自分の作品は誰かを救えるのかという、どうでもいい考え

あの震災がおきた時、何をしていたか。
私は、それがあまりにも情けなくて今まで誰かに話すことがあまりできなかった。

震災があった3月11日、私は銀座のオフィスビルの中にいた。美大を卒業して1年ばかり。右も左もわからずただ一生懸命働いていた私は、オフィスビルで繰り返される揺れの中、机の中でMacbookを広げていた。仕方なかった。

その翌日からは会社が休みになった。忙しい毎日にブラックホールのように休みができた。仕事の再開は2週間後。あまりにもぽっかりと時間だけがあった。パンも米も電気も途切れ途切れだった。

 

情けないのはここからだ。会社から近かった私の家に避難してきた同僚や後輩たちがぽつりぽつりと帰って行き、家には私だけになった。東京出身だから実家に帰るということもなく、あるのは静かな時間だけ。
Twitterには優しい言葉や役に立つ豆知識や物資を運びますという言葉が並んだ。生理用品が足りないらしい。ビニール袋でカイロを作れるらしい。下北沢では自家発電で原発反対のライブが行われるそうだ。美大の写真学科の先輩も、カメラを持って現地に出向いているのをSNSで知った。

時間もある、美大も卒業したから制作の心得もある。けれど、私は沼のなかにいるように何もできなかった。それまで人の役に立てると思って写真を学んできたが、この真っ暗な東京や、まして現地にカメラをむけることなんて思いもつかず、朝から晩までぼうっとラジオを聞いていたら2週間が終わっていた。

2週間が終わる頃、それまでACのコマーシャルしか流れなかったテレビでお茶漬けのそれを見たら涙が溢れた。情けない。何もできなかった。誰の役にも立たなかった。その後数年間カメラを触りもしなかったと思う。私の何かを作る行為は、結局何の役にも立たないんだということに勝手に悲しんでいた。

6年が経って、あるプロジェクトを手伝うことになった。宮島達男さんという現代美術家の作品制作のクラウドファンディングだ。

876a958f79b881b32bf5ff5527bf5d0f48d2ce8c

宮島さんの作品はLEDが明滅するデジタルカウンターを用いたものが有名で、このカウンターは1から9の数字を繰り返し表示している。0を表示することなくそれぞれが異なるスピードで動く様子は人の命を表している。

A154a254c3b0714e8a660055566932c99e82ad0b

出典:https://motion-gallery.net/projects/tatsuomiyajima
「時の海-東北」模型、(2016年プレ展示風景)

東北の津波被害にあった場所に巨大なプールを作り、そこにそのデジタルカウンターを沈めた作品をつくるのだという。二度と波が起きない穏やかなプールの底で、いつまでも明滅を続け命の光を灯すカウンターを思うと、まだ見ぬ作品に胸が震えた。

 

打ち合わせをしている時、驚いたことがあった。
宮島さんは震災が起きて3日で東北に行き、東北の方と一緒に泥かきをしたのだということ。途方もない量のがれきと泥とただひたすら戦ったのだという。その後も何度も東北に足を運び、ボランティアを行ったのだそうだ。
震災が起きて3日で東北に入ったということは、あの時の交通の状態を考えればおそらく即断だっただろう。私は自分の情けなさの正体がうっすらと見えてきたような気がした。

4260b963d171a3f1a23c1e8e81bfdfcc47856e1f

出典:https://motion-gallery.net/projects/tatsuomiyajima
石巻市内(2011年)撮影・宮島達男

自分の作品が何かの役に立つんじゃないかという驕り。または、どうやったら作ったもので役に立てるかという身勝手な思考。そんなどうでもいいことをグズグズ考えていたから、何もできなかったのだ。それを勝手に悲しみに変えて、意味のない無力感を味わっていた。

その頃宮島さんはを泥かきをしてがれきをよけて、ドロドロになりながら目の前の人を助けた。宮島さんにとって作品を作ることは当たり前のことで、泥かきをした思いのまま、作品も作った。そこに嘘も驕りもないから、圧倒的な説得力を持っているのだった。

 

自分の作品が誰かの役に立つか。世の中のためになるか。そんなことを考える人は多いと思う。それ自体はいいことだ。けれど、それが作品をつくることの足かせになっているのなら、作品かどうかは置いておいて今必要だと思うことをやってみるのもひとつかもしれない。制作することが手癖のように当たり前になっていれば、どこかで作品と結実することもあるのだから。

私はどうかというと、仕事のおかげで「どうでもいいこと」を考えずにシャッターをきれるようになった。仕事だから撮る。必要だから撮る。きれいだから撮る。手癖のようにもういつでも写真を撮れるから、いつか誰かの役に立ちたい時にもきっと自然に写真を撮れるだろう。

3月11日、震災に思いを巡らせる時間があるのなら、宮島さんのプロジェクトも覗いてみてほしい。どうやったら役に立つかな、なんて考えをすっ飛ばした行動力と誰かを想う気持ちが結実した作品だ。

そして、優しいあなたの作品はきっと誰かの役に立つ。
「どうでもいいこと」を考えてそれを難しくして、どうか制作をやめないで。

引用元:PARTNER
執筆:出川 光
その名も「Earthquake Lamp」。世界中で起こる地震に反応し、光を放つ。
去る2月6日深夜に起きた台湾地震。いま僕たちには何ができるのだろうか。
東日本大震災から7年。あの光景は忘れていないし、忘れてはいけないと、心に刻んでいます。そして、未曾有の出来事がいつ自分の身に起きてもおかしくないのだと、こ...
Netflixオリジナル作品『アート・オブ・デザイン』は、今世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。デザインやアートのドキュメンタリーって聞...
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
あの日、あなたは何をしていましたか。震災のあと、被災地には支援物資がたくさん届きました。米、パン、カップ麺、缶詰、レトルト食品など、すぐにエネルギーに変わ...
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
2017年5月13日(土)〜14日(日)にかけて開催予定の『第一回 ASO ROUND TRAIL』は、全長約105kmに及ぶ九州初となるロングトレイルラ...
銀が溶け出すようなアートは、イタリアを拠点とするAlessandro Pagliaさんによるもの。何本ものペンを使いこなして、現実とはかけ離れた作品を作り...
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
東日本大震災から6年。自然の脅威を見せつけられたあの経験から、私たちは何を学んだのか。そう遠くない将来にまた起こると言われている「震災」に対して、どれほど...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
ルービックキューブのような、現実にはありえないこの部屋。
ダジャレでアート、DAJAART。それは、言葉でしかなかったダジャレをアートとして再現したもの。誰も見たことがなかった新しい世界感はクセになること必至です...
震災からまもなく1年を迎える熊本。その節目となる2017年4月16日(日)、表参道COMMUNE2ndで熊本の魅力を発信するイベントが行われます。この日だ...
歯ブラシって、なぜか高機能そうでシャープなデザインばっかりでつまらない。アートな暮らしに憧れているなら、こんなところまで気を使いたい!
世界一大きなグミのピザをつくるというおバカなことを、大真面目にやってのける大人たちの動画があります。思わずクスッとなる場面がいくつかありますよ。Check...
休耕地で、染料である藍を育て、藍染めをつくるプロジェクトが始まっています。福島県大玉村は、もともと藍染めで有名な村だったわけではありません。震災後、稲作を...
2016年4月14日と16日未明に、熊本と大分を襲った「熊本地震」。あれから1年と約半年。熊本出身者であり、当時、熊本で地震を経験した私の耳にうれしいニュ...
瀬戸内国際芸術祭2016で発表された作品「檸檬ホテル」。 古民家が1軒まるごとアート作品であり、1日1組限定だが泊まることもできる宿泊施設でもある。そんな...
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
アートを買うきっかけってどんなとき?購入する背景は様々だし、金額もピンキリ。富裕層とそうでない人で感覚の違いもある。中目黒高架下の並びにあるギャラリーで、...