実はいつも「SEXで我慢していること」がある女性へ

両想いになれたとしても、恋愛にはまだ突破しなければならないものがある。そう、「体の相性」だ。こればかりは試してみないと分からないし、どんなに愛があったとしても、事実として痛いものは痛い。

相談出来ずに我慢して、ひとりで抱えている女性も多いのではないだろうか。誰にでも起こりうるからこそ、全ての女性に向けて「Elite Daily」のこの記事をおくりたいと思う。

406b66f04421786368600454ab338d9e9b4f362d

16歳から74歳の女性、約7,000人を対象に行った最近の調査では、10人に1人がSEXに痛みを感じていることがわかりました。特に、34歳以下の人に多いそうです。

その原因は、あなたにだけあるのでしょうか?経験不足、思いやり、コミュニケーション、行為中のストレスには様々なケースが考えられます。「Elite Daily」は、Northwestern大学産科医学のLauren Streicher博士の意見をもとに、対処できる3つの方法を考えました。

その1.
痛みの原因を見つける

831ef7c62d4bd9071d45f636bfe5c5867ac4f886

初めてパートナーと夜を共にした時、あなたは快感を得ることが出来なかったかもしれません。そのあと回数を重ねても、毎回何らかの問題がありますか?

経験回数や緊張によるものもありますが、痛みが続いてしまう場合は「性交疼痛障害」の可能性が高いそうです。

性交痛が起こるのは、「挿入時」と「挿入後」の2種類で、前者の主な原因は、外陰・腟の萎縮や炎症など、後者から痛みが始まる原因は、体内への侵入を防ごうとして、膣内の乾燥を保とうと体が反応してしまうためだと博士は言います。

「痛み」にもたくさんの種類があり、それぞれ原因が違います。誰にでも起こる可能性があり、珍しいことではありません。痛みが訪れると、保護しようと反射的に体が動いてしまうのです。その状態が続くことは大きなストレスで、パートナーとの中を引き裂く原因になることも。産婦人科に相談してみるなど、いち早く原因を見つけてあげることが大切なのです。

「自分が思っているより、10倍早く伝えたほうがいい問題である」

その2.
ローションを使ってみる

不潔だと思っている人もいるかもしれませんが、ローションは美容製品のようなものです。何より、行為中の痛みを即座に取り除くためには、とても効果が期待出来ると博士は言います。パートナーとの時間を、より楽しくするものでもあるのです。

どんなSEXであっても、外陰部、膣および骨盤底は少なからず傷ついている可能性が高く、ケアしてあげる必要があります。刺激薬やアレルゲンを避けて、自分の体をいたわることに意識を向けてみて下さい。

その3.
「ふたりの問題」だと理解する

B50f0aa29531f101ebebed9f504d9cfb0efbdf4d

SEXに対する恐怖心が根付いてしまうと、なかなか払拭することが出来ません。痛みの予想は、実際の痛みと同じくらい有害であることを覚えておいてください。なぜなら、多くの女性が身体的な問題が解消された後も、行為ができない状態にあるからです。

パートナーが求めるものを提供出来ないと心配することで、あなたはどんどん追い詰められてしまいます。もしパートナーが医者に相談することに否定的なのであれば、克服は難しいでしょう。

今は見て見ぬフリをしていても、何かを我慢しているのであれば、結局は伝えなければならないのです。それほどSEXの痛みは、ふたりの関係性に大きな影響をもたらすものだから。

体のことを、あなた自身が1番理解してあげて下さい。「痛い」と認めるだけで、時には気持ちが楽になることもあります。

最も重要なことは、自分で体のケアをして、痛みを伴う行為は永遠に続くものではないと気付くことです。

乗り越えた先には、必ず喜びがあります。約束します。

Licensed material used with permission by Elite Daily
女の子から新しいプレイを勉強したり、誘ったりするのって結構恥ずかしいと思う。そこで、「Thought Catalog」のHolly Riordanさんが紹...
ベストなセックスとは何か?私たちは、このドラマで学んだはず。
付き合いはじめはベッドから抜け出せないほど“愛し合っていた”のに、いつしかその熱も冷め。気づいたらセックスは誕生日にしかしていない、なんて状況。これって普...
いまの恋人に満足はしているんだけど、ベッドではなかなか満たされないの…なんてお悩みの女性にぴったりの記事を書いたのは、女性ライターのCaitlyn And...
ラブラブな夫婦生活をおくるライターAnjali Sareen Nowakowskiからのアドバイス。読めばやっぱり、単なる“おのろけ”。ところが、まんざら...
Tayi Sanusiさんがこの記事で紹介しているのは、ヨーク大学の心理学教授の意見を参考にした、心理学的な視点から紐解く「セックスライフ」。彼女曰く、マ...
「オトコ大好き!SEX、大好き!」って公言してしまう女の子。個人的にですが、振り切ってる清々しさが好きです。そういう女の子の話って、面白いし(笑)『Eli...
痛いわけでもないし悲しいわけでもないのに、SEXによって溢れてくる涙があるのです。調査によると、46%の女性が「行為によって、なぜか泣いたことがある」と答...
夫婦円満の秘訣は互いに「平等」であること。現代社会においては、夫が稼いで妻は内助の功に徹する、なんて構図の方が珍しいくらいです。じゃあ、掃除や洗濯、料理に...
米・パデュー大学が発表している2つの研究を「I Heart Intelligence」が紹介しています。カップルの関係がうまくいかない理由ってなんだろう?...
The Journal of Sex Researchの研究によれば、女性のオーガズムにこだわるのは「満足させたいから」というのは表面的な理由であって、「...
彼女がセックスに対して、どう思っているかちゃんと聞いたことはありますか?彼氏に、自分がどういうセックスが好きなのか伝えたことはありますか?「Elite D...
4月某日 PM11:00友達だったのに、私たちはセックスした
「私がこの世で一番愛しているのはキスよ。セックスの素晴らしいプレリュードだから」と語るのは、「Elite Daily」の女性ライターZara Barrie...
研究結果を踏まえながら、最高のSEXのために必要なことや不必要なことが綴られている記事。数字も引用しつつ細かく説明しているので、今のセックスライフを少しで...
セックスセラピストの肩書を持つCyndi Darnell氏の意見は、「夜の営み」に悩むすべてのカップル必見。というのも、マンネリ化したり、義務的になってし...
ちょっと大胆な発言になってしまうのだけれど、「朝のセックス」ってどうしてあんなに気持ちいいんだろう?大好きな人が目を覚ました時に、隣にいるって本当に幸せ。...
愛し合うカップルなのであれば、相手のカラダが欲しくなるのは当たり前。でも、ストレスや慢性的な疲労、様々な刺激にさらされ続けている現代人、「そんな気分じゃな...
パートナーと、一緒に料理を作ることはありますか?ホンネをぶっちゃけた記事が人気の女性ライターGigi Engleが、恋人同士で料理を作ることの素晴らしさを...
どんなにカラダの相性がいいカップルにもいずれやってきてしまう、倦怠期。それを乗り越えるためには、いつもとは違うシチュエーションを試してみたり、セクシーな下...