1,000社以上で講演をするプロが伝授。イメージ通りにトークが弾む「質問スキル」

同僚との雑談や、クライアントとの仕事以外での会話が続かない…。自分がコミュニケーション下手なのはわかっているけれど、一体どうすれば解決できるか分からない、と悩んでいる人もいるでしょう。

今回紹介する『人を動かしてしまう すごい質問力』の著者、櫻井弘さんは、今まで1,000社以上の企業に講演をしてきた、まさに会話の専門家。研修してきたなかには、プロの記者やインタビュアーもおり、そこでトークのテクニックを教えているのです。

そんな彼が、著書にまとめた「話を引き出す技術」とは?

本気で相手に興味を持てば
勝手に質問が生まれる

5da0fe7a5c75917302a5d240349192b362d18293

雑談中に何も思いつかないとき、こう思考する。

「この人はどんな人生を歩んで、どんなことが好きで、どんな……」

会話が途切れ、気まずい空気になったーー。こんな経験がある人は多いでしょう。話が続かなかったり、質問が出てこないのは「自分とは関係ない」という意識がどこかにあり、思考を停止させているためです。

コミュニケーションを上達させるためのポイントは、まず「興味を持つこと」です。相手に対して関心が湧けば、自ずと「もっと深く知りたい」と思うようになります。

初対面の人を好きになることができれば理想的ですが、簡単に性格は変えられません。ただ、意識の矛先を変えることはできますよね。「この人のことをもっと知れば、自分にとってプラスになる。だからこの人は大切なんだ」と自分に言い聞かせるだけでも、効果は出ます。思いついた言葉をどんどん投げかけてみましょう。

気になったキーワードを
繰り返してみる

話題をもう少し詳しく聞きたいときは?

「ほう。○○ですか!」(オウム返し)

人から話を引き出すときに欠かせないのが相槌です。

無言の頷きでも良いのですが、相槌をうまく入れることで話にリズムが生まれ、だんだん饒舌になっていきます。ブランコを押すときのように、相手の呼吸にあったタイミングで差し込むことが大事です。

その中でも、不可欠なのがオウム返しです。

キーワードを繰り返すことで、その話に関心があることが伝わります。これは「私はその話に食いつきましたよ!もっと話が聞きたいです」という合図になるのです。例をあげましょう。

相手「僕が最近気になるのは○○かな」
自分「○○?」
相手「そうなんだよ。○○っていうのはさ…」

こうして気になるキーワードを繰り返すことで、さらにその話題についての見解を導き出すことができました。質問は思考を誘導するものです。つまり、話が先に進んでしまうことを防ぎ、強制的にその話題を止めることができます。こうすることで内容に厚みが加わり、深くコミュニケーションが取れるようになるでしょう。

ただし、さほど重要ではない単語を拾ってしまうと、話す気分が削がれてしまうことがあるので注意してください。

反論を吹っかけて
饒舌にさせる

1518454691cc2bb07ea83d6f21e4aaf7eef20589

深い議論をしたいとき。

「本当にそうか?俺は反対だな」

あえて違う意見を述べて本音を引き出すというテクニックは、扱いが難しいものの、最強の手段でもあります。ここでの目的は、喧嘩をすることではなく、本心を言ってもらうことです。感情的になる前にサッと身を引き、話題を変えれば問題ありません。もし、上司や饒舌な人など、真っ向から反論することに躊躇してしまうのであれば、自分の言葉ではなく他人の言葉を使うと有効です。

「上司が納得しないんですよ。どう説得しますか?」
「世間ではこうした手法に対して反発が多いように思われます」
「○○さんは異なる見解ですが、どう思われますか?」

こうして自分の意見ではないことを前提にしておけば、簡単に引くことができます。険悪なムードにならずに、反論を聞き出しやすくなりますね。

これは、相手を自分の土俵へおびきよせる挑発行為ではありますが、人間関係を向上させるテクニックでもあるのです。

あなたは、部下とうまくコミュニケーションできている自信がありますか?知らぬ間に相手を怒らせたり、イヤな気持ちにさせていませんか?会話の専門家である櫻井弘さ...
出会ったばかりだと、2人で出かけても意識してしまい、なかなか上手く喋れないこともあるでしょう。そこで、会話のキッカケになり相手をより知ることができる「魔法...
聴覚に障害のある人たちに、ある質問をした「Cut」のインタビュー動画がいま注目を集めています。彼らにとって、それはとてもデリケートな問いかけ。「今までされ...
人々は間違った質問の仕方をしている。実体験をもとに、こう主張するJeff Haden氏は、250名の従業員を抱える工場経営者として活躍する人物。彼は、質問...
人の関係はずっと同じとはいかないもの。長く一緒にいれば、どんなに仲の良いカップルだって、うまくいかない時期がやってきてしまいます。「The School ...
パートナーと一緒にいる「安心感」に敵うものは、なかなかないですよね。でもその関係、見掛け倒しではありませんか?心の底から寄り添うためには、お互いに深く理解...
「Thought Catalog」のNicole Tarkoffさんがリスト化した50の質問は"彼女を知る"前提で書かれていますが、"彼"に聞くのも全然あ...
気になっている人とのデート中に、話を盛り上げるきっかけにもなりそうな、「Elite Daily」で見つけた6つの質問。なぜ、この質問をする意味があるのかも...
世の中には「話しやすい人」と「話しにくい人」がいますよね。話しやすい人と会話していれば、自然と盛り上り、また会って話したくなるもの。話しにくい人は会話がな...
会議が煮詰まってきたとき……「何かいいアイデアはないか?」と聞かれても、なかなか難しいものですよね。部屋全体に「うーん」という重い空気が充満していくシチュ...
「Inc.com」で公開された記事「この7つの質問に『Yes』と答えられたら、あなたは成功している」は、常に高みを目指しているビジネスパーソンにだけ紹介し...
恋をしたいと願う男女が36個の質問に答え合い、その後4分間互いを見つめる…すると二人は恋に落ちてしまう。子ども騙しの“おまじない”のように聞こえるかもしれ...
あなたは今の人生や生き方に満足していますか?心のどこかで、もっとこうしたい、ああしたい。そんな気持ちがあるのなら、いま一度この質問を自分の心に問いかけてみ...
30代なら特に考えたいことかもしれない。そして、結婚したいと考えている人ならなおさら慎重にいきたいところ。「Elite Daily」で紹介されていた、ある...
信頼していた恋人がもしも嘘をついて、浮気をしているとわかった時、投げかけるべき5つの質問。今の本当の気持ち、どんな気持ちで裏切っていたのか、これから浮気相...
「準備⇒本番⇒フォロー」の3ステップに沿って学んでいくことで身につく、プレゼンや商談、面接で役立つコミュニケーション術「アクティブ リスニング」。今回もコ...
「I Heart Intelligence」より紹介するこの30の質問は、アナタ自身への問いかけです。だけど、そもそも答えが用意されているようなものじゃな...
コミュニケーションをより深くするために、気の利いた質問をせよーー。とは、よく耳にする話。ここで紹介するのは、「Mantelligence」が紹介したもの。...
ロサンゼルスで新たに始まったこのサービスは、スマホを使って質問に答えていくだけでOK。各議員のスピーチや態度、財政、貢献度などなど様々なデータを参照してア...
女性としては、好きだからこそしてしまう質問ばかり。でも、男性にとっては答えるのも面倒くさい…。彼氏がいる人はもちろん、いない人にも見てもらいたい記事です。...