あなたが「恋愛」から遠のいてしまう10の理由

街コンやマッチングアプリ、SNS。異性と出会う方法は昔と比べて随分と「お手軽」になってきました。にも関わらず、恋愛から遠のいている男女が増えている、と主張するのは「Elite Daily」の恋愛アドバイサーPaul Hudsonさん。

あなたはロマンチスト派?それとも後回し派?どちらであろうと、この記事を読んで、もう一度自分の恋愛傾向を見直してみましょう。

01.
恋愛が成就するまで
待てなくなってきている

どんどん便利になっていく世の中。わざわざレストランに足を運ばなくても自宅まで食べたいものを送り届けてくれるサービスがあったり、スマホを開けばすぐに便利なアプリが暇をつぶしてくれます。

欲しいものが「すぐに」手に入る世の中だからこそ、結果が出るまで「待つ」ことが億劫になってしまうのかもしれません。でも、恋愛だけはインスタントというわけにはいきません。毎日少しづつ愛情を注いで、努力した結果が一生の大切なものになるのですから。

02.
酔った勢いの
出会いばかり

落ち込むとすぐに「飲みに行こう!」と友だちを引き連れ、お酒で癒そうとしていませんか?

もっと言うと、お酒に酔った勢いで関係を発展させてしまった男女もいるかもしれません。酔いが醒めたら、お酒が入っていたときとの気持ちのギャップにガッカリ…なんてことにもなりかねません。

03.
セックスを軽視していて
恋愛感情が麻痺

もちろんセックスは魅力的ですが、体だけの関係は寂しさを増長させるだけ。エスカレートすると、セックスだけで満足されてしまい「恋愛なんてしなくていいや」と大切な感情を忘れてしまったり…。

スポーツ感覚でセックスをしていると、感情が麻痺していくのです。大切な人とするからこそ、特別なものになるのだということを思い出してみては?

04.
自分のことしか考えていない

誰だって、自分が一番カワイイのは当たり前。良くも悪くも、人間はそういう生き物なのです。でも、自分のことばかり可愛がりすぎると、相手の気持ちを汲み取れなくなります。周りと良好な関係を保ちたいのであれば、最低限の思いやりが必要です。

それなのに、自分ばかりを優先する人が増えているように感じてしまいます。

05.
「恋人探し」が
義務になっている

好きだから付き合うのではなく、相手がいないといけないからとりあえず付き合う。パートナーを失うのが怖いから、ダメな恋愛を断ち切ることができずにいる。そう思い込んで、必死に相手を探していませんか?

でも、よく考えてみてください。ダメな恋愛に時間をかけている間に、ステキな誰かを逃しているかもしれませんよ。

06.
妥協ができない

欲しいものは、欲しい。欲しくないものは、欲しくない。意見がハッキリしているのはいいことですが、恋愛の場合は相手の言い分にも耳を傾けないと、どちらかが傷つくことになってしまいます。

妥協しなければいけないところは、潔く折れましょう。それができなければ、恋愛はうまくいきません。

07.
ドラマチックな展開を
期待しすぎ

ディズニー映画みたいな「ふたりは末長く幸せに暮らしました」なんていうエンディングの映画ばかり見てきたせいか、多少なりともそれを期待してしまう…。でも現実は、物語のようにうまくいかないもの。

期待すればするほど、残念な気持ちになります。関係がうまくいかないことだってあるでしょう。それを受け止める「強さ」が欠けているのかもしれません。

08.
「完璧」を求めてしまう

この世に完璧な人なんて、誰ひとりとして存在しません。だから、人間は人生でたくさんの失敗をするのです。

それなのに自分自身も完璧になることを目指したり、相手に完璧を求めたり…。手に入らないものを追いかけても意味がない、ということになかなか気づけないでいるのです。

09.
「恋愛」が後回しに
されてしまっている

一人ひとりの個性を尊重するようになった現代。以前までは、「誰かのために働くことが素晴らしい」という考え方が浸透していましたが、しっかり自分のビジョンを持つことが「立派」だと思われるようになったのです。

それは喜ばしいことであると同時に、「ビジョンを持つこと」に執着しすぎてるという欠点もあります。その結果、恋愛が後回しになるケースが増えてきました。パートナーがいてこそ、物事がうまくいくこともあるんですよ。

10.
そもそも、恋愛下手

人は、恋をすると困惑します。感情も変わっていくものなので、今は愛情があったとしても、それが続く保証はどこにもありません。そんな不安定さから「理解不能」と恋愛を放棄してしまう人だっているでしょう。

もしかしたら、私たちは恋愛が下手な生き物なのかもしれません。でも、この不可解なことを理解しようと努力してこそ、幸せになれる気がするんです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「パートナーのため」と思ってしていることが、じつは想像以上にあなたの首を締めてしまっているかも…?だって「犠牲」と「妥協」のちがいは、恋愛にどっぷりハマっ...
恋人よりも、友達とのセックスが好きだった。なにもかもを理解してくれる人、言葉にしなくてもわかってくれる人。僕らは最高のパートナーだと思ってた。恋愛なんかじ...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。それを「Elite Daily」のMaria Cascianoさんは「初めての大人の恋愛」と呼んでいます。...
日頃の彼の行動、改めて思い出してみてください。
「The World's 50 Best Bars 2020」が発表され、日本からは10位に「The SG Club」、40位に「Bar Benfiddi...
パートナーとの関係を深めるのが怖いという思いは、往々にして辛い過去に結びついているケースが多いという。「本気で人を好きになって傷つくのが怖い」そうして逃げ...
期待に応えてくれないパートナーに、イライラしていませんか?もしかしたらそれは、恋愛に対する「期待」が大きすぎるせいかもしれません。そう気づかせてくれるのは...
人にはそれぞれソウルアニマルがあると言われています。それを知ることで、心の中に潜んでいる感情はもちろん、潜在的な性格と恋愛観も知ることが。ネコ、キツネ、パ...
長い付き合いでは、努力が必要です。そこで自分が我慢したり妥協したりとあるかもしれませんが、そこで無理に妥協してはならない7つのことを紹介します。
人それぞれに個性があるように、セックスの方法だってさまざまです。同じ恋人とのセックスでも「毎回同じ」ということはないはずです。でも、その1つひとつに違いが...
「Soup Stock Tokyo」とファミリーレストラン「100本のスプーン」が、レトルトの離乳食「あかちゃんがなんどもおかわりしたくなる離乳食」を共同開発。
恋愛は、人を盲目にします。ひとつの恋が終わって初めて、大切なことを学ぶこともあるでしょう。「Elite Daily」のライターPaulaさんが寄稿している...
「Elite Daily」の人気レズビアンライター・Zara Barrieさんは、30代がパートナーに求めるべき特徴を洗い出してくれています。少しぶっ飛ん...
初めに言っておくと、ライターShantanu Prasher氏が書いたこの記事は、少し極端な内容かもしれません。というのも、20代では「真剣な恋愛」などす...
どんな関係でも、ずっと出会ったばかりの頃のキラメキが続くなんてことはなく、必ずいつかは色褪せてしまうもの。でもそれは、決して魅力が無くなったとか、愛が終わ...
今のパートナーにいまいち満足できない、本当に幸せなのか分からない、何だか無理をしている気がする…それは、そもそも恋愛へのアプローチ方法が間違っている可能性...
世界中で使用されているWeb会議ツール「Zoom」。無料版ライセンスユーザーは、通常40分間でタイムアウトする時間制限が各ミーティングにかけられているが、...
「フィリップス」より「電動ファン」付きの「ブリーズマスク」がデビュー。本日19日(木)、「Amazon」及びブランド公式オンラインストア楽天市場店にて発売...
「愛が薄れてしまったから」、「より理想と思えるパートナーに出会ってしまったから」。一度はうまくいっていた恋愛が幕を閉じる理由はいろいろあるでしょう。ところ...
『バチェラー・ジャパン』シーズン2に出演し、「肉食バイヤー」と紹介されていた桃田奈々です。自己紹介、恋愛、仕事、美容、旅というテーマで5回にわたりコラムを...
いまの恋人に満足はしているんだけど、ベッドではなかなか満たされないの…なんてお悩みの女性にぴったりの記事を書いたのは、女性ライターのCaitlyn And...
恋愛って難しい、恋愛に自信がない、人と距離を縮めるのが怖い…。これは、大小の差はあれど、男女関わらず抱えている悩みのはず。何かしらの理由でコンプレックスを...
平凡で落ち着いた恋愛と、愉快で変わった恋愛。あなたなら、どちらを選びますか?「Elite Daily」でPaul Hudsonさんがオススメするのは、ちょ...
燃えるような日々も、いつかはロウソクの灯火に。恋愛感情が冷めていく過程とは、往々にしてそんなもの。相手と会話をしているときにスマホの画面を眺めていたり、恋...