川に入れて発電できる「パーソナル水力発電器」がすごい!スマホの充電も安心。

震災などの影響もあり、環境に配慮したアイテムを好む人たちの間では、「ちょっとオシャレな発電器」のブームが続いています。パーソナルなソーラーパネルや、手回しトグルのついたランタン、なかには自転車の回転軸を利用するものもあったり。

そんななか、アウトドアやキャンプで活躍してくれそうな「パーソナル水力発電器」が話題を集めています。

川の中に沈めておくだけで
充電される!?

パーソナル水力発電の「Estream」は、筒の直径が6.5cm、高さは24.5cm、重量は800gと、ちょっと大きめのペットボトルほどのサイズ。バッグのサイドポケットで持ち運びもできるコンパクトさ。

発電方法はとってもシンプル。筒に折りたたまれている羽を広げて、川のなかに流しておくだけ。

約4.5時間、川のなかに沈めておけば、搭載されたリチウムイオン電池が満タンになり、6,400mAhの電力を蓄えてくれます。これはiPhone6やスマートフォンの充電、約3台分に相当。

出力の強さも魅力的で、通常のアダプターから充電するのに比べ、約2倍の速度で充電でき、タブレットなどの大物も充電可能です。

水路を照らす
ロマンチックなランタンにも

「Estream」は、蓄えた電力を使ってLEDランタンにもなります。灯りを4段階にコントロールすることができ、LOWとHIGHの他にSOSモード、ストロボモードを選択可能。

水中を照らすこともできるし、たとえばそこがアマゾン奥地のような環境でも、水流さえ安定して確保できれば、半永久的な灯りを作ることができるのだそう。

ミニマムインフラとしての
可能性は?

開発したEnomadはまず、この技術を世間に認知してもらうため、ソウルに水力発電機を利用した「携帯充電ステーション」を設置しました。この試みは多くのメディアの関心を集め、次のステップとしてEstreamの開発に取り掛かったそうです。

いまやスマートフォンや携帯電話は、ケニアやタンザニア、ナイジェリアといったアフリカの国々にも着実に普及し始めています。しかし、地方の農村などでは電気が通っていないため乾電池式の充電器を使用したり、町の充電屋さんを利用したりしているといったケースも。

モバイルだけだとしても、こういった自家発電が進むことで新たなミニマムインフラへと発展する可能性が見えてきそうですね。

現在「Kickstarter」で支援者を募っていて、ひとつ180ドル(約18,000円)から。2017年1月のデリバリーを予定しているそう。

Licensed material used with permission by Estream
ルックスはちょっと大きめのマグカップみたいな「JikoPower」の紹介です。焚き火やガスコンロの火に突っ込めば、火力発電ができるんです。
どんな場所にも持ち運びのできる“モバイル風力発電機”が、Kickstarterで出資を募っています。災害時や旅行の際にも大活躍の発電機「Trinity 5...
買い物もできて、位置情報も確認して、SNSをチェックもすれば、サクサク動画も見れてしまう。一日中フル稼動するスマホの充電、そりゃどんどんなくなるワケだ。だ...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
「Lucid Energy」が開発した発電システムは、インフラのひとつ「水道管」にタービン発電機を設置したもの。流れる水の力で発電できる。しかも、水質セン...
塩と水の化学反応で発電し、デバイスの充電ができる!と話題なのが、モバイルチャージャー「JAQ」。残念ながら、自分で塩水を注いで無限に充電できるというわけで...
絶対に充電器を忘れたくない!という人にはよい投資かも?
屋内だけでなく、その汎用性の高さからアウトドアのシーンでも注目されている「CB缶」を使用するギア&グッズを厳選してご紹介! 災害時にも役立つアイテムが満載です。
東日本大震災とそれに伴う原発事故発生を目の当たりにした、一人の若きエンジニアが、代替エネルギーに革命をもたらす事業を展開している。彼が目をつけたのは風力。...
生可能エネルギーのひとつとして注目が集まる太陽光発電。起伏に富んだ日本の国土では、あの黒いパネルを無数に設置できる発電所の敷地確保は、意外に困難なんだそう...
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
「Terra Hale」はすでに3つの店舗がロンドンにオープンしていて、地球に優しいとして注目されています。
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
「Air Throne」は、持ち運び便利なエアーソファ。最大のポイントは、空気を入れる手軽さ。内蔵されているマイクロポンプに、スマホを接続するだけ。たった...
クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で資金調達をしていた「GoPorTable」。これ、スピーカーとしてもワイヤレス充電器としても使えるテー...
持続可能なエネルギー社会の実現は、21世紀を生きる私たちにとっての至上命題。官民一体となっての代替エネルギー開発が進んでいます。環境にやさしいことは、まず...
三角形のタイルを踏むことで起こる、運動エネルギーを電力に変える床発電システム。クリーンエネルギーを自らの力でつくり出すという、究極のエコ道路が世界に広がり...
塗るだけで水素燃料を生成できるペンキの開発が、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で進んでいます。太陽光や風力といったクリーンエネルギーに続く発電方...
ついつい持ち忘れてしまいがちな、スマホの充電器。仕事先や旅行先に忘れてしまって、地味に痛い出費に悔しい思いをしながら新しいバッテリーを購入するのは、うっか...
スペイン・バルセロナの建築家André Broessel氏がデザインした「Rawlemon Solar Energy Generator」は、球体型のソー...