タブーに切り込む「独裁者」という名のレストラン。

遡ることおよそ7年前、2010年12月17日、ひとりの青年の焼身自殺をきっかけにチュニジアの「ジャスミン革命」が始まったと言われています。23年間にわたって続いた独裁的なベン・アリー政権に終止符を打ち、民主主義をようやく手に入れた国民の雄叫び、ニュースを通して目にした日を鮮明に覚えています。

政権崩壊後、チュニジアは民主主義体制を整えるべく尽力していますが、かつての独裁政権を口にすることはタブーといった風潮があるようです。

そこに切り込んだのは、一軒のレストラン。その名も「Le Dictateur(独裁者)」。

物々しい雰囲気と
独裁者たちの肖像

376324d624b9a541eeb77039a21a6fcac38b25c0

重厚な赤れんが造りの店内に飾られているのは、ヒトラーやスターリンなど、世界各国の独裁者たち。2010年から2011年に起きたジャスミン革命から6年が経った今、民主化に向かうチュニジアで、あえて独裁政権の記憶を呼び覚ますような店は、写真からも異様な雰囲気が伝わってきます。 

752d0799eae5c6d86e5c1b7171a01e17e03f3eda54676f2d00b2a01d2b6b5262a51f95ec3fb25bb2

独裁政権を風刺する雰囲気は、店内の装飾だけではありません。

メニューをみれば一目瞭然。「焼かれた自由」という名前のステーキや、「アナーキー」、「クーデター」といった独裁と革命を象徴するような単語がズラリ。

51404b427826027ff3cae3efa0ef2300845f2cae

革命以前から、チュニジアでは独裁政権に対する発言はタブーとされていたようです。表現の自由がなく、内務省の承認がなければ出版物の流通ができず、政府によってインターネットの統制や報道管制も行われるんだとか。そのため、長い間反政府的な発言は不可能だったと考えられます。

革命後も、独裁政権について口にすることはタブーといった風潮は残り続けていましたが、「Le Dictateur」のオーナーSeif Ben Hammoudaさんは、

表現の自由は革命がもたらした最大のメリット

として、このレストランの営業を始めたそうです。

4491eba3f745d0ca2143e025dc44d081b10d18dcAbfcf41cdfd3c4cfe81c0f9c2a197780176c848d

Le Dictateurは、首都郊外の高級地区Cite Ennasrにあり、このあたりはレストランの激戦区。Hammoudaさんは、普通に料理を出すだけでは注目を集めることはできないと考え、誰も思いつかなかった「独裁者」というコンセプトを掲げたんだそう。

5d732a8966fecbef1001159d8a9e9a6e9c918750

物々しい雰囲気の店内の中、アーティストが自由に歌い、誰もが笑顔で食事をとっている様子は、私たちの知るそれとなんら変わりありません。

過去に蓋をせず、手に入れた自由を最大限に表現するLe Dictateurは、民主主義と自由のために前進する、チュニジアのひとつの象徴とも言えるのかもしれません。

Licensed material used with permission by Le Dictateur
「Yelp」が7月24日に、レストランやバーなどが清潔かどうかのレーティングも表示すると発表しました。
メイン州にあるシーフードレストラン「Charlotte’s Legendary Lobster Pound」は、ロブスターを茹でる前にマリファナを吸わせる...
映画好きならずとも、“史上最高のスピーチ”と称されるチャーリー・チャップリンの演説は、ご存知の人も多いでしょう。20世紀の喜劇王が挑んだ初のトーキー(映像...
食料の消費の仕方をどうやったら変えられるのか?料理方法を変えるべきなのか?いかに生きていくのか?を考える場所。
「デレデレ」ってくらい甘さが漂う「カリントン・グレース スパークリング シラーズ NV」。1849年創業の老舗ワイナリーが造るハイコスパな1本は1,000...
チェコにできたキャッシュレスマーケット。クラフトビールからアパレルショップまで様々なものが売られています。
オーストラリアのニューカッスル大学が、18世紀から19世紀にかけて国内各地で起こった先住民の虐殺をデータ化したサイトを作成。いつ頃、何人の先住民が殺害され...
マレーシアにあるアジア最大のハブ空港、クアラルンプール国際空港で食べるのは、南ア生まれのチキン料理、辛いけど絶品な「Nando’s(ナンドーズ)」のペリペ...
美食のトレンドを牽引するレストランと、オーナーシェフの4年間を追ったドキュメンタリー映画『ノーマ、世界を変える料理』が、2016年GWより全国で順次公開さ...
フリトレー社のスナック菓子「チートス」といえば、世界40ヵ国で販売されている人気商品。チェダーチーズの濃厚な味わいと食感がクセになっている人も多いのではな...
「彼氏の服、借りてきちゃった」感のあるコーディネートが好きです。と言っても、ただオーバーサイズで着たいわけではなくて、トップスがそういうものだとしたらボト...
アウシュヴィッツ強制収容所でのホロコースト。もしも、加害者と犠牲者の孫世代が恋に落ちたら…。映画『ブルーム・オブ・イエスタディ』は、タブーの扉を開けた挑戦...
自然な状態に近づくためのチャレンジ。それが裸で食事をすることである。という定義はさておき、いま世界では超開放的な「ヌード・レストラン」が大流行中。今度はベ...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
パッケージで微笑む女の子がかわいい福岡の「お子さまめんたいこ」。出汁が効いた唐辛子抜きの明太子で、お子さまと言わず辛いものが苦手な人にもぴったり。おにぎり...
「一切のムダを出したくないので、レストランをはじめます」。 そんな型破りな宣言とともに突如ブルックリンに現れた“残飯”レストラン「Saucy by Nat...
目の前に現れるのは、ちょっと不思議で楽しいシェフたち。見て、驚いて、味わえる。これまでにない“特別な体験”が、いま始まろうとしていますーー。身長わずか5c...
フランスを中心に欧州で拡大しつつある、売れ残り食品廃棄禁止への気運。しかし、ここで紹介するのは、新興国でのお話です。舞台はインド南部。主人公の女性は、欧州...
今ロンドンで話題となっているレストラン、テーマは「解放」。なんと裸で食事ができるんです。いまだ完成を見ないため設計のコンセプトから想像するほかありませんが...
間違った情報を信じている人がいる限り、感染者への偏見や差別は終わらない。この現状を少しでも変えるべく、『Casey House』はシェフ全員がHIV陽性の...
香港にある「TUVE HOTEL」のアメニティが、LE LABOのものなんです。
子どもたちは元受刑者に、僕たちが質問するのをためらってしまいそうなことを聞いています。例えば、何で逮捕されたの?刑務所の生活はどう?友達はいた?といった具合に。
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...