こうなっているのか!ハイスペックモバイルPCの作り方

空間を選ばないワークスタイルに欠かせないのがモバイルPC。そのスペックはどんどん進化しているし、軽量化も進んでいるけれど、それらがどのように作られているかはあまり知られていません……と思っていたら、なんとモバイルPCを自分で組み立てるという激レアなイベントが開催されるそうです。それが、パナソニックレッツノート20周年記念イベント『Panasonic Store工房』

最前線でビジネスマンを支え続けてきたハイスペックモバイルPCは一体どんなプロセスを経て産声をあげるのでしょうか?さっそく現場に潜入してみました。

信頼のMade in KOBE

レッツノートを生産するパナソニック神戸工場。開発と生産を一体化し、最新技術を集結したこの工場で初代レッツノートが誕生したのは、情報通信産業の黎明期とも言える1996年のことでした。

日本でいち早くモバイルPCの製造を手掛けたというアドバンテージが、パナソニックならではの独自技術をどんどん磨いていったのです。

レッツノートの特長は、なんと言っても「丈夫さ」。それを実現するための秘密のひとつが、マグネシウム製の本体の中で基盤を浮かした状態で固定する「フローティング構造」です。約100kgfまでの圧迫に耐えることが可能なように設計されており、ぎっしり資料が詰まったブリーフケースに入れて満員電車に乗っても安心です。

この工場では、防水試験装置や高熱衝撃試験機や落下試験機なども導入されています。アメリカの警察で愛用されている堅牢モバイルPC「タフブック」も、これらの試験装置によって耐久性を確かめられているそうです。

「タフブック」で培った技術が「レッツノート」にも活かされているから丈夫なのか、と妙に納得してしまいます。

作るのは、30万円オーバー
20周年記念最高級モデル

ちなみにこのイベントで組み立てに挑むレッツノートは『RZシリーズSSD512GB』の大容量メモリー搭載20周年記念モデル。ボディカラーや天板、キーボードのカラーを選んでカスタマイズまで可能で、買うと30万円を超えるという、これ以上のハイスペックはない機種です。

ハイスペックモデルとだけあって組み立て工程は実に45に及ぶ難易度の高いもの。果たして無事完成するのでしょうか!?

いよいよ組み立て開始!

静電気を身体から逃がすためのアースバンドを装着して、まずはメイン基板のネジ止めから。続いて端子類の接続、ディスプレイの取り付け…手先を使う繊細な作業が続きます。

実際に作業してみると、ネジひとつとっても締める順番、塗布される接着剤の種類が決められているのに驚かされます。これらはすべて耐久性を高めるために凝らされた「目に見えない工夫」。ネジ留めの箇所も他社製品に比べて多く、重量の増加を抑えつつも剛性を増すように設計されているそうなんです。

そして、ボディ内部には超小型のパーツがぎっしり!使用されているインテル製のプロセッサは省電力、高パフォーマンスなインテル Core m7-6Y75 vPro。並外れた長時間駆動を実現するために、プロセッサやファン、ディスプレイなどの電力消費は極力抑えるよう設計されています。

レッツノートはLTEにも対応しており、ドコモのUIMカードを本体に挿入すれば高速通信が可能。本体に専用の高感度アンテナを内蔵しているため受信感度も良好で、新幹線や高速バスなどで移動している間も仕事をバリバリこなすことができます。

Wi-Fiルーターを別に用意したり、スマホでテザリングすると今度はモバイルバッテリーも必要になったり…出張時は荷物がどんどん増えてしまいがちなだけに、これもまた軽量化に一役買っている機能。

加えて、空冷ファンなど一つひとつのパーツに対してグラム単位で軽量化。全体で約770gという軽さを実現しています。

デザインを決定づける天板、
キーボードの取り付け→完成!

「8割方完成した状態からのスタートです」と説明されたものの、きっとひとりだったら完成まで漕ぎ着けることはできなかったハズ。わかりやすく詳しい説明書はもちろんですが、専門のスタッフが手取り足取り教えてくれたおかげで約2時間30分ほど掛けてなんとか作りあげることができました。

神戸工場は、セル生産方式(少人数で組み立てから検品をおこなう)を採用しているため、小ロット多品種生産が可能。だから「レッツノート」でも計7色の天板と12色のキーボードの中から組み合わせてオーダーできるだけでなく、インストールするOSやソフト類もカスタマイズできるんですね。

組み立て体験を通じて
わかったこと

今回の組み立て体験を通じて感じたのは、レッツノートが20年守り続けているコンセプト、「軽量」「頑丈」「長時間駆動」へのこだわりでした。ストレスなく持ち運べ、動き、働き続けることができるようにユーザーの声を拾い続けて行き着いた形、それがこのRZシリーズだと言えるのではないでしょうか?

ボディに充分な剛性を持たせるために開発スタッフが満員電車に乗って圧力を測定したり、プロジェクターでのプレゼン用にRGB端子を残していたりするのもその証拠。

キーボードのタッチへのこだわりやボディの素材へのこだわりが生む手触りなど、スペックだけでなく、繊細な感覚を伴う部分にまで気を使っているのもとてもよくわかりました。

ザ・ジャパニーズモバイルPC

まるで職人の手によって生み出された道具のように、使うほどに自分に馴染み、まさに信頼のおける「相棒」として仕事の生産性を上げてくれるのが想像できてワクワクしてきます。そう考えると「30万円超え」という価格も頷けてくるのです。

それが、ザ・ジャパニーズモバイルPCを目指すパナソニックならではのクオリティ。日本のビジネスシーンに最適化されたモバイルPCは、仕事の効率をグっと上げてくれるはずですよ。

Sponsored by Panasonic Store / Let’snote Premium Edition
カフェってPC作業に集中できるけど、あまり良く感じない人もいるみたい。たしかにコーヒーを楽しむ空間でカタカタと隣で仕事をされると…。あなたはどう思う?
テクノロジーの進化は私たちをいろんな面から解放してくれます。ひとつは「ライフスタイル」。 固定電話からモバイルになったことでいつでもどこでも連絡が取れるよ...
専用の背面パッドを併用することで、ノートPCやドキュメントホルダーまでも収納できるようになった。こうなってくると、ちょっとそこまで用じゃない。通勤でも、(...
自宅で扱うノートパソコン。どこへでも持ち運べる利点を生かすからこそ、ソファやベッドの上が作業場となる。けれど、意外に効率が良くないと感じた経験があるはずだ...
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
ノートPCやタブレット用のスタンド〈JOBSON(ジョブソン)〉の「JB435」です。コイツを底にかますだけで、傾斜がついてタイピングがしやすくなるし、P...
あなたのまわりには仕事がはやく、上司や周囲の評価が高い人はいませんか?仕事がはやいことは、多くの業務をこなすうえで欠かせないことですので、仕事ができる人の...
「オーダーメイド」と聞くと、どこかハードルが高い印象。当然、普通のモノに比べると割高だし、そもそもどこでどう依頼したらイイのか分からない人も多いはず。でも...
ケーブル類、バッテリー、ポケットwifi、ステーショナリーにケアグッズなどなど。およそ日常で持ち歩きたいものは、すべてこの「THE POWER PACKE...
自分は20歳若い!ということで、69歳のオランダ人男性Emile Ratelbandさんが「49歳」を正式な年齢と認めるようにと訴訟を起こしました。
米・ライフスタイルメディア「PureWow」に、デスクワーカー必見の記事がまとめられています。1日中PCで仕事を行っていると、健康上のいくつかの問題が発生...
オーダーメイドのビジネスウェアを得意とする〈FABRIC TOKYO(ファブリック トウキョウ)〉。スーツやシャツがメインですが、じつはチノパンのセミオー...
『やらなくてはいけないことリスト』を作っている人は多いでしょう。でも実は『やりたくないこと』が大切。何がやりたくないのか自分自身が知らないから。あなたの夢...
まるで三面鏡のような形をした追加スクリーン「Slidenjoy」は、パソコンに取り付けるだけで、簡単にスクリーンを増やすことができるというもの。複数人で映...
この4種類をデスクに常備しています。
子どもの頃なりたかった仕事や、見事な職人技を見て「やってみたい!」と思ったり、ある職業に就きたいと本気で思っているけれど、どうしたらいいかわからないーー。...
外出先でちょっとした作業をしたい。とはいえ、PCを持ち運ぶのは重たいし、扱いにも気を遣う。タブレットやスマホでできないことはないけれど、やっぱりいつも通り...
〈NATIVE UNION〉のLightningケーブルは、断線しにくいのが魅力。ケーブル自体に質感があって、スタイリッシュな仕上がりになっています。
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
常日頃からラップトップPCとモバイルバッテリーを持ち歩いている身としては、コンセントを確保するよりも、USBのほうが断然ラク。
あるゲームクリエイターが作ったのは「踏み込んだ」オトナのゲーム。矢印キーのみで操作できて、夜の過ごし方を学べるようにと作られたそうです。スマホからは楽しめ...
ペットの死後、剥製にする話を聞いたことがある。いつまでも一緒にいたいという気持ちは分かるけれど、何か痛々しい。世論でも、可哀想っていう声も多い。実際、やっ...
宇宙探索ソフト、SpaceEngine。自分で惑星をつくったりマニュアルを覚えて宇宙船を操作したり。とにかくリアルです!