紡いできた造り酒屋、増田德兵衞商店。2017年6月29日、この由緒ある酒蔵を舞台に、伝統と現代を結ぶ新たなスキ...
大好きな相手だからこそ、何年付き合っていようと、ちゃんと愛情表現はしてあげたいものですよね。伝える言葉は同じでも、交際期間によって意味合いが大きく変わって...
ごく普通の生活を送っていたAsh Soto(21)さんの細い首筋に、異変が現れたのは12歳の時。明らかに自分の肌の色よりも薄い斑点がそこにありました。