全米で大流行!日本初登場となる新ジャンルのドリンクって?

アメリカ全土で、新ジャンルのドリンクが爆発的な人気を呼んでいる。

その名も「リラクゼーションドリンク」

ピンとこない? それもそのはず、日本にはそんなジャンルのドリンクは流通してないから。でも、アメリカでは450種類(!)ものリラクゼーションドリンクが発売されていて、売り上げは年間240億円を超えるんだとか。

どんな飲み物なのか、めちゃくちゃ気になる…って人は、ちゃんとこの記事を最後までチェック。このたび、日本でも発売されることになったのだ。

エナジードリンクとは
まったく違う!

まずは簡単に、リラクゼーションドリンクとはなんなのかを、サラッと。

分かりやすく言えば、日本でもお馴染みのエナジードリンクの対極に位置付けられるもの。対比させるとわかりやすい。

エナジードリンクは種類にもよるけれど、カフェインなんかが入っていて「よーしやるぞ!」「元気だして行くぞー!」みたいな時に飲むドリンク。一方リラクゼーションドリンクは、その名の通り「一息入れようか?」「落ち着こうぜ」といった時に飲むドリンク。

当然カフェインフリーなので、同じ一息つく時に飲むコーヒーや紅茶とも異なる、新しいドリンクなんです。

リラックスすると、
逆にパフォーマンスが上がる!?

で、なんでアメリカでこの種のドリンクがウケているのかというと、別にダラダラするために飲まれているわけじゃないみたい。

むしろその逆で、この一大ブームの背景には「クリエイティブになれる瞬間やひらめきを得る瞬間は、心身がリラックスした状態の時である」という考え方がある。例えば、ヨガとかマインドフルネスみたいなキーワードを思い浮かべるとわかりやすい。過度の興奮状態にあるよりも、もっと落ち着いた状態のほうがベストなパフォーマンスが出せる…というのは、昨今スポーツでも、ビジネスでもよく言われていること。

アメリカでも、ミュージシャンやアーティスト、ヨコノリ系スポーツやヨガ愛好者、日々のストレスと闘うオフィスワーカーやクリエイティブワーカーといった、どちらかというとアクティブな人たちの間で流行しているようだ。

このネーミングとデザイン、新しくない?

さて、ここからは、日本初登場となるリラクゼーションドリンク『CHILL OUT』の話。

このチルアウトという言葉は英語のスラングで、友人がイライラした時や興奮した時に「落ち着けよ」「リラックスしろよ」「クールになれよ」という意味で使われている。同時に「仲間とくつろいで時間を過ごす」というニュアンスもあったりする。

まさに、リラクゼーションドリンクを飲むシーンにピッタリなネーミング。しかも、パッケージもGOOD。これまでの日本発のドリンクとは一線を画す、クールなデザインにも惹かれる!

販売店舗は限られている
(けど、手に入りにくいわけじゃない)

ただし、『CHILL OUT』の販売店舗は全国のコンビニ…ってところじゃないのが、またポイント。

販売されるのは、サーフィンやスケートボードを扱うショップ、アパレルやレコードショップなどを中心として、ちゃんと商品イメージとマッチしたお店のみとなっている。とはいえ、ナチュラルローソンの各店舗でもゲットできる。そんな、手にとりやすさはちゃんと担保されているのが、うれしいかぎり。

そして、最後に肝心の中身について。

これは飲んでからのお楽しみ。なぜなら、言葉でいくら表現しても、その「リラックスできる感じ」は伝わらないから。まずは一口、試してみて!

活力チャージのエナジードリンクに次いで、今度は逆に気持ちを落ち着かせるためのリラクゼーションドリンクなるものが登場。TPOに合わせた新ジャンルが次から次へ...
夏のアウトドアに欠かせない「ドリンククーラー」を、機能とルックス、そしてソロキャンプやちょっとした外出にも役立つ手頃なサイズ感から厳選して5アイテムをご紹介!
初見ではどんな味か想像がつかない。一口飲んでみるとはじめての味でびっくり。二口三口と飲み進めるとクセになる!
原宿にオープンした『Chabadi』では、タイのドリンクを買うことができます。味はもちろんのこと、ビジュアルでも楽しめる飲み物が用意されていますよ!
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
「Nice Balls」は、男性の体にぶら下がっているアレをモチーフにしたスクイーズ。要するに、ギューっと握って、ストレス解消ができるグッズです!
カナダで開発された歯磨きができるドリンクです。キシリトールを特殊製法で加工することで口内環境を整え、虫歯などの原因になる細菌を減らす効果があります。オーガ...
飲み会は楽しいけれど、辛いのは翌日の二日酔い。朝から予定があったりすると、なおさら大変です。この症状に対抗すべく、シリコンバレーのエンジニアが立ち上がりま...
初見ではどんな味か想像がつかない。一口飲んでみるとはじめての味でびっくり。二口三口と飲み進めるとクセになる!
昨日2015年12月22日(火)。国内初となる“真っ白なスターバックス”が新宿サザンテラスに登場し、大きな話題を呼んでいます。ここで体験できるのは、雪を思...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
旅先で鮮烈な色のスポーツドリンクに出会うと、海外を意識することがあります(私だけ?)。運動中の水分、ミネラル補給にあのビビッドな液体がどうして必要なのかは...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第6回は、台湾中に店舗がある人気ドリンクスタンド「50嵐(ウーシーラン)」での、通なオーダ...
去年の桜や一昨年の桜、どんな風に咲いていたか覚えてますか? 今年の春は、日本人らしく季節のお茶を片手に、一瞬一瞬を生きる桜の表情をしっかり目に焼き付けたい。
水分補給が欠かせない、夏ーー。とは言っても「なにを飲むか」は、仕事中でもバケーション中でも、つねに頭をめぐるテーマですよね。ここで紹介するのは、海外で話題...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
日本に上陸するやいなや、瞬く間に圧倒的な地位を築いた「ICE MONSTER(アイスモンスター)」。新食感のかき氷を求める長蛇の列は、オープンから1年が経...
Why Juice?は、現代人に必要な「バランスのとれた食生活」を、 Easy&Fastなアプローチで解決するジュースブランド。栄養素を壊すことなく生きた...
気力と体力をブーストさせるエナジードリンク。でも、飲み過ぎによる危険性が問題視されるなど、何かと話題になることも。リスクを気にせず「自宅で簡単に天然のエナ...
ティッシュやのど飴に頼るだけでは不十分。カラダの中からポカポカあったまるドリンクをどうぞ。
日本人には聞きなれないオルチャータという飲み物があります。なんでもこれ、スペインやメキシコなどラテン系の人たちが愛してやまない夏の風物詩だとか。
5月にオープンしたカジュアルダイニング「Chew&Chug」が提供するのは、フードもドリンクもすべて片手で持てるオールインワンのテイクアウト!
インドの夏には欠かせない、体を涼ませるドリンク!フレッシュなミントをのせて、キンキンに冷やせば、完成です。
去る2015年9月27日(日)、台湾ティー専門店「Gong cha(ゴンチャ)」の日本第1号店が東京・原宿にオープン。SNSでは早くも、「とにかく美味しす...