使うだけじゃない。「SABON」を人に贈りたくなるワケ

冬の足音が聞こえ始めると、そろそろ大切な人に贈るギフトを考える時期。贈り物を選ぶ時って、相手の喜ぶ顔を想像しながら、なぜか自分もワクワクするものです。

ギフトを贈る人も贈られる人も幸せにする、イスラエル発のボディケアアイテムといえば『SABON(サボン)』。1997年に小さなソープ店としてスタートして以来、わずか19年で全世界の人々に受け入れられ、ここ日本でもギフトに欠かせないブランドとして確立しています。

人はなぜ、SABONのショップに行くとワクワクするのか?大切な誰かに贈りたくなるのか?そのエッセンスをキーワードで探ります。

幼馴染

SABONを作ったのは、現在も商品企画を担当するAvi Piatok(アヴィ・ピアトク)とデザインを担当するSigal Kotler Levi(シガール・コテラー・レヴィ)のふたり。実は家族同然に育った幼馴染なんです。

アーティスト気質なふたりは、SABONを単なるプロダクトとは捉えず、それを使う人の五感を刺激するような、そして使う人を幸せにする、モノ以上の存在にしようと愛を込めた商品作りを開始しました。

SABONのコンセプトは、幼馴染であるふたりの感性が響きあったこと、そして街全体がアーティスティックであり、家族や友人との時間を何よりも大切にするイスラエルという国だからこそ育まれたもの。

ハンドメイド

アヴィとシガールのふたりは、この新しいソープを世に送り出す際、徹底的に「ハンドメイド」にこだわりました。創業当時からソープを作ってきたのは、とあるファミリーの庭の一角にある工房。今でもその工房は現役で稼働していて、100%手作りのアイテムを日々生み出しているんです。

それだけではありません。創業当時は、すべてのラベルのデザインもシガールの「手描き」にこだわっていました。コーヒーのシミで風合いを出したりと、それはまさに「愛から生まれた芸術品」。当時からの変わらないこだわりは今でもいたるところに散りばめられており、きっとSABONの商品が「インテリア」として素晴らしい役割を果たすのも、そういったこだわりが詰まっているからなのでしょう。

「モノ」は売らない

その愛の深さは、ふたりのビジネスの進め方にも如実に表れています。

SABONの魅力に目をつけた世界の商社から取引の話が持ち上がった時、どんなにいい条件だったとしても、簡単に「Yes」と言うことはなかったそうです。なぜなら、彼らが扱っているのは「モノ」ではなく、SABONのフィロソフィだから。心の底からプロダクトを好きになってくれた「仲間」とだけ握手をする。そうやって、このブランドは世界に広がっていきました。 

「同じもの」がない

そんなSABONの中でも、ギフト用のパッケージはとりわけ特別な存在。世界中のアートからインスピレーションのかけらを集めたシガールがシーズンごとにストーリーを練り上げ、ゼロから作り上げるので、今までと同じデザインが出ることはありません。そして、ひとつひとつが独自の芸術性に満ち溢れていて、心躍るものばかり。

そう思うと、アイテムごとのスペシャル感がぐっと増してくると思いませんか?

ずっと残る

そして、SABONのアイテムを特別な存在にしている最も大きな要素のひとつが、「使って終わりではない」ということ。たとえ中身がなくなってもずっと手元に残しておきたくなる容器は、花瓶やちょっとした小物入れとしても部屋を素敵に演出してくれます。

デザインにこだわっている紙のパッケージだって、工夫次第で可愛い「しおり」や「ロゼット」として生まれ変わらせることができます。

「ずっとそばに置いておきたくなる」。アイテム自体のクオリティもさることながら、これこそがSABON最大の魅力ではないでしょうか。

 今年、大切な人にギフトを贈るなら、そんなストーリーを持った「SABON」にしてみては?

母親って、どんな時にも見返りを求めない。でも、だからこそ、クリスマスには最高のプレゼントを贈りたくなる。今年は、ちょっとユニークなプレゼントはどうだろう。...
Elite Daily」のライターJasmine Vaughn-Hallによれば、この地球上にいるほぼ誰にでも贈ることのできる最高のプレゼントというのは、...
クリスマスはもう直ぐそこ。恋人へのプレゼントの準備はできていますか?モノよりも心が重要!なんてここで言う必要もないでしょうが、「LittleThings」...
起業家大国とも言われているイスラエル。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、日本においての女性起業家10名のうちの1人として選ばれ、イ...
インターネット農学校「The CAMPus」が日本初となる「コンパクト農家の育成」に特化したオンラインスクール「コンパクト農ライフ塾」の第2期生の募集を開...
クリスマスプレゼントにぴったりなデザインウォールグラスのパイオニア「GOODGLAS(グッドグラス)」の新作「ルドルフ」。かわいいだけじゃなく、高い機能性...
香りが生むストーリーを大切にするボディケアブランド、SABON。そのなかでも、キッチンにあるようなジャム瓶やワインボトル、プルトップ缶などのフードパッケー...
コレクターが多い資生堂パーラーの洋菓子シリーズは、プレゼントを選びに銀座へ足を運ぶことも含めて、楽しい贈りものです。
Fireboxが売り出している「Beard Lights」。スベるかウケるか紙一重のアイテムです。
外国人に喜ばれ、贈るアナタも欲しくなる「日本のお土産」を羽田空港に店舗を構える「KIRI JAPAN DESIGN STORE」のディレクター・片桐氏が厳...
世界初、完全食のチョコレートが誕生した。各種ビタミンやミネラルなど27種類の栄養素をふんだんに使用し、栄養たっぷりの食材ばかりで作られた「andew」は現...
ちょっとしたプレゼントって、実は結構難しいもの。ちゃんと使ってもらえるものがいいし、そこにちょっとした特別感もほしいし、でも相手には気を遣わせない価格帯に...
1854年創業のフランス流紅茶専門店マリアージュ フレールのウェディングコレクションにある、紅茶と、紅茶のジャムがセットになった贈りものです。
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
物質的な「モノ」を買うことよりも、「経験」にお金を使うことの方がしあわせ。社会全体の価値観が、次第に体験、知識、思い出を積み重ねていくことの方へとシフトし...
バレンタインのギフト候補に、「BOTCHAN」のメンズコスメをリストイン!
5月16日、NASAが長期間の隔離生活が心身に及ぼす影響を調べるために、ロシア・モスクワでおこなわれる実験の参加者を募集し始めた。これは月や火星への有人飛...
「コールマン」のBBQグリルシリーズの電動ファン付き新モデル「クールスパイダープロ/L ファン」があれば、スマートにBBQを楽しめそう。
イスラエルが世界でも有数のバードウォッチング大国だって知ってました?
オンラインギフトチケットサービス「giftee」で「Uber Eats」のギフトチケットの発行がスタートした。
クリスマスを控えて、そろそろお祝いの準備を進めていることでしょう。そして、いつもこの時期に迷ってしまうのが、友だちや恋人へのプレゼント。渡したあとに「そう...
「ブックサンタ2019」は「厳しい環境に置かれている全国の子どもたちにイブの夜、サンタクロースが絵本を届ける」という新しい社会貢献活動。2017年にスター...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
イスラエルで開催されるフェス「Zorba The Buddha Festival」。イスラエル最大級のヒッピーフェスともいわれている同イベントでは、音楽や...