バスルームを一気に華やかにしてくれるシャンプー、見つけました。

発売直後に1ヶ月以上の入荷待ちになるほど、人気が爆発したシャンプー「BOTANIST(ボタニスト)」。今もそのヘアケアとしての実力と、女性の心を掴んではなさない華やかな香りには、根強い人気があります。

そんなBOTANISTが、再び大きな話題になってるのを知っていますか?

旗艦店「BOTANIST Tokyo」オープン記念
限定ボトルが、かわいすぎる!

3244e6f4330ddf1ac119bcca4e068bf85699fd44

7/15(土)にオープンしたばかりのBOTANIST初の旗艦店、「BOTANIST Tokyo」。オープンからまだ1週間しか経っていないのに、Instagram上には#botanisttokyoのハッシュタグがついた投稿だけでも約300件にのぼる注目度!

この旗艦店オープンを記念して数量限定で発売されたのが、「OPEN記念限定ラベルシャンプー・トリートメント」です。ボタニカル柄をまとった限定ラベルが、バスルームをぐっと華やかにしてくれること間違いなしなんです。シンプルながら、本当にかわいい!

348f08a25a658d47b2f9049a25840c2e42a77905

いまさら聞けない!
BOTANISTの実力をおさらい

ただかわいいだけが、BOTANISTではありません。ヘアケアとしての実力こそが、人気の秘密ですから。いまさら聞けない!というひとのために、簡単におさらいしてみましょう。

■こだわりぬいた植物由来の天然成分

Db9724c1570d6fc38e0731988fc14e6876f5c801

BOTANISTシャンプー・トリートメントはこだわりぬいた植物由来の天然成分でできています。毎日使うものだから、なるべく人工的な添加物を含んでいないものを選びたいですよね。

61cc49d3a56e19d456acf42ee8023b9167b3efdc

■お子さまでも安心して使えます

3faead5ab6145ccf42e05960af5c0bedf8287658

大人からお子さままで、家族みんなで使える優しさも。古くから植物由来の洗浄成分として活躍している、弱酸性の『せっけん成分』を使用しています。汚れは落としつつ、肌のバリア機能を守って、潤いのある根元に導いてくれますよ。

■「なりたい髪」にあわせて選べる2タイプ

8d9858f21d6b82e6f064685705e5b6b52671363d

さらさら?しっとり?限定ボトルもちゃんと「なりたい髪」にあわせて選べるラインナップです。髪が絡まりやすい人には白いポンプのスムースタイプを、ボリュームを抑えたい人には黒いポンプのモイストタイプがオススメです。

A502b1bd499ea0c7b83ec34a35a20fe7b8082d8d

幸せを運ぶ新しい香りも
見逃せない!

50e558199d42f6cdf63faa65e700fcd3fc5e842c

BOTANISTのファンが口をそろえて言うのが、やっぱりその香りの良さ。SNSでは早くも限定ボトルをゲットしたファンから「イイ匂い♡」「甘い匂いに癒やされる〜」なんて声が集まっています。

もちろんBOTANIST定番のダブルフレグランスは健在です。シャンプーはミュゲ&オレンジブロッサムの香り、トリートメントは、ミュゲ&ネクタリンの香りが鼻をくすぐります。

ミュゲ(muguet)とはすずらんのことで、フランスでは“幸せの象徴”とされているもの。まるで本当に幸せを運んできてくれそうな香りですよ。

Eea1fd20dd536a9cc95b3bdeaefede4c40e473ff

そして朗報!この限定ボトルは、7/24(月)からオンラインストアでも購入できるようになりました!「BOTANIST Tokyo」店舗か、公式オンラインストアでしか購入できないレア・アイテム。リピーターも初めての人も、完売してしまう前にチェックしてみて。

あ、そうそう。ミュゲ(すずらん)の日本の花言葉は、“意識しない美しさ”なんですって。

67f7ab68aa49943152b4230efa5bc12269e1ec5b

ほかにも、お得なクーポンやキャンペーン情報が届くLINE@も配信中!限定情報をお見逃しなく!

「ノー・プー」という言葉、聞いたことはあるでしょうか?それは、シャンプーを使わないという意味で数年前から使用され始め、主にアメリカで流行している新しいキー...
ハイトーンでカラーリングした髪の毛の色をキープするのは難しい。サロン帰りのあの色味は、もってせいぜい2週間程度という実感。そこからはもうシャンプーするたび...
原宿は学生の街…なんて思っていたけど、その面白さを見直し始めている今日このごろ。日本初上陸のカフェはまずこの街に集まってくるし、知らない道を入れば個性的な...
本のように見えるこれ、なんだと思います? 乙女心を揺さぶる淡い色合いのパッケージと、シーンを思わせるタイトル。「空想バスルーム」というシリーズのバスパウダ...
「揚げる」という工程をなくしただけでも、春巻きはヘルシーになる。
日本と同じく米が主食のタイにも、冷やし茶漬けに近い食べ物がありました。
海外のセレブや、環境に敏感な人たちがやっていること。それは、石鹸やシャンプーを使わずに、お湯だけでカラダを洗うやり方だ。ここ数年、「ノンシリコンシャンプー...
男性も女性も、タイミングは違えど薄毛や髪質に悩む時期はあるもの。オーガニックなライフスタイル情報を扱うwebサイト「Simple Organic Life...
「チーズ」と「ベーコン」の香りがするシャンプー&リンスを発売したベーグル専門チェーン店。意外すぎる発想の背景には、誰しも感じたことのある朝の気だるさへの応...
1日もしくは1週間に何度シャワーを浴びるか。日本人は世界的に見ても、概してキレイ好きな方と言われるが、実際のところはどうなのか。そんな疑問に答えるために、...
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
もうすぐ、夏がやってきます。楽しみな一方で、日焼けが気になるし、エアコンが効きすぎて乾燥もするし、暑さで夏バテにもなったり……。何かとカラダのケアが大変な...
私はこれまで10代から90代まで、幅広い女性達の美容相談を受けてきましたが、美のお悩みは十人十色。もともと私もアトピーで肌に大きな悩みを抱えていて、美容の...
将来こうした濃縮洗剤が一般的になり、孫世代やひ孫世代が液体洗剤がたくさん売られているドラッグストアの話を聞いてびっくりするような時代がくるかもしれませんね。
路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
バンコクには定期的に行っています(理由はさておいて)。日本と比べてラグジュアリーホテルの宿泊料金がお得なこの街では、いろんなところに泊まってみるのを、ひと...
その独特のカラフルさで夢中になる人が続出した、海外限定の「ユニコーンフラペチーノ」。数日間だけのメニューだったのにも関わらず、爆発的な人気だったのだとか。...
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。
米・セントルイスに住むジェイク・オースティンは、長年ホームレスへのボランティア活動をしている男性。「ボランティア」とひと口に言っても、食事の補助から衣服提...
同じく女であるにも関わらず、女性の髪にうっとりしてしまうことがあります。ツヤツヤな髪の毛、ふわふわな髪の毛。シャンプーや花のような香り。いろんな魅力を秘め...
水着の季節に気になるのがアンダーヘアの処理。欧米人はアンダーヘアーを処理することは常識で、女性のみならず男性も手入れしている。海外では、アンダーヘアーを完...
多くの人が経験していることだとは思いますが、髪の状態はブラッシングによって大きく左右されます。でも、自分のブラッシング方法が正しいかどうかなんて、なかなか...
最近、世界的にも増えている「ヒゲ男子」。男らしさだけではなく、ナチュラルなライフスタイルの象徴として捉えられることも多くなってきました。となると、もちろん...
ひょっとしたらニーズがあるかもな、くらいなアイテムを紹介するときの方が、書き手としては案外気がラク。もともと見向きもしないような人たちに、仮に届いたとした...