あの『ルルルン』がつくった保湿クリームが、カワイイ顔して、奥深い。この実力は、罪深い。

あのフェイスマスクの『ルルルン』が、新しい「モイストジェルクリーム」を発売しました。お値段、なんと1,500円(税抜)。

正直、1,000円台で買える「プチプラクリーム」って、そんなに大きな期待はせずに買ってしまうもの。当たればラッキー、外れたらまぁ仕方ないかな(安かったし)、なんて。

だけどこの新しいフェイスクリームには、大きな期待が出来そうなんです。

成分へのこだわりは
高級クリームとなんら変わりません

はじめに言ってしまうと、このコスパの良さの理由は「必要な原料を、必要なだけ」入れているところにあり。「◯◯成分配合!」と言いたいがために、余分な成分を入れたりしていません。

それを裏づけるのは真摯な探究心。日々研究されている原料を国内外問わず探し、最適な組み合わせに辿りつくためのテストを何度も重ねています。可愛くパッケージングされているこのクリームには、私たちの想像を上回る程の手間が、かけられているんです。

『ルルルン』の成分へのあくなきこだわりは、商品が変わっても変わりません。

みずみずしいのに
さらりと軽い
ありそうでない仕上がりなんです

気になるつかい心地は、ぷるぷるとみずみずしく、なにより体感してほしいのが、つけた後の肌のテクスチャー。保湿性の高いクリームって「ベタベタするから苦手」という人もいると思うんです。保湿のためにはしかたないと思っていても、やっぱりつけたあと、そのままベッドに入るのをためらってしまうときもありますよね。

そんな人にもこのクリームをおすすめできるのは、しっとりと肌にみずみずしさを残しながらも、表面はさらりとした軽い手ざわりに仕上げてくれるから。保湿をしっかりしてくれるうえに、衣類や寝具にふれても安心なんです。

丁寧に選びぬかれた成分から生まれた『ルルルン』の「モイストジェルクリーム」。どのようにできているのでしょうか?

01.
「南米パッションフルーツ」で
お肌の修復・再生を

南米のパッションフルーツの、種の部分からコールドプレスでオイルを抽出。そこに、特許技術を持った蒸留法をくわえます。すると、蒸留前よりも美容成分が格段に濃縮され、効果が高まっていることが分かったのです。

ジュースなどには使われない部分を利用し、副産物が肌の修復と再生につながることを発見するなんて驚きですよね。

副産物?と侮るなかれ。数々のクリニカルテストの結果もエビデンスとして揃えているから、その効果は折り紙つきです。

02.
バリア機能の強化には
「美しい海で見つけた発酵エキス」を

肌の色むらや疲れ顔につながると言われている、タバコの煙や排気ガスなどの空気中の汚れ。そんなときに肌をまもるバリア機能を高めてくれるのが、フレンチポリネシアの美しい海でとれる天然のバリア成分なんです。着目したのは、「コパラ」という微生物堆積の層に住む微生物の「菌」の生き抜く力。それらが自分を守るために出す糖こそ、ダメージ肌の修復にいいと言われています。

しかし、コパラを採り続けると、資源や生物多様性への影響が心配ですよね。でも、ご安心を。ちゃんと特別な製法で培養しているから、環境負荷の低い製造が可能に。

03.
「砂漠でも生き抜くサボテン」の力で
長時間の保湿を

これからの季節、フェイスクリームに期待したいのは、なんといっても保湿力。そこで頼りたいのが、強烈な日差しや、過酷な乾燥環境にも負けないサボテンの保水力です。

繊維質や糖分を自ら生成し、ミネラルやビタミンを豊富に含むサボテンは、うるおいを長く保たせる成分として重宝されてきました。さらに、抗炎症作用のはたらきも持っているから、肌ダメージを軽減してくれるのも嬉しいですよね。

愛され続ける
『ルルルン』と同じように
真面目につくった保湿クリームです

『ルルルン』が一番にこだわっていることは、フェイスクリームであっても変わりません。肌に良い成分をとことん追求する、その正直なものづくりへの想いに共感する人たちの協力のもと、開発されています。

冬に向けて保湿クリームを探している人も、いつもの化粧水の後に、このクリームをオンしてみてはいかがでしょう。一度つかってみると、そのうるおい感に驚くはず。

値段だけを信じるのではなく、「成分そのもの」を一番に信じ、本当に肌にいいものを選ぶ。そんな化粧品選びのきっかけになるのが、この「モイストジェルクリーム」かもしれません。

そんなルルルンが
お得に手に入るチャンス!

実はオンラインで定期購入すると、ルルルンがとってもお得にゲットできるって知っていましたか?定期購入でいつでも10%OFFでさらに送料無料。しかも!今なら「モイストジェルクリーム」の購入で、「ピンクのルルルン」7枚入りが一袋付いてくるという嬉しい特典も。フェイスマスクと一緒に使うことで、より一層のうるおいを実感してくださいね!お得なキャンペーンについてはコチラから。

関連する記事

「ファンケル」から発売された「抗菌やさしい潤いマスク」は、抗菌、保湿、苦しくない設計、繰り返し使用の4つの機能性と、肌への優しさを追求したマスク。
いつまでも綺麗で滑らかなデコルテで勝負したいものです。保湿ケアやマッサージももちろんの事、実は、睡眠の体勢によって肌へのストレスが変わるもののようです。そ...
「ファンケル」から保湿効果のある肌着やマスクの新シリーズ「着るモイスチャライザー」が、10月20よりオンラインストアにて発売される。
万能植物の月桃成分を配合した“マスクをつけたくなるスキンクリーム”をご紹介。
この記事では、『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から友達や恋人と盛り上がれる面白い心理テストを3つ厳選してご紹介します。簡単にできる心理テ...
「DELICIOUS LIPCREAM(デリシャスリップクリーム)」より「Chupa Chups(チュッパチャプス)」をモチーフとしたリップクリームが発売中。
「GU」から、アロエ成分を配合したルームウェア「アロエラウンジシリーズ」が、8月24日より、GUの一部店舗及びオンラインストアで販売を開始。
暑い夏から過ごしやすい秋に入り悩まされるのが「カサカサ」の乾燥肌。毎年気をつけているのに、なかなか改善されない、とお悩みの方も多いでしょう。ここでは、乾燥...
ロングセラー「花屋が作ったハンドクリーム」の第5弾「ローズミルラ」が、全国の「青山フラワーマーケット」で発売。これまで再現が難しいとされてきた本物のローズ...
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
3月24日、ニュージーランド議会は、流産や死産で子どもを失った人に3日間の忌引有給休暇を取得できるようにする法案を提示し、全会一致で可決となった。この法案...
予算を3000円に設定し、4ブランドのハンドクリームをピックアップ。
手袋ブランド「tet.(テト)」からこのほど発売された「filmskin(フィルムスキン)」は、まるで“塗る手袋”とでもいうような新感覚のハンドケアグッズ。
英国発のオーガニック・デリケートゾーンコスメブランド「YES」のウォーターベースのローションです。
株式会社GrowthAgentは、新スキンケアブランドである「PARANINA(パラニーニャ)」を発表した。そんな「PARANINA」のなかから、「リラク...
手洗い、消毒の機会が増え、手荒れに悩む人が増えている昨今。ちょっとしたプレゼントとして活躍するのがハンドクリームだ。
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
スキンケア成分のみで作られているので、手にとってそのまま財布やベルトをケア。そのまま手になじませることで、ハンドクリーム的にも使えます。
肌を清潔に保ちつつ、潤いも与えてくれる癒しのアロマミストを紹介。
韓国のスキンケアブランド「Huxley(ハクスリー)」が、1月13日(水)〜1月19日(火)、「伊勢丹 新宿店」にて初のポップアップを開催する。まだ国内で...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
Instagramでビフォーアフターを載せることもあるかと思いますが、ここ最近は、それを逆手にとった「写真のトリック」について触れる投稿も増えてきています...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
1日のうちで最も余裕がない時間帯といえば?「朝」と答える人は多いはず。出勤がギリギリになる時間まで寝て、パタパタと身なりを整えて、朝ごはんは食べずに家を飛...